月山バックカントリースキー

登山&アウトドアガイドの沖本です!

4月の中旬は山形県に行ってきました。お目当ては月山のバックカントリースキーと水没林カヤック&サップです。
スキーとカヤック&サップを同じ旅でやるという、なかなか珍しい企画。これまでよく来てくれたお客様が山形に転勤になったので、会いに行って一緒に遊ぶという目的もありました。

しかし。。。

スポンサーリンク

月山バックカントリースキーの日程

当初の予定は

神戸✈仙台=蔵王バックカントリースキー=山形
=月山バックカントリースキー=山形
=米沢=水没林カヤック&サップ=仙台✈神戸

という予定でしたが。。。天気が悪くて

神戸✈仙台=銀山温泉=山形
=月山バックカントリーへ行くも断念=米沢観光=山形
=月山バックカントリースキー=山形=仙台空港✈神戸

という内容になりました。

月山バックカントリースキー / 沖本浩一さんの活動データ | YAMAP / ヤマップ

 

月山バックカントリースキー旅

持て余すエネルギー

バックカントリースキーセットとカヤック&サップを飛行機で運んで旅するという、なかなかな企画。
荷物の運賃が高いピーチではなく、格安のスカイマークだからこそできる企画。ということで神戸発です!

カヤック&サップは持ってきたものの、天気は悪く。まだダム湖に雪が残っているという情報。沈したら、氷水の水温ということなので、なかなかヤバメ(笑) もちろんウェットスーツやレスキュー装備は万全ですが。。

仙台に着いて、やっぱり天気悪いということで、蔵王のバックカントリースキーは中止に。
この日は銀山温泉観光に変更!

銀山温泉は23歳の時以来なので、なんと24年ぶり(笑) この仕事を始めて、初めて泊まったのが銀山温泉

宿はこの能登屋。懐かしい(笑) でもあの時は必死過ぎて、全く銀山温泉を楽しむ余裕はありませんでした。

こんな滝があったの、知らなかった。。。

宿は山形市内に取っているので、今回は日帰りです。

夜は山形の馬料理! こんなにいろんな馬刺し食べたのは初めてです。長野や熊本でも食べたことない!
美味しかったです。

そして、翌日。
天気は回復しそうという予報もありましたが。。。だめでした(泣)

一応、月山のスキー場まで行きますがガスガス。

途中の道が、ちょっとと立山の雪の大谷っぽいので写真撮ることに!

どうしていいかわからない、有り余るエネルギー(笑)

雑に天使の羽を書いてみた(笑) こういうの上手く描くセンスほしい。。。

このあとは、リクエストで米沢へ行ったり。。。
う〜ん、でも消化不良。。

翌日は天気が回復しそうなので、予定変更でもう一度、月山へ行くことに!

月山でバックカントリースキー

やっと晴れました!!!! もう嬉し泣き。

月山のスキー場を利用して、バックカントリーです! 意外と駐車場からリフトが遠い。

でも、天気がいいから許す! 帰りは滑って帰れるし。

スキー場で入山届を出して、注意事項を確認。リフトで標高を上げます。

普通のスキーヤーやボーダーより、バックカントリーの方が多いんじゃないかと思うくらい、いっぱい。

シールを付けて、登り始めます。

いい天気すぎるくらい。待った甲斐があった!

日差しが強く、汗をかくくらいの暑さ。この時期に登るなら、ヘルメットは白系のほうがいいかも。。

夏に登るより、スキーで登る方が歩きやすい!

行動食は、お約束の塩ケンピ!

山頂を目指している登山者もそこそこいます。

今回は山頂ではなく、山頂近くの滑走ポイントまで。

着いたら、シールを剥がして、滑走の準備!
絶景すぎる(笑)

雪はザラメ。適度に締まっていて、滑りやすい。

超気持ちいい!!

一気に滑り降りるのが、もったいない!!!

バックカントリースキーを始めて、約半年。こういう所で全く問題なく滑れるようになりました(笑)

最後はクレパスに気をつけながら、駐車場へ。

東北まで遠征した甲斐がありました!

持ってきただけで、サップもカヤックも使わなかったけど。また水没林にはチャレンジしたいと思います。

月山の山麓は山野草がきれいに咲いていました。
カタクリ

フクジュソウ

山形に引っ越したお客様に会って、仙台空港へ。次こそ、水没林一緒に行こう(笑)

今シーズンは、あと1回バックカントリーをしたら終わりです。