立山縦走の予定が・・・。

立山室堂の雷鳥荘を起点にして、立山を縦走するはずだったツアーに同行してきました。室堂からのんびり3歩くと、本日の宿、雷鳥荘です。

室堂

立山登山の起点、室堂へはアルペンルートでらくらくアプローチ。特にツアーでは貸切バスで一気に!最近は外国人が増えていますが、この日はそうでもありませんでした。

室堂では火山性ガスの量が増えており、注意喚起の看板も見られます。これは監視員の詰所の工事現場。著作権、肖像権的に???な看板が(^_^;)

雨が上がって本当によかった!

リンドウ池の奥に雷鳥荘が見えます。旅館と山小屋の中間的な宿泊施設です。
周辺は火山ガスの影響で植物が枯れています。

イワイチョウとコバイケイソウが黄色く色づきはじめていました。
山の上は秋がもうそこまで来ています。

雷鳥荘の夕食は山小屋とは思えません

温泉も良かった!!

立山縦走の予定が・・・

この日は早朝より雨模様、風もそ吹いています・・・。
レインウェアを着用して、完全装備で出発。

出発を遅くすると、昼からは雷のリスクがあると、気象予報のヤマテンからアドバイスが。

この天候のおかげ???
雷鳥が何羽も目の前に。ラッキーなのかそうじゃないのか微妙です。

水滴をまとったチングルマの果穂はきれい

石の周りの雪渓は、融解を繰り返し、不純物を排出するので、クリアな氷になっています。不思議な感じがしますね。
色のきれいな所は、つるつるなので要注意!

風も強くなってきました。一ノ越まであと少し!

一ノ越山荘へ到着

しかし風が強く、とても縦走する状況ではありませんでした・・・。
残念ですが、撤退します。
3000mはまた次回。 どうしても登山は天候に左右されます。

雷鳥荘までの帰路は雷鳥沢経由の道
雷鳥は何度か見ることができました。

天気が悪かったので、写真はほとんどありません。 ゴメンナサイ。

北アルプスの星空

そして夜 見事な星空が広がりました。雷鳥荘の星空観察会も久しぶりに開催。 三脚がないのでちゃんとした構図で写真は撮れないものの、星空撮影にチャレンジ!

一ノ越と雄山が光っています

天の川と流れ星

剱御前小舎と別山

雷鳥平のキャンプ場

月とさそり座

夏の大三角形

いざ撮影してみると、月が明るかった。三日月なのに満月のよう。
三脚なしで星撮るのは難しい!どれも開放でISO1600、15〜25秒です。

室堂散策

最終日は各自での室堂散策。晴れてよかった!!
出発までのんびりコーヒータイム(^^)

至福のひととき

自由散策なので
最後まで雷鳥荘に残っていたお客様と、のんびり室堂へ。

この日も雷鳥が出てくれた!

あっという間に人だかりが(^_^;)

ミクリガ池に映る青空がきれい!

弥陀ヶ原と大日岳方面

ウメバチソウ

チングルマの果穂が、夏の終わりを感じさせます。

あっという間にターミナル

最後の最後で記念撮影!

おみやげは立山玉殿の湧水 天然水!

Nalgeneに詰めてお持ち帰り。コーヒーと紅茶用です!

山は逃げないので、また立山の縦走にチャレンジしてみてください。
またお待ちしております。

おみやげは富山ブラックラーメン!

娘にはちょっと刺激が強いので、富山白えびラーメンを(^^)

なかなか、胡椒が効いたスパイシーなラーメンでした!

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
中部日本百名山
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一