北山川・瀞峡カヌー下り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々のカヌーツーリング!

梅雨の晴れ間に熊野川の支流、近畿の秘境の北山川をカヌーで下ってきました。
スタートは瀞峡、ゴールは志古のジェット船乗り場です。

金曜日から具合の悪かった娘。
土曜日の朝も「お腹痛いねん~」って・・・。
それがお昼前になると「お腹すいた!!」
キリンラーメン持ってきて、「これ食べたい」(^^)
調子はいいみたい!
そして、どこか行きたいと(*^_^*)
速攻で考えた(^^)
ラーメン食べて、超速で準備&企画
じゃあ、カヌーに乗りに行こう(^^)
厳密にはカヌーではなくカヤックですが・・・
インフレータブルカヤック2隻、ライフジャケット4着、テント1張
子供のウェットスーツ2着、パドル3個、寝袋4個などなど準備
妻が言うには
「普通なぁ、こんなんに行くときは何日も前から計画するもんやで・・・。」
仕事柄、準備のテキパキさと計画の早さ&ヒラメキは持ってます(^^♪
そして、なんとか13:30に出発!
目指すは近畿の秘境、北山村の道の駅に併設されたキャンプ場
この辺りは地名も地理的にも非常に難解。

上北山村&下北山村は奈良県。
北山村は和歌山県。しかし、奈良県と三重県に挟まれた飛び地。
地図がないとわけわかんなくなりそう(^_^;)

到着したら17:30。 なんと4時間です!!
やっぱり、と・お・い(>_<)

まずは、キャンプ場にテントを張ります

道の駅は閉まってたけど、併設のレストランと温泉はオープン
大人1500円でディナーブッフェと温泉入浴が出来ました。

この地域の特産「じゃばら」漢字では「邪払」というみかんの風呂がよかった!!ディナーも地元の野菜使って頑張ってました!

受付前には謎のブランコ自転車
夜は、ホタルで有名な大井谷へ。
これはホテルのフロントでホタル見たい!と聞いたら教えてくれた!!
素晴らしい環境でホタルを観察できます。
本当にきれいな川にはホタルはいない。生活排水の流れこむ適度に汚い環境がホタルには必要。観察する場合は人里付近になります。私が子供の時は、ホタルは少し汚い川にいる虫だと思ってました。ホタルが住むのは清流というのは、都会の人の感覚でしょう。山奥の本当の清流にホタルはいません。微妙なバランス!
大井谷は付近への車の乗り入れ禁止、集落の家からは光が漏れない配慮があります。100や200どころの数ではないホタルが乱舞していました。
まるでクリスマスツリーのように同じタイミングで点滅し、圧巻!
こんなに素晴らしいとは思ってなかった。  すごく良かった!!
手持ちのコンパクトデジカメでは、いい写真は撮れないけど・・・。

テントはほんとに寝るだけ・・・。
翌日は6:30にはキャンプ場を出て、瀞峡の入口、田戸へ。
瀞峡は熊野川ジェット船観光の終点になる、観光地
なぜそんなに早くから??と思われると思います。
瀞峡は朝一番の雰囲気がいいからです(^^)
船のエンジン音や波がたつと台無しです。
時刻表以外の時間でも団体がいれば臨時便が出るので、やって来る時間はわかりません。
船とのすれ違いも嫌、乗船客が手を降ってくれるので、手は降るけど・・・。
田戸のスタートの岸までは駐車場から階段です。
車は横付け出来ないので、持って運ぶしかない。
こういう時、空気で膨らますインフレータブルカヤックは軽いので助かります!!

渓谷にアカショウビンの声が響きます。素晴らしい雰囲気(^^)

カヤックはアメリカから個人輸入しておいたAquaglide製。
えっ(・・? ってなるほど安いです。

3月に座間味島で使ったSevylorのカヤックはもう20年も前のもので、経年劣化が激しいので、旅行終了後に引退しました。北は釧路川から、南は西表島の水落の滝まで一緒に旅したなぁ。

私の登山歴とカヤック歴はほぼ同じなのです。

新しいカヤックは「ブルージラフ号」と「ブルーメープル号」と命名!
何年使えるかな??強度はSevylorの方があったような・・・。子供達はウェットスーツも着て、準備万全!

スタートです! 楽しみ!!!

静寂の川に漕ぎ出します

息子は四万十川以外の川下りは初めて!
山よりも海や川が好きな子供達(^^)

鏡のような水面を滑るように(^^)
これを体験するとやめられない!

家族の話し声だけが瀞峡に響きます

堪能しました!!

瀞峡を抜けると、普通にリバーツーリング

深い森を流れる川とのんびりと(^^)

時々、瀬が現れて川面を滑るように

途中からは
あっちに行ったり

こっちに行ったり
遊びながら

ジェット船が爆音を響かせて川を登っていきます 。
避けろ避けろ!!!

子供がもつとパドルも大きく感じる。
こいつも20年使ってるので、そろそろ寿命かな・・・。

真面目なカヤッカーに追いぬかれ・・・。

3人乗ると・・・重い・・・(-“-)
進まん・・・。

何やってるんだか。。。(^^)

とにかく、瀬以外はじっとしていることが、出来ない

「川の水はまぁまぁキレイ」 by息子

飛び込みたくなるような透明度ではないが、キレイでいいんじゃない??
本当にきれいな川しか知らないから、贅沢です・・・。

もうすぐゴール!
遊びすぎて、かなり遅くなった(^^)
久しぶりのリバーツーリング!!満喫した!

山も好き、海も好き、沢も好き、川も好き!
家族で同じことができるって楽しい(^^)

あれだけ、「邪魔」「うるさい」「波たてるな」と言ってたのに
3人はそのジェット船に乗って、 スタートの田戸へ車のピックアップに(^_^;)
船に乗りたかったんだね(^^)

私は1人残り、カヤックを拭いて畳んで後片付け。

1時間半後に合流。
子供達、途中から船で寝てたらしい・・・・。やっぱりな・・・。
カヌーのほうがずっと楽しいということがわかったかな?

熊野本宮大社
足が三本の八咫烏。サッカーの日本代表のシンボル
お祈りして、コートジボワール戦の結果を見たら ・・・・・・
(゜o゜) 負けてた・・・・。 テンション一気にダウン。

帰路は十津川経由。
今月はホテル昴の温泉が無料!!!!!!!!! ラッキー!!!
帰ったら20:00
遊び疲れた!!
移動はこんな感じ、結構遠いです・・・。

来週は突然行くことになった高見山、その後は3連続でヨーロッパアルプス。
体力勝負の季節がやってきます!

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする