南極

登山道具

南極の服装と装備・カメラ

何を持っていっていいのかよくわからない、南極クルーズの服装と装備、そして便利グッズ。2回目の南極なので、前回の反省を活かすことができました。実際に持っていったものを公開します!
2018.05.25
南極

南極大陸のハイキング

南極クルーズのメインイベントは、やっぱり南極大陸上陸でしょう! 世界には7つの大陸があります。 アジア・ヨーロッパ・北アメリカ・南アメリカ・オーストラリア・アフリカ、そして南極。7大陸全てに行ったことがある人は多くありません。 ちなみに北極は氷なので、陸はありませんよ。 南極半島上陸 南極へのクルーズで、南極大陸へ上陸できるポイントは多くありません。 上陸したことのある方の大半がネコハ...
2018.05.20
南極

南極の氷山クルーズ

南極では船から降りてアクティビティーは大きく2つに分けられます。 一つは上陸。ペンギンを見たり、ハイキングをしたりというやつ。 もう一つは、ゾディアックという丈夫なゴムボートで氷山が浮かぶ海をクルーズして、氷山や氷河を見たり、クジラやアザラシを見たりして楽しみます。 最初は上陸したい、上陸したいと思っていましたが、 そのうちゾディアッククルーズのほうが楽しくなってきました(^^) ...
2018.05.25
南極

南極の生き物・動物 鳥類

南極の鳥といえばペンギン! ですが、他にも色々な鳥がいます。 私はかつてバードウォッチングのツアーを案内していました。日本野鳥の会の研修を受けて、バードウォッチング案内人とかいう資格をもらったような記憶があります。 バードガイドはできませんが、識別しながら鳥を観察するのは大好きです(^ ^) ワタリアホウドリ ドレーク海峡で最も多くみられるアホウドリ 南半球で繁殖し、行動します...
2018.05.25
南極

南極の生き物・動物 ペンギン

南極の生き物といえばやっぱりペンギン! 本当にかわいい(^ ^) 撮影に夢中になってしまいます。 どんなペンギンが見られるのでしょう? ジェンツーペンギン 南極半島で見られるペンギンの大半はジェンツーペンギン オレンジ色のクチバシが特徴で泳ぐのが得意です。 コウテイペンギン、オオサマペンギンに次ぐ大きさです。 コウテイペンギンは、10日間前後のクルーズでは見るこ...
2017.12.19
世界

南極の生き物・動物 クジラ

南極の動物で白人の観光客が最も見たいのが、クジラ。 日本人はペンギンの方が喜ぶかな(^_^) 見られるクジラの大半がザトウクジラ 日本でも冬の沖縄や小笠原に行けば、たっぷり見ることができます。 でも、南極のクジラはやっぱり違います(^_^) 日本にいるザトウクジラと南極のクジラの違いは?? 種類は同じ でも、大きさがぜんぜん違うんです! 日本の海に来ているザトウクジラは...
2018.05.25
南極

南極の生き物・動物 アザラシ

昨年の南極紹介は航路の順に説明しましたが 今年は南極で見られる動物や景色に分けて紹介します。 紹介するのは、アザラシとオットセイ類です! アザラシとオットセイの見分け方 知らない人が多いので解説します。 一番簡単なのは耳があるかないかです。 アザラシには耳がありません オットセイの耳 わかりますか?? さらに アザラシは前足のヒレを使って歩けません 体をく...
2018.05.25
南極

南極への難所 ドレーク海峡

南極への難関は ①費用 ②時間 ③ドレーク海峡! と言われたりします。 でも、ドレーク海峡は荒れるといえ、船に乗る機会の多い、島国の日本人にはそんなに恐れることはないです。 吠えるドレーク海峡とかオーバーに表現されることが多いような気がします。 ドレーク海峡とは南アメリカのホーン岬から南極の間の海峡で650kmの距離があります。 ちなみに、事前にiPhoneのグ...
2018.05.25
南極

南極クルーズ船とは

南極へ向かう船は一体どんな船なのでしょうか? 南極へ渡る船には大きく分けて2つのタイプがあります。 ①大型で快適なクルーズ船 ②小型で小回りのきくアドベンチャー船 私が乗船しているのは②のアドベンチャー船です。 乗船したのはカナダのワンオーシャン社 ロシア船籍のアカデミック・サージ・バビロフ号 極地の海洋調査船で、静かで揺れに強いのが特長です。 反面、豪華な設備...
2018.03.21
南米

世界最南の都市と世界の果て

今年も南極へ行ってきました! 南極の玄関口といえば、アルゼンチンのウシュアイア。 そして、世界の果てと言われる国立公園、ティエラ・デル・フエゴ 南極への船に乗る前に、楽しんできました。 日本から南極がとっても遠く感じるのは、南極の玄関口のウシュアイアが地球の裏側になるからでしょう。確かに遠いです。 飛行機はアトランタ、ブエノスアイレスを経由してウシュアイアへ。 フライト時間...
2018.05.25
登山情報

南極ツアーの選び方

南極から帰り、しばらく経ちました。 行ってみないとわからないことが多いので、とても勉強になりました。 行く前に勉強してもイマイチ理解できなかったことも、理解できたり。 では、南極に行くのにベストな選択は一体何でしょうか? 一般の人が南極へ旅行するには船に乗って行くしかありません。 南極へ行く目的で、船を選べばいいと思います。 ただ単に、南極に行ってみたい。揺れの少ない大...
2018.05.25
南極

南極から世界の果てへ

再びドレーク海峡を渡り、世界の果て「ウシュアイア」へ。 今回の南極クルーズで、下船して楽しんだ場所はこちらです 帰りは行きほど揺れなかったけど、眠たくて。 帰路もいろんなプレゼンテーションをしてくれて、飽きないように頑張ってくれてる。 参加者は確実に減っているが。 ラスト3日のスケジュール   楽しかったのは、調査費用を捻出する...
2018.05.25
南極

デセプション島で南極水泳とハーフムーン島

南極最終日は デセプション島に上陸とヒゲペンギンの観察 もっとも興味があったのがこの島。 海底火山の噴火で山頂だけが海から飛び出し、火口がCの形に。 だから波の影響の少ない、最高の港だったとか。   この日の予定スケジュール   マップで見ると     しかし、噴火が続いたので、各国の施設は放棄されている。   そんな予備知識でしたが、確かに物寂し...
2018.05.25
世界

ウィルヘルミナ湾ホエールウォッチングとシェルバコーブ氷山クルーズ

前日の夜に予定が変更になり、停泊してもう一度ホエールウォッチングするらしいと。 この船は海洋調査も兼ねているので、クジラに調査タグを付けたので、引き続き調査するらしい。 ということで、引き続き朝はホエールウォッチング。 個人的には飛び回るジェントゥーペンギンが好きでした(^^)   この日の予定スケジュール 日本人的感覚だと、あちこち行きたいなぁ...
2018.05.25
ホエールウォッチング

南極大陸のネコハーバーに上陸

ついに南極半島上陸!! 自分にとっても最後の大陸! アジア・アフリカ・北米・ヨーロッパ・南米・オーストラリアの順で旅をしてきて、 7番目の大陸です(^^) この日の予定スケジュール 天気が良かったので、寒かったけど甲板から朝焼けの写真を夢中で撮影 南極大陸 ネコハーバー上陸 上陸する南極大陸が近づいてきます。 ほとんどが氷河に覆われた世界 ゾデ...
2018.05.25
スポンサーリンク