慶良間諸島の座間味島でホエールウォッチングを楽しんだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄の慶良間諸島の座間味島は何度も訪れているホエールウォッチングのポイント。

確実に簡単に観察できるお気に入りの島です! 山旅人のお客さんを案内してきました。

座間味島ツアーの日程

座間味の利点は那覇空港から近くの泊港から就航する高速船で行けること。
船の時間が合えば、那覇から美ら海水族館へ行くより速いですよ。

1日目 関西空港✈那覇空港=泊港〜座間味港
2日目 ホエールウォッチング〜安慶名敷島上陸〜座間味島
3日目 座間味島散策…高月山展望台…座間味港〜泊港=那覇空港✈関西空港

座間味高速船

座間味島ホエールウォッチング

座間味島のホエールウォッチングは陸から探して見に行きます。
海に出て探すよりも早くて確率がずっと高いです!

出発前に簡単な事前説明があります。

要約すると この時期に見られのはザトウクジラ、暖かい南の海で子育て中。クジラが見られるのは12月の下旬から4月の上旬まで。それ以外は餌の豊富な北の海で生活。

その後は船に乗り、予め探してくれているクジラのポイントに直行します。

乗船したらライフジャケットを着用します。
目的地まではこの状態で移動。

海の色がきれい!
このグラデーションがたまらない(^^)

クジラのポイントに着いたら、ホエールウォッチングの体制に!
しかし、今回のクジラは潜ったらなかなか海面に出てきません。
次のクジラにターゲットを変更

座間味島の北のポイントでやっと姿を現してくれました。

よく見えるけど、揺れる2Fか、船の1Fか
どちらで見るか悩むところ。。。

移動するクジラを抜かないように
ゆっくりと追いかけます。

このクジラは潜るのが浅いので、頻繁に海面に出てくれるけど
尾びれの上がりが少ない

他の船も同じように観察しています。

近いときには、ザトウクジラの鼻の穴も見えます(^^)
ヒゲクジラは穴2つ、ハクジラは1つ。ザトウはヒゲクジラです。

ザトウクジラの個体識別は尾びれの裏の白い色で行います。

たっぷり見えて、みんな興奮状態です(^^)

予定時間を大幅に超えるサービスで、たっぷりと楽しめました!
50分遅れで座間味港へ

お昼ごはんはもずくそば。

おいしいよ〜!

安慶名敷島(無人島)へ

海上タクシーで無人島の安慶名敷島へ。
ラムサール条約で保護された島になります。

座間味島から僅か船で5分です。 2回に別れて渡ります。

海がきれいです!

サンゴの欠片でできた浜です。
奥は同じく無人島の嘉比島。いろいろな海の話をして歩きました。

座間味島への海の色がグラデーションのように変化しています。
南の海は晴れた日がキレイです!

この日は想定外に暖かく、気温が24℃まで上昇。
ピン!と閃いたので、宿でシュノーケルを借りてきました(^^)

海に入ってみたい方をちょっとご案内!

海に中は別世界! 泳ぎたい方はもっと暖かくなって来ましょうね!

座間味島散歩

残念ながら、座間味島を歩く日は雨になりました。
あまり写真が撮れていないのですが、阿真ビーチや高月山展望台を歩きました。

高月山展望台は日本の島旅100にも選ばれている山で、慶良間諸島の眺めが抜群です!

夕方の船で那覇に戻り、飛行機で関空へ。
3日間、南の島をめいいっぱい遊びました!

この先の山旅人のツアーはこちらです。

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする