しまなみ海道 のんびりサイクリング

最近は本職が山のガイドということを忘れるくらい、
いろんなアウトドアのガイドをしています(^^)

2018年2回目のしまなみ海道のサイクリングガイドです。
今回は山旅人のお客様をご案内してきました!

しまなみ海道サイクリングの日程

3日間というゆったりの日程で、のんびりとサイクリングを楽しみます。
今回も天候に恵まれました! この時期は柑橘の花の香りが最高です!

1日目 大阪=神戸=尾道〜向島ー因島ー生口島=大三島憩いの家
2日目 =生口島ー大三島ー伯方島ー大島ーサンライズ糸山
3日目 =亀老山展望台=村上水軍博物館&能島潮流体験=大山祇神社=神戸=大阪

尾道から生口島へサイクリング

尾道のサイクリングステーションで自転車を借りて、出発です!
いきなり、向島行きの渡船に乗ります。数分間ですが、旅情があって好きです(^^)

船を降りたら、サイクリングスタート!

生口島の市街地を抜けて、因島を目指します。

因島大橋が見えてきました!

休憩ポイントで記念撮影
ここまでは平坦です!もう少しだけ(^^)

この看板が出ると、上りの始まり

因島大橋へ向かう上りです。
頑張れ〜〜!!!

登りきったら、全員が揃うのを待ちます。

そして、因島大橋へ
この橋は2階建て構造で、上が車道です。

橋が終わると、爽快な下り

因島の砂浜で休憩します。トイレもあります。
いつもの大福屋さんは、GWの振休でお休み中。。。残念

砂浜で

因島にはしまなみで一番急な坂があります。
ママチャリではここは押すのが無難かな〜。

次の生口島&生口橋が見えてきました(^^)
斜張橋の美しい橋です。

またもや橋への上り

橋の手前で休憩。疲れてきた??

橋を渡れば、本日最後の生口島!

もう上りはないよ(^^)

生口島に入れば、ジェラートの目指すはドルチェ!!!
スイーツ休憩です。

生口島は瀬戸田のレモンで有名な、国産レモンの産地
レモンのジェラートがおすすめです!

この日のサイクリングは、ここで終了!
バスで大三島の宿へ向かいます。

廃校を改装した宿です。

一月ほど前にリニューアルしたので、昨年までとは雰囲気がちょっと変わっています。

お料理も美味しいですよ!

生口島から糸山へサイクリング

このお宿は目の前の浜からの景色も好きです。
午後に渡る、来島海峡大橋も見えます!

宿はこんな感じです。

 

さて、バスで前日の生口島に戻り、サイクリング再開。
お尻は痛くない??

生口島の西海岸は爽快です。しまなみ海道でも好きなポイント。

多々羅大橋が見えてきた!

上りも慣れてきた??
この坂は、レモンの花の香がとってもいい(^^)
癒やされます。

しまなみ海道で好きな写真ポイント
多々羅大橋とサイクリング道の曲線が好き!

レモン休憩

多々羅大橋のポイントは、この鳴き龍
何が起こるかは、実際に行ってみてね!

広島県から愛媛県へ

多々羅大橋の道の駅でも休憩 のんびりツアーです(^^)

大三島から、伯方島を目指します。

伯方島との海峡は潮の流れが早い

伯方の塩で有名な伯方島へ

伯方島はあっという間です。
もう目の前には最後の島、大島が。

伯方島の名物といえば、塩ソフト!

スイーツ&塩分補給しちゃいましょう(^^)

そして、最後の大島へ

村上水軍の能島の前を過ぎ

海鮮BBQを目標に!
しまなみ海道で一番長い坂も上り

来島海峡大橋のたもと、よしうみいきいき館へ

待望のBBQ
ビール欲しかったですね(^^) でも飲酒運転になるので、我慢です!

最後の来島海峡大橋へ!

私は、またもや写真撮影のために、坂を駆け上がります。
これぞ、しまなみ海道サイクリングといった写真!

しまなみ海道のカウントダウンが始まりました。

橋からの絶景を楽しんで

糸山でゴール!! お疲れ様でした

ここからは、来島海峡大橋の絶景が楽しめます!

夕食も美味しい!!

2日間のサイクリングコース

しまなみ海道観光

最終日はしまなみ海道を観光して、大阪へ。

亀老山展望台で瀬戸内の絶景を楽しみ

村上水軍博物館と能島の潮流体験

豪華海鮮丼

最後は大山祇神社

たっぷりしまなみ海道を楽しんだ3日間でした!

 

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
中国サイクリング四国山旅人
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一