ホエールウォッチングの楽しみ方

日本や世界のあちこちでホエールウォッチングを楽しんでいる沖本です。

本職は山のガイドなんですが、いろいろな自然を案内しているうちに、日本は北海道から沖縄、世界では北極から南極までホエールウォッチングを楽しむチャンスに恵まれました。

私はクジラの専門家ではないですが、ホエールウォッチング経験は豊富です。

本サイトはネットで情報を引っ張って、まとめたサイトと違います。
実際に私が訪れたエリア&撮影した写真を経験に基づき紹介しています。

南極のザトウクジラ

ホエールウォッチングの楽しみ方

ホエールウォッチングとはクジラやイルカを船から見ることですが、エリアや時期で見られる種類が異なります。乗船時間や船の形状も。

見たいクジラによって、いつどこの海に行くかが決まります。

イルカとクジラの違い

よく聞かれる、質問です。

違いは大きさです。

3〜4m以上になるとクジラ扱いになるとか。

ハナゴンドウなんて、一見イルカだし
シロイルカ(ベルーガ)はサイズ的にクジラだし

結構適当に決まっているようですね(^^)

ベルーガ

北極圏のシロイルカ

ヒゲクジラとハクジラ

クジラには歯のあるクジラと、歯がなくヒゲのあるクジラに分けられます。

大型のクジラは、100%ヒゲクジラです。
歯の代わりに髭を使い、小魚やプランクトンを海水ごと飲み込み濾し取ります。魚を追いかけて捕食するより、効率がいいのでしょうね。

ザトウクジラのヒゲ

 

ハクジラはイルカやマッコウクジラなど
口を開けると歯が見えますね!

太地町立くじらの博物館

 

因みにヒゲクジラの鼻の穴は2つ、ハクジラは1つです。
ザトウクジラはヒゲクジラ、ハナゴンドウはハクジラということがわかりますね!

ザトウクジラ

 

ハナゴンドウ

ホエールウォッチングのクジラ

おすすめは絶対に、ザトウクジラです!!
間違いないです(*^_^*)

初心者はザトウクジラを目指しましょう!

ザトウクジラをすすめる3つの理由

数が多く見やすい
折角ホエールウォッチングに行ったのに、発見できなかったら残念です。。。
観察できる確率が高い種類を選ぶのが重要です。

潜水時間が比較的短い
クジラは潜水します。その時間や深さは種類によって異なります。
ハクジラの方が潜水時間は長く、ヒゲクジラの方が短くなります。
潜水している時間は当然観察できませんので。

動きが派手
最初は見えるだけで嬉しいものなのですが、人というものはドンドン贅沢になります。
もっと近く、もっと激しい動きを期待するようになります!
そういった欲望を満たしてくれる、派手な動きをしてくれるのがザトウクジラです。

ザトウクジラの動き

ブロウ
呼吸のために、水面に浮上した時に吐く息。
白い霧状で3mから5m程吹き上がります。このブロウを、浮上時に数回程繰り返し、潜降していきます。クジラのブロウをかぶると、獣の臭がします(^^;)

ザトウクジラのブロウ

 

フルークアップダイブ
水面に浮上してきてブロウを数回繰り返し、海中に潜り始めます。この時、尾びれを高々と水面上に上げて潜っていくことを指します。尾びれの裏の白色の模様は個体差があるので、個体識別に利用されます。

ザトウクジラのフルークアップダイブ

 

ペックスラップ
胸ビレ(ペック)を水面上に出し、水面を叩く行為。

ザトウクジラのペックスラップ

 

テールスラップ
海面上に高く持ち上げた尾びれ(テール)を振り下ろして海面を叩きます。

ザトウクジラのテールスラップ

 

ヘッドスラップ
体の上半身を水面上に跳び上がるように出し、そのまま前方に水面に叩きつけます。

ザトウクジラのヘッドスラップ

 

スパイホップ
顔をにゅっと水面上に出し、辺りを見まわしているかのような行動です。

ザトウクジラのスパイホップ

 

ブリーチ
水面上にジャンプしてくる大迫力の行動。これが一番見たい!

ザトウクジラのブリーチ

マッコウクジラ

マッコウクジラは深海まで潜り、イカなどを捕食することで知られています。
典型的なハクジラです。

深き潜ることが多いので、一度の潜水時間が長くなります。一度のウォッチングで数回しか観察のチャンスがないことも。

その代わり、浮上したら暫く休みます。船の近くで浮上を確認できれば、ゆっくり観察できます。でも、遠いとクジラに船が近づく頃には。。。

一度尾びれを上げて潜ると、また暫く潜水です。

マッコウクジラ

ハナゴンドウ

実際はニタリクジラを紹介したいのですが、確率が低くて。。。
そしていい写真もなく。。

クジラとイルカとの中間的なサイズになります。
イルカとあまり変わらないと言えばそうかも。

ハナゴンドウ

土佐湾のハナゴンドウ

おすすめのホエールウォッチングポイント

おすすめはザトウクジラをほぼ確実に観察できる小笠原と座間味になるかと思います。

ザトウクジラは子育てに温かい海へやって来ます。北の海が厳しい、12月〜3月が日本の海にやって来る時期です。両方共に陸からクジラを探してくれます!

北海道の羅臼ではマッコウクジラ、高知の黒潮町(大方)ではニタリクジラを探してくれます。

座間味島 高月山展望台

 

小笠原父島 月見山展望台

小笠原ホエールウォッチング

イルカも多く、一緒に泳げる
小笠原のメリットはホエールウォッチングの最中に、イルカが来たら、一緒に泳がせてくれます(*^_^*) 最高です!
クジラの時はダメですけどね。。。

小笠原ホエールウォッチング協会

小笠原のイルカと泳いだ

船便のみなので時間がかかり、スケジュールも限定される
デメリットは小笠原まで船しかなく、時間とお金が必要になります。
ぶっちゃけ、海外旅行並みです。最短で6日間。

小笠原のザトウクジラ

 

小笠原満喫 南島上陸・ドルフィンスイム・最高峰の乳房山
世界遺産になるとかならないとかの小笠原 歩くのもいいけど、海もいいです! 今回はイルカと泳いじゃいました(*^^*) 東京の竹芝桟橋から出港! 長い、揺れる船旅の始まりです! 丸一日乗船して、父島到着!! 遠いぜ!南米よりも時間かかる(>_<) 陸に上がってもまだ揺れてる感じ・・・。 街の中は閑古鳥・・・ これから船のお客さんで賑わいます。 ...

座間味島ホエールウォッチング

安く・近く・短い期間で行ける!

座間味島は沖縄の那覇から近いので、航空券も安くて小笠原より行きやすいです。
ザトウクジラは座間味も小笠原も同じように観察できます。本州からでも1泊2日で楽しむことができます。

座間味村ホエールウォッチング協会

座間味島のザトウクジラ

 

座間味島のザトウクジラ

 

出発前の事前説明がきちんとしてる
小笠原はそのまんま船に乗ってすぐにクジラを探しに行きますが、座間味はきちんと事前に説明してくれます。これってホエールウォッチングを楽しむために結構重要だと思っています。

座間味島ホエールウォッチング協会

慶良間諸島の座間味島でホエールウォッチングを楽しんだ
沖縄の慶良間諸島の座間味島は何度も訪れているホエールウォッチングのポイント。 確実に簡単に観察できるお気に入りの島です! 山旅人のお客さんを案内してきました。 座間味島ツアーの日程 座間味の利点は那覇空港から近くの泊港から就航する高速船で行けること。 船の時間が合えば、那覇から美ら海水族館へ行くより速いですよ。 1日目 関西空港✈那覇空港=泊港〜座...

羅臼ホエールウォッチング

マッコウクジラを探してくれる
ザトウクジラよりも見ることが難しい、マッコウクジラを探してくれます。
ザトウクジラより動きが地味ですので、初心者向きではないかもしれませんが、運が良ければシャチも見られます。まだ見たことないけど。。。

ホエールウォッチング 北海道 知床・羅臼観光船「はまなす」
羅臼港より知床半島を望むクルージング。夏は知床の海を回遊するシャチ、イルカ、クジラをウォッチングしながら知床半島の先端へ向かいます。冬は流氷ウォッチング。アザラシの乗った流氷、国後島から昇る朝日を背景にオオワシ、オジロワシが空を舞い、魚を運び啄ばむ真白な知床をご覧いただけます。

羅臼のマッコウクジラのブロー

 

羅臼のマッコウクジラ

北海道でキャンプ旅行
今年の夏もよく働きました(^^) 6月から8月半ばまでで、スイス4回・カナダ1回・北欧1回! 遅くなりましたが、夏休みです(^^♪ 最近、夏の北海道に行ってないので、家族でキャンプ旅行です! 8/17 まずは飛行機で稚内へ! 航空券はユナイテッドのマイレージで交換! 東京でも千歳でも稚内でも同じマイルなので、遠くまで行かなきゃ損した気分に(^_^;) 周氷河地形の宗...

黒潮町(大方)ホエールウォッチング

ニタリクジラとハナゴンドウを探してくれる
珍しいニタリクジラを探してくれます。が、これまでのウォッチングの中で最も確率が低く、まともな写真が撮れていません。。。 私の地元なので頑張って欲しいのですが。
ハナゴンドウはかなりの確率で見ることができます。
出発前の説明はいいのですよ。

大方ホエールウォッチング協会

黄色の丸の中にニタリクジラが。。

ハナゴンドウ

黒潮町ホエールウォッチングとカツオのタタキ
黒潮町の沖でニタリクジラ&ハナゴンドウのホエールウォッチング。 ホエールウォッチングのシーズンインしたばかり。カツオの藁焼きタタキも自分たちで作りました。

南極のホエールウォッチング

時間もお金も桁違いにかかりますが、南極のホエールウォッチングは素晴らしかった。
日本でのホエールウォッチングと違います!!

圧倒的な数と、近さ、ウォッチング時間など、満足できます(*^_^*)

そして、断食している日本の海と違い、エサをいっぱい食べて太っています。
迫力も凄い!

南極の生き物・動物 クジラ
南極の動物で白人の観光客が最も見たいのが、クジラ。 日本人はペンギンの方が喜ぶかな(^_^) 見られるクジラの大半がザトウクジラ 日本でも冬の沖縄や小笠原に行けば、たっぷり見ることができます。 でも、南極のクジラはやっぱり違います(^_^) 日本にいるザトウクジラと南極のクジラの違いは?? 種類は同じ でも、大きさがぜんぜん違うんです! 日本の海に来ているザトウクジラは...

北極のホエールウォッチング

こちらは南極よりも更に高額になりますが。。。
印象に残っているのがシロイルカ(ベルーガ)のウォッチング。
夏になると、河口の浅瀬にやって来て、砂利などで古い皮を擦り取ります。

ベルーガ

そして、時にホッキョクグマの獲物になります。ホエールウォッチングというよりはホッキョクグマウォッチングのついでなのですが。

ホッキョクグマの餌となったベルーガ

北極クルーズ ホッキョクグマがベルーガを食べていた!
北極圏のある場所ではベルーガ(シロイルカ)が浅瀬に集まり、砂利で古い皮を剥がす行為を行います。その浅瀬にやってくるベルーガを狙いホッキョクグマも集まります。荒涼とした北極の大地でベルーガを捕食しているホッキョクグマを多く見ることができました。

色々なホエールウォッチングの楽しみ方があるので、参考になれば嬉しいです。

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
ホエールウォッチング
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一