クロアチアとスロヴェニアハイキング

クロアチアとスロヴェニアのハイキングへ行ってきました。

時期は6月の中旬。そんなにいっぱい歩いていないですが、適度なハイキングで観光と一緒に楽しんできました!
ご飯も美味しいし、景色もきれいで、いい国でした(^^)

スポンサーリンク

クロアチアとスロヴェニアハイキングの日程

この旅行は、先に日程を決めてしまったので、手配に苦労しました(^_^;) 早い時期にビチビチでスケジュールを入れてはいけないという、いい経験。
日本から乗り継ぎのいい飛行機が多くないんです。それも毎日飛んでいないという。。。

悩みまくっていた時、フィンエアーが関空の深夜便を運行開始してくれて助かりました!

深夜、関西空港よりフィンランドのヘルシンキへ。
ヘルシンキで乗り換え、クロアチアのドブロブニクへ。到着後、旧市街を観光。
ドブロブニクからボスニアを通過し、プリトヴィツェ湖群国立公園へ。
プリトヴィツェ湖群国立公園のハイキング。
スロヴェニアへ。想像を絶する大きさのシュコツィアン洞窟を歩き、ブレッドへ。
スロヴェニア最高峰のトリグラフ山を望むハイキングへ。
ヴィントガル渓谷を歩き、ブレッドを望むハイキングへ。
ブレッド湖を望むハイキングとブレッド島へ。
ブレッド湖でサップを楽しみ、リュブリャナからヘルシンキへ。
ヘルシンキ観光の後、関西空港へ。
関西空港着。

全行程で11日間なので、結構長めのツアーです。疲れてくるので、後半のハイキングは短めにして、のんびりの行程にしました。

クロアチアハイキング

クロアチアではドブロブニクとプリトヴィツェへ。ただ、この2ヶ所は離れていて、結構遠い(^_^;) でも、クロアチアでは行きたい場所ですからね〜。

ドブロブニクへ

出発は深夜の関西空港。意外なことにほぼ満席!

実は、この集合の前に六甲山を案内してきました(笑) 忙しいのはありがたいこと!

六甲山を100人で歩いてみた
6月の上旬、六甲山をなんと100人で歩いてきました。100人って凄い人数ですよね。大勢で一気に歩くと、他の登山者に迷惑をかけたりします。迷惑をかけず、参加者に楽しんでもらうためにいろいろ考えています! どうやって歩いたのか紹介したいと思います。

ヘルシンキで乗り換え、クロアチアのドブロブニクへ。

一眠りした頃、ドブロブニクが見えてきた!ワクワク(^^)

ドブロブニクを歩く

深夜に関西を出て、翌日の朝にはドブロブニク。しかも夜寝るので時差ボケもなし! いいやん、フィンエアーの深夜便。

気温は30℃もあり、太陽もギラギラ。もう夏のドブロブニクです。
美味しいシーフードを食べた後、旧市街を歩いて回りました。

城壁に囲まれたドブロブニクの旧市街は、かつてのボスニアとの戦争で大きな被害を受けましたが、完全に復旧しています。

ここに着たら、城壁歩きは必須! でも入場料がめっちゃ上がっていて驚く。。。

オレンジの瓦で統一された、美しい街並み

塔まで歩いてみます。それにしてもいい天気!

塔からは絶景です! ちょっとくすんだ瓦は、ボスニアとの戦争の前からのもの。ということは、あの戦争でこの街が大きな被害を受けたということがわかりますね。

いい景色だけど、暑いので半日で充分でした!ドブロブニク城壁

プリトヴィツェ湖群国立公園へ

ドブロブニクの次は、プリトヴィツェ湖群国立公園へ移動です。ほぼ1日かかる大移動です。 途中、国境を越えてボスニア・ヘルツェゴビナへ入国します。ほんのちょっとだけどね。これでわかるのは、ドブロブニクの周辺はクロアチアの飛び地ということです。国境は夏のバカンスシーズンは激混みしますので、時間には余裕を持って行動しましょう。

ボスニア・ヘルツェゴビナのネウムで休憩

再びクロアチアへ入国し、プリトヴィツェを目指します。途中、果物屋さんで休憩。夕方にやっと到着!

 

翌日はプリトヴィツェ湖群国立公園のハイキングです!

プリトヴィツェ湖群国立公園ハイキング

プリトヴィツェは例えるなら九寨溝に似てるかもしれません。美しい湖と滝の織りなす絶景です。観光客が増えて、今は予約しないと入場できなくなっています。

入場するとすぐに絶景が待っています(#^.^#)

迫力満点の滝と美しい湖が
プリトヴィツェ湖群国立公園

滝の下まで歩いていくことができます

水の中にはノーザンパイク?? これはかつてカナダで釣ったことがある(笑)

イエローナイフで最高のオーロラを楽しんだ!
カナダのイエローナイフツアーに同行してきました。 目的はもちろん、オーロラ! 英語ではノーザンライツ。 よく、秋にオーロラって見られるの?って聞かれますが、 見られます!しっかりと(^ ^) 行き先はイエローナイフの郊外、エノダロッジ オーロラといえばイエローナイフというイメージが定着しつつあります。 確かにイエローナイフはオーロラ観測に最高の場所です オーロラ観測に...

他にもいろいろな魚が。GoPro7いいわ!

プリトヴィツェは中国の九寨溝に雰囲気は似ているけど、標高が低いのでめっちゃ楽!(笑) 人も少ないのがいい。

青いケシの咲く 大姑娘山と九寨溝・黄龍
花好きなら絶対に行ってみたい中国・四川省の大姑娘山! 5000mの高度がありますが、比較的登りやすく高所登山の入門的な山。 お花畑も素晴らしく、憧れの青いケシもたっぷり見られます! 初めてこの山に登ったのは2000年だから随分と前になります。 この間に中国は猛烈な勢いで開発が進み、別の国のようになった地域もあります。 以前は車で10時間以上走ってたどり着いていた九寨溝も空港ができて近...

船の移動と合わせて15kmほど歩きました。

きれいでした!!

スロヴェニアハイキング

クロアチアからスロヴェニアへ。もともと同じ国(旧ユーゴスラビア)なので、いきなり景色や雰囲気が変わったりはしません。。

シュコツィアン洞窟

プリトヴィツェからシュコツィアン洞窟を歩いて、スロヴェニアのブレッドへ。
プリトヴィツェ周辺はホントに景色がいい!

お昼すぎにシュコツィアン洞窟へ。ココも世界遺産

この洞窟はホントに凄い!まるでファンタジー映画の中みたい。日本の洞窟と比べると想像を絶するサイズです。 でも、でも、写真禁止(泣) 残念すぎる。。。 見せてあげたい。。
歩くのは3〜4kmほど。

自由には歩けないので、ガイドと一緒に歩きます。

洞窟を抜けると写真OKに。
気になる方は是非自分の目で見に行ってください!と言いたいところですが、そんなに簡単なものではないので、公式サイトの写真を。実際の洞窟内はこんなに明るくありませんが。

https://www.park-skocjanske-jame.si/en/gallery/foto/skocjanske-jame_3

トリグラフ山展望ハイキング

スロヴェニアの最高峰は、ブレッドの北にそびえるユリアン・アルプスのトリグラフ山(2864m)です。ブレッド周辺からも望むことはできますが、ヴラタ谷からのトリグラフ山は圧巻です!

ブレッドはトリグラフ山の南にありますが、ヴラタ谷は北側です。クロアチアでは高山植物とは無縁の景色が広がっていましたが、ココは山岳地帯だなぁということが実感できる景色が続きます。

歩き始めるとすぐにトリグラフ山が見えてきます!

トレイル沿いには高山植物が見られます(^^)

チョウノスケソウ

森もきれいです!

見上げると

歩いているのはカールの中。

森を抜けると、トリグラフ山が迫ってきます! まだ雪が残っていますトリグラフ山

ここで終点!引き返します。 バッチリとトリグラフ山が見えてよかった(^^)

楽しいハイキングでした!

ヴィントガル渓谷ハイキング

山の次は、渓谷へ!
めっちゃきれいで、気持ちのいいハイキング。
ヴィントガル渓谷

渓谷を歩いて下り、帰りは森と丘を歩いて元の場所へとぐるっと回ります。

この時期とは思えないほどの暑さが続いていたので、この渓谷歩きは涼しくてホッとしました(#^.^#)

インスタに良さそうなポイントがあちこちに!

渓谷とかでは、今回持参したGOPRO7が絶大な威力!広角っていいね(^^)
もう、RICOHの360°カメラ、THETAは全然使わなくなりました。

滝でヴィントガル渓谷は終了

さらに歩いて、ヴィントガル渓谷の始まりまで回り込みます。湖は見えないけど、ブレッド城が見えています。

半日ちょい、そろそろ長旅の疲れも出てくるので、いい感じのハイキングでした。

ブレッド湖とブレッド島

きっとこのツアーでみんなが最も見たい景色を見に行きます! それはブレッド湖とブレッド島、そしてユリアン・アルプスの景色。アルプスの真珠とも言われる、絶景。

まずは湖岸を歩いて、西側を目指します。

暫く歩くと、ブレッド島が見えてきます。

更に歩いて、山道へ。そこから30〜40分歩くと、あの絶景ポイントへ!

車じゃいけない、歩いた人だけ見られるブレッド湖とブレッド島。観光客はブレッド城から見ることが多いですが、景色はこっちの方が断然上!!!ブレッド島

天気も最高で、ホント良かった!

午後からは手漕ぎボートでブレッド島へ

ココには教会があります。

塔に登ったり

塔のてっぺんはこんな感じ

塔からブレッド城を見てみると

これで、この日のスケジュールは終了!
私達は暑かったので、サップをして遊ぶことに(#^.^#)

楽しかった! このアクティビティなら年齢制限ないから、明日連れて行ってあげよう!!!

予定変更だ(*^^*)

ブレッド湖でサップ

スロヴェニア最終日は、予定変更でサップへ!
結論から言うと、なかなか大変だったけど、みんな大笑い(*^^*)

めっちゃ楽しみました。

暑いからね、水に入るのも気持ちいい(笑) 水もきれいだし!

沖本のツアーっぽいなぁと、これを書きながら思ってしまった(^^)

この後は、ホテルで着替えてリュブリャナの空港へ。
夕方の便でヘルシンキへ飛んで、エアポートホテルで宿泊しました。

フィンランド観光

最後は、ヘルシンキでちょっと観光して帰国。

前日のヘルシンキは夏至の時期だけあって、深夜の1:00を過ぎても明るくて、北極や南極に行った時のことを思い出した。

ホテルからはバスでヘルシンキ駅へ

駅からはヘルシンキの街を散策

やっぱりみんなマーケットへ行きたいので、港の方へ。

あ~、なんかこの景色映画の「かもめ食堂」で見たことある!

マーケットを散策して

ランチを食べて

簡単なヘルシンキの観光は終わり!

この後は、ヘルシンキ空港から関西空港へ。

11日間とちょっと長いツアーは終了です。

おみやげはあまり買わなかったな〜

次は、数日開けてスイスへ行ってきます!

ヨーロッパ
ガイドと一緒に山に登ってみよう!
ゼロからの雪山登山
関連記事と広告
スポンサーリンク
登山道具について書いてみました
登山届添削サービス
登山ガイド 沖本浩一
タイトルとURLをコピーしました