明神平で雪上キャンプとスノーシュー登山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関西屈指というかNo1のキャンプ&スノーシューポイントと勝手に決めている明神平へ友達と遊びに行ってきました。今回のメンバーは6名。

1泊2日で、ふかふかの新雪をたっぷり楽しんできました。

明神平のスタートはもちろん大又から。
前日の夜に結構降っていたので、駐車場まではチェーンが必要でした。

しかしまぁこのサイズの車に野郎6人と冬山テント装備+スノーシュー6セット。
素晴らしいパッキング能力&我慢能力です!!! 次からは車2台にします・・・。

スノーシューにピッケルにヒップソリにと結構な荷物。
やっぱり夏より重たい
スタートです!

明神平までは夏道と同じ。
前半は林道、中盤は沢筋、後半は山道。

全部で5つの渡渉があります。
最初の3つのロープが邪魔・・・。撤去して欲しい。
アイゼン無しで問題なし!

慣れないスノーシューの運搬は夏山よりも疲れます

いたずらしながら、遊びながら
コースタイムを大幅に越えて歩きました

気が付くと霧氷の世界に(*^_^*)
この色のない世界も好き!

やっとこさ明神平へ
山荘(入れません)も凍てついています。

さてテントを張りましょう(^^)
夜は賑やかなことが予想されるので、
迷惑をかけないようにテント村と少し離れた、明神平のど真ん中で!

まずはみんなで足踏みして、テントサイトの整地

それが終わればテント設営

寒い・寒い・寒い!
こういう時にアウターがレインジャケットかマウンテンジャケットかで差がでます。

設営が終了すると夕食の準備!
テントの中は別世界の温かさ(^^)

自分のタフライズ4に全員集合

持って上がった肉は約1.5kg、白菜はそのまま

ごま油をたっぷりかけて、
ウユニ塩湖のお塩で
ピェンロー鍋!!

シンプルだけど美味しく温まる料理!

うまい(*^_^*) もちろん完食
〆は山男が愛してやまない、マルタイの棒ラーメン

ビールは重いので、焼酎と頂きました!

翌朝

明神平で最高の霧氷

日の出とともにガスが切れて

最高です!!!

楽しい一日になりそうな予感
宿泊装備はテントに残して身軽にスノーシュー!
横一列に歩くのがスノーシューの正しい遊び方
ふかふかの雪を楽しみます!

美しい!!
ここが奈良県ということを忘れそう(^^)

写真に夢中です

前山(薊岳方面)の斜面を登ります。
ここはしんどいので一列で(^^)

奥に霧氷で有名な三峰山が見えます

見事な霧氷のトンネル

トレースのない斜面をスノーシューで駆け下りる!!
爽快です!

気持ちいい

次は登りなおして、ヒップソリ!!!
といきたかったのですが、雪がふかふか過ぎて、滑らない(>_<)

いったん、ヒップソリは断念して明神岳を目指します
大峰、大台の展望が広がります。

稜線上は風はあるけど、雪が少ないので楽に歩けます
あっという間に明神岳!

でも、風は強い!

帰りは稜線を外れ、深い雪の中を(^^)

これはスノーシューないと歩けない

そして再びさっきの斜面へ!ヒップソリに行きましょう!

明神平でヒップソリ

顔面真っ白!

せ・背中が・・・(>_<)

失敗・・・。

沖本も(^^)

楽しかったです!
ヒップソリは軽いので、ここに来るときは持って行きましょう!

たっぷり遊んだので、帰路へ

テントを撤収し、登山口へ

見事な霧氷!!

下りはドンドン滑って行きましょう!!

見事なつらら

よい子はマネをしないように!

下山後は登山口近くのやはた温泉で温まり
天理の彩華ラーメンの大
スタミナ回復&うまい!! 本気でお腹いっぱいになります(^^)
久しぶりの明神平は、ほぼ順調に楽しく終わりました!
次はどこでキャンプしようかな???

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする