イエローナイフで最高のオーロラを楽しんだ!

カナダのイエローナイフツアーに同行してきました。
目的はもちろん、オーロラ! 英語ではノーザンライツ。
よく、秋にオーロラって見られるの?って聞かれますが、
見られます!しっかりと(^ ^)
行き先はイエローナイフの郊外、エノダロッジ

オーロラといえばイエローナイフというイメージが定着しつつあります。
確かにイエローナイフはオーロラ観測に最高の場所です

オーロラ観測に必要な条件は2つ
①オーロラが出ること・・・当たり前!
②天気がよく、雲がないこと

そうなんです、いくらオーロラが出ていても、雲の上では飛行機以外見えません。
オーロラはオーロラバンドの下のエリアなら見られます。問題は②の晴天率!

イエローナイフのオーロラが素晴らしいのは、イエローナイフの晴天率が高いからです。
晴天率が高い理由は内陸にあり海から遠い。海からの湿った空気が来ないので雲が発生しにくいこと。山がなく、上昇気流が起こりにくく、雲が発生しにくいこと。

ゆっくりオーロラを観察するには?
オーロラの光は弱いので、町からは観察しにくいです。
イエローナイフでは〇〇ビレッジなどの施設で、オーロラを観察することがほとんど。
しかし、ホテルから車で移動なので、自分の都合で動けません。帰りたくなっても帰れない。もっと見たくても帰らなければいけない。そして、大勢の観光客でごった返す・・・。

ゆっくりとオーロラのを観察するには、専用の宿泊施設からに限ります。
静かにのんびりオーロラを見たいなら、ちょっと高くなるけど、専用のロッジに宿泊しましょう。それが、今回宿泊したエノダロッジです。

イエローナイフ、オーロラツアーの日程

①伊丹ー羽田ー成田ーカルガリーーイエローナイフーエノダロッジ
②エノダロッジ周辺でフィッシング 夜はオーロラ鑑賞
③エノダロッジ周辺でハイキング 夜はオーロラ鑑賞
④水上飛行機でイエローナイフへ。午後から自由行動
⑤帰国の途 or カナディアンロッキーのバンフへ移動

イエローナイフのエノダロッジへ

伊丹✈羽田✈成田と乗り継ぎ、エアカナダのカルガリー直行便に搭乗。
新型のB-787-8で超快適!
先月の関空からのボロボロ、エアカナダルージュとは大違い!
エンタメの画質、音質ともに大幅に向上。
順調にカルガリーへ。
このツアーの企画時点と比べ、
イエローナイフ行きの飛行機が遅くなり、大幅な待ち時間・・・。
5時間以上あるので、カルガリーの市内観光へ。
タクシーに分乗し、カルガリータワーを観光。

カルガリータワーは大人18カナダドル

遠くにはロッキーが遠望できます
カルガリーの黄葉も始まっています

強化ガラスから足元が見えます!

何回もカルガリーには来ているけど、そのままバンフに直行することばかりなので、初めての観光案内。タワーからの景色を楽しみ、ダウンタウンを散策。最後はボウ川を散策して空港へ。途中からは眠たかった(^_^;)
でも、空港でじっとしているより良かったかな。
イエローナイフ行きに乗り継いで、2時間半。
やっと到着です。
空港ではホッキョクグマがお出迎え(^ ^)
通常ならこのまま、水上飛行機乗り場へ移動して
水上飛行機であっという間にエノダロッジに到着なのですが、、、
エアカナダのスケジュールチェンジで、到着が夕方で暗くなり始める時間に。
水上飛行機は暗くなると着陸できない。
エノダロッジへ通じる道はない、、、。
それはグレートスレーブレイクに浮かぶ島にあるから。
そこで、荒野を走り、水上も進める特殊車両がお出迎え(^_^;)
スェーデン軍が使っているという車両はまるで砲台のない戦車??
この車両に乗り、1時間半荒野を走る。
簡単には表現できないほどのスリルと楽しさ(^ ^)
過去最高にエキサイティングなドライブ?でした。
地図に道なんてないです(^^)
どれだけ凄いかは動画をご覧ください(*^^*)

ロッジに着いたときにはヘロヘロ。
ものすごい長旅でした。
でも、ここのご飯は最高に美味しい!
この日は幸いにも?曇り空(^_^;)
これでオーロラ出てて眠れなかったら、ぶっ倒れるよ(^ ^)

グレートスレーブレイクでノーザンパイク釣り

ゆっくりの朝食

この日はボートで湖に浮かぶ島へ。

目的は魚釣りです!
最高の景色の中でロッドを振ります。

狙うはノーザンパイク(^ ^)

仕掛けはスプーン
ルアー釣りなんて初めてで、スプーンで釣れるのか???
と半信半疑のお客さんも。
そんな疑いを晴らすかのように

ヒット!

こんな環境で釣り上げられるなんて幸せですね(*^^*)
これで一気にテンションアップ。

みんなワイワイと頑張ります。

釣れたノーザンパイクはフライにします。

スタッフが目の前で三枚におろし、料理をしてくれる。

ソースも島の材料で作ります。
クランベリーの実を摘んできて、砂糖を混ぜて、生ジャムの出来上がり。
揚げパンやスープと一緒に、最高の昼食です(*^^*)
お茶も島に生えているエゾツツジの葉っぱでブッシュティー
これも美味しい。
まさに至福のひととき。

後は、紫水晶ことアメジストの採れる島へ。

こういうのは男性のお客さんが夢中になる。
自分も2個ほどお持ち帰り(*^^*)
いっぱい遊んだので、ロッジへ戻ります。
ロッジに帰ると、午後のティータイム。
ケーキまで全て手作りで、とっても美味。
夕食までの時間に、オーロラ撮影の準備。
昨年の反省から、今年は養生テープを準備。

詳しくは沖本浩一のホームページでオーロラ写真の撮り方を参照

オーロラはオートでは撮れないのでマニュアルになります。
レンズを最も広角にし、オートフォーカスを解除。
手振れ補正も解除
最も遠い無限大にマニュアルでピントを合わすが、ファインダーでは難しい。
ライブビューにして、拡大し、ピントがあったら、それを養生テープで固定。
固定しないと、レンズに少し触れただけでピントが合わなくなってしまう。
これでいつでもピントのあったオーロラが撮れます。
昨年はこのピントがなかなか合わず、ピンボケが何枚もあった。
そして、今年はTHETAという360度のカメラがある(*^^*)
夕食もめっちゃ美味しい。
普通にオーロラがなくても大満足な1日ですが、まだメインイベントが控えています。
風もなく、雲もなく、最高のコンディション。
根拠はないが、絶対の自信があった(^ ^)

オーロラ鑑賞

夕食の後、暗くなりしばらくすると夕焼けと重なるようにオーロラが出現!

まだ空が明るいので、光は弱いが、ゆらゆらと(^ ^)
風がないので、湖面にオーロラや星が映る(*^^*)
自分自身も興奮が抑えられないほど興奮した。
撮り終わってから、あーすれば良かった、こーすれば良かったと反省はいっぱいあるけど、とにかく、湖面に映るオーロラは綺麗でした。
寒くなく、湖面に映るオーロラが楽しめるのは、秋ならでは。

途中から、一眼よりもTHETAに夢中になってしまった。

これまで見たことのない、写真が撮れた(*^^*)

事前にわかっていたけど、この週は月が明るい。

しばらくすると月が昇ってくる、、、。

月が明るいとオーロラは見えないと思っている人がいると思いますが、
星空とオーロラは全然明るさが違います。

GIFにしてみました。

もちろん、新月なら暗いオーロラでも見ることができますが、明るいオーロラなら関係なし。むしろ、その光を利用してオーロラと一緒に写真を撮ってしまいましょう。

途中からは撮影も控えて、
ワインを飲みながら上空で繰り広げられるオーロラ爆発を鑑賞。

空からカーテンが降りてくるようなオーロラは圧巻。
写真を撮っている場合じゃない(*^^*)
落ち着いてから、再び写真タイム!
大満喫しました。
2:00頃には就寝

イエローナイフハイキング

コースは昨年とほぼ同じ。
黄葉の美しい森をのんびりと

でも念のため、ガイドは銃を持参

先住民の住居跡、ビーバーの家も見学

地衣類がいっぱい

この日はロッジに戻ってから昼食

午後はのんびりとします(^ ^)
この日のお楽しみは露天風呂!
温泉はないので、薪で沸かします。
男時間と女時間に分けて入浴

景色最高! 温度最高! 薪の音と香りも最高!

そこで飲むビールも最高(*^^*)
この日の夕陽も美しかった。

雲ひとつない空は、今夜のオーロラも期待させてくれました。

オーロラ鑑賞2日目

前日は湖とロッジの近くだったので、この日は森の中で見ようと計画。

しかし、なかなかオーロラが出ない。出ても少し。

とか考えている間に月が出てきた。。。。

待っている間に、あるお客さんがハンティングで仕留めた鴨料理!

美味しい!赤ワインがぴったりで、至福のひと時

一時は今夜はダメかな~って思ったけど。

やっぱりきた!!

そして、森の中で撮るオーロラの写真はとっても幻想的

寝転がってみた

ロッジに戻ってもまた撮影
満喫しました\(^o^)/

イエローナイフへ

翌朝は、朝食の後に水上飛行機でイエローナイフへ

往路はあんなに時間がかかったのに、復路はあっという間。

昼前にはイエローナイフのホテルへ到着。
昼食までの時間は市内散策。

インフォメーションセンターや湖岸の散策。

夜行性のはずのビーバーを見たり、
真夏のように咲き誇るひまわりを見つけたり
昼食は恒例のスシノース。
北極イワナの握りを楽しみました。
午後は自由行動ですが、私は疲れ果てて、チェックインまでホテルのロビーで寝てしまった(^_^;)
翌日はお客さんは二つに分かれます。
帰国組とカナディアンロッキー組に。
大満足のイエローナイフのオーロラでした!

エノダロッジと通常のオーロラツアーの違い

イエローナイフでは、通常はオーロラを見るためのツアーに参加します。

市内では明かりで見えにくいからです。郊外へ移動し、オーロラ用の鑑賞ポイントで決まった時間まで滞在します。最近は中国人が増え、参加者が500名を超えることもあるとか。一方、エノダロッジは部屋を出るとそこが鑑賞ポイント。部屋やロビーでくつろぎながら待てるし、十分見たと思えばいつでも寝られます。ロッジの定員は28名。ごった返すことなく、静かにのんびりと鑑賞できます。その分、お値段は高いですが。。。

 

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
北米
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一