神崎川(愛知川上流)でキャニオニング

今年最後のキャニオニングは滋賀県の神崎川です。
鈴鹿山脈を源に琵琶湖に注ぐ、愛知川の上流になります。
初めての神崎川は、大峰とは違う楽しみの川でした。

神崎川は人気と聞いていましたが、ツアーなどで想像以上の人で驚きました。

キャニオニングの装備

沢タビ
2mmのウェットスーツ
メリノウールのシャツ
タイツ
ヘルメット
ライフジャケット
手袋
TG-3&Gopro
デイバック&昼食

この川の特徴として、花崗岩で滑りにくいので、沢靴は無くても大丈夫。
しかし、サンダルは小石が入るし、スニーカーは脱げやすいので注意!
手が荒れやすいので、手袋はあったほうがいいですね。

神崎川キャニオニング

ゲート前に車を止めて、舗装された林道を歩きます。20分位かな。
川に降りると、堰堤を越えてスタートです。

最初に水に入る時はいつも寒い(^^)

水温は大峰よりも高く、かなり遊びやすい。透明度は少し落ちます。
岩は花崗岩質なので、足元は滑りにくく、とても歩きやすいです。

最初の難所
ツアーは右を選択(要ザイル)
私は左を選択(ザイル不要)

どちらが速いかは、わかりますよね(^^)
人数が多い時は待ち時間減らしは大事。

先へ進みます!

最近TG-3が曇りやすくなってきた。
時々内部も結露する・・・。

男性は岩の上に登りました!

自分はヘルメットにGOPRO装着しました。

全員飛び込み! 神崎川は意外と浅いので、注意が必要!

後ろから撮ってもらった

以外と大変だったのがココ

この急な流れに逆らって登るポイント(^^)
全身の筋肉使います!

靴が挟まったり、流されたり・・(^_^;)

そして今回の最大の難所&お楽しみポイントへ!

そんなに難しそうに見えないけど、ここがポイント

上に登るといい写真が撮れます!

こんな感じに!

ここは絶対に初心者だけで来ないこと。
沢は水量によって難易度が極端に変わるので、
ネットの情報は当てにしないように!

花崗岩なので、滑り台はあまり期待しないこと!
歩きやすいということは、滑り台も滑りにくい!
水量に左右されます。

いぇーい!

更に上流を目指します!
歩けない所は上流へ泳ぎます

時間が来たので、引き返します。
さっきの難所で飛び込み!!!

そして、流される


帰路は慎重に

戻ってきました!
キャニオニングは夏に最高の遊びです(^^)

繰り返し書きますが、初心者だけでは沢に入らないように!
夏山の槍や穂高よりはずっと危険です!!!

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
キャニオニング関西カラビナ関西
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一