関西のマッターホルン 高見山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰がつけたのか知りませんが、関西のマッターホルン「高見山」

霧氷の時期が人気です。今回は「初心者のための山歩き教室」
急遽行くことになり、久しぶりの高見山でした!

出発は杉谷の高見山登山口

前半は南伊勢街道を歩きます

杉の植林が多く、黙々と歩く感じ
途中、ササユリがきれいでした。

お弁当
小分けで食べられて、汁も出ないし登山に最適

小峠と大峠が通行止めなので、迂回して山頂へ

山頂からは大峰山がばっちり!
梅雨のこの時期にしてはラッキーです!

霧氷の時期は大混雑ですが、静かな山頂
山頂は奈良と三重の県境

しかし、この山のどこがマッターホルン?????

曽爾高原方面もばっちり!
古光山、兜岳・鎧岳、倶留尊山などなど
どの山も最近は行ってないなぁ・・・・。

下りはたかすみ温泉へ。

コアジサイが見事(^^) コアジサイの香りを楽しみながら歩きました。

山中にはゴミは持ち帰ってくださいの看板がありますが、今やこの看板自体がゴミ!
こういった当たり前の看板を山中に設置する意味がわからない。

そういえば、京都の大江山に地元の小学生が授業で「ゴミは持ち帰れ」「怪我に注意」「道迷い注意」などの看板を作り。数十メートルおきにかなりの枚数が設置され、数年後全て劣化してゴミになっていたのを思い出した。他にも北アルプスの折立から太郎平の道にもドラえもんの腐った看板があったなぁ。設置者はいいことをしているつまりだろうけど・・・。特に学校で行事設置したら、生徒じゃなく学校が 最後まで管理しないと。山にゴミを運んでるだけです。生徒は悪くない。

コアジサイの道が終わると単調なスギの植林
間伐材が全て放置。日本の林業の厳しさを感じる。
砂防ダム建設の予算を少しでも森林整備に使えないものかと思ってしまう。

有名な高見杉

雨にふられることもなく、無事下山! そのままたかすみ温泉へ。

この時期は初めての高見山でしたが、静かでコアジサイも美しくよかったです。
久しぶりに室生の山を眺めると、また歩いてみたくなりました。

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする