インカトレイルを歩いてマチュピチュへ

死ぬまでに一度は見たい とか
一度は見たい絶景 とか
いわれる、憧れの景色が見られるツアーに行ってきました。
コースはマチュピチュからチチカカ湖を経てウユニ塩湖まで!

少々忙しかったですが、自分で企画しているので、納得です(^ ^)

見所は
①インカトレイル&マチュピチュ
②チチカカ湖&太陽の島
③ウユニ塩湖

この記事では①インカトレイル&マチュピチュについて書きます。

大阪からは
伊丹✈︎成田✈︎ロサンゼルス✈︎リマ✈︎クスコというフライトになりました。
帰りはラ・パス✈サンタ・クルス✈マイアミ✈ダラス✈成田✈伊丹

アメリカン航空の機材はB−777、正直機材は古く、エンタメも❌
初めて乗った15年前から機材は変わっていません。

機内のエンタメは全然ダメなので、私はiPadにAmazonの映画を事前にダウウンロード。

ロサンゼルスからリマはラン航空の最新鋭B-787。快適さが全く違います。
頑張れ!アメリカン航空!

長いフライトの後、ペルーの首都、リマへ。
宿泊は空港内のホテルなので、楽々!!

ウェルカムドリンクのピスコサワーをいただき、ペルーに来たなと、実感。

翌朝には国内線で、インカ帝国の都クスコへ。

何度も来ていますが、やはりワクワクするしドキドキする。

ドキドキは、空気の薄さです(^ ^) 標高が高いので、要注意。
ガイドは、以前の会社から長い付き合いのフェリペ! 安心して任せられます。

ちなみにクスコの標高は3400m

まずはインカ帝国の神殿があった、コリカンチャヤ。
見事な石組みなどを見学。

何度見てもすげー!!

今回の秘密兵器はRICOHのthetaS。360°撮影ができる、面白いカメラ。
以外とお値段しますが、仕方ない(´・_・`)

自分への投資です、投資!

次はクスコの市場

このカメラで撮ると全体の雰囲気がわかりますね。

クスコのマーケット – Spherical Image – RICOH THETA

今回のカメラは
OLYMPUS TG−3
Nikon D3300
RICOH THETA-S
Gopro  HERO3

お昼の後、アルマス広場へ。
お気に入りの1枚

12角の石は精巧なインカの石組み技術を実感できます!
アルマス広場近くの路地にその石はあります。

数えてみましょう(^^)

さらに巨石のサクサイワマン遺跡へ。
巨石文化の凄さを改めて実感。

ここから眺める、クスコの街が好きです。

クスコは標高が高いので、高山病のリスクを考えると、
ウルバンバ(2850m)に泊まるのが、体に優しい。

ウルバンバへの途中、コンドル見学。
自然に飛んでいるのはパタゴニアではよく見るけど、ペルーではなかなかお目にかかれません。翼を広げると4mにもなります。

インカトレイルを歩く

オリャイタイタンボの駅から鉄道でスタートの104kmへ

インカトレイルのスタートには駅はありません。
線路で電車を止めてもらい、下車。

チャチャバンバの遺跡から歩き始めます。
パスポートのチェックもあり、しっかり入山規制をしている事が実感できます。
ちなみにイントレイルは1日500人。

もうマチュピチュは雨期に入っています。

ランの花が多く見られました。

前半のインカトレイルはなだらかな登り。
とても歩きやすい!!

この日のお弁当は
マス・炊き込み・梅干しのおにぎりと
ゆでたまご、鶏の唐揚げ、みかん

お花が結構咲いていますが
高山植物ではないですね。ランが多かった。

これはカトレアの原種です。

遠くに石段が見えてくると、それはワイニャワイニャ遺跡

このトレイルで一番きつい石段

遺跡ではリャマが待っていました

遺跡にはベゴニアの花が

見事な石段
そして何より静か!!

今やマチュピチュは観光客が増えて、混雑してます。
ここはゆっくりと、古代に思いを馳せることができる!

ワイニャワイニャの遺跡を抜けて、すぐにお昼のポイント
以前は中にはいれましたが、建物崩壊のリスクがあるので、今は入れません。

マチュピチュまであと6km

谷を見下ろすとスタート地点のチャチャバンバが見えます。

ベゴニア

この石段を登ると展望台。
にせ太陽の門・・・。

その後、15分で太陽の門です!!!

憧れの世界遺産、マチュピチュが眼下に見下ろせます!
やっぱり、歩いてくると、喜びも充実感も違います(^^)

マチュピチュ遺跡

これ、すごいです!
THETAで撮影した動画は360°どこでも見られます!
プラウザはChromeで御覧ください!

夕方のマチュピチュは観光客が少なくていい!!
そして、影がマチュピチュをより立体的にします。

この日は麓のマチュピチュ村に宿泊

ワイナピチュ登頂

翌日はマチュピチュの裏山、ワイナピチュ山に登ります。

朝から雨・・・

しかし、マチュピチュに着く頃には小降りに

霧のマチュピチュは幻想的で、好きです!

ワイナピチュに登りさえしなければ・・・。

幸い、小降りになった

1時間半ほどでワイナピチュ山の山頂へ

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

残念ながら、雲の中でしたが、これが狭いワイナピチュ山の山頂です。
下りはなかなか急な階段。
マチュピチュに下山すると、マチュピチュのお勉強(^^)

2日間たっぷりと
晴れのマチュピチュ
霧の神秘的なマチュピチュ
を 楽しみました!! 贅沢~(^^)

最後はマチュピチュ駅でお買い物タイム

でも、セータ類のアルパカ表示は大半が・・・リャマ。
アンデスではビクーニャ>>>>アルパカ>>>>リャマの順で高価になります。
ビクーニャは一般ピーポーには手が出ません。。。

高価なものは、きちんとした店で買いましょうね(^_^;)

うちの娘は、チクチクしないアルパカのマフラーが欲しいと言っていました・・・。

鉄道とバスでクスコへ戻り、翌日からアンデスを南下します。

今回の日程は
①伊丹✈ロサンゼルス✈リマ
②✈クスコ(観光)=ウルバンバ
③=オリャイタイタンボ-鉄道-104km…インカトレイル…マチュピチュ遺跡=マチュピチュ村
④=ワイナピチュ登山=マチュピチュ村-鉄道-オリャイタイタンボ=クスコ
⑤=プーノ
⑥~チチカカ湖・ウロス島=ボリビア国境=コパカバーナ
⑦~太陽の島ハイキング~コパカバーナ=ラ・パス
⑧✈ウユニ=ウユニ塩湖
⑨=ウユニ塩湖✈ラ・パス
⑩✈サンタクルス✈マイアミ✈ダラス
⑪✈成田(日付変更線)
⑫✈成田✈伊丹

まだまだ続きます!

ブログ続きは以下からどうぞ!
② チチカカ湖と太陽の島ハイキング
③ 白銀のウユニ塩湖は絶景

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
南米
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一