ウィルヘルミナ湾ホエールウォッチングとシェルバコーブ氷山クルーズ

前日の夜に予定が変更になり、停泊してもう一度ホエールウォッチングするらしいと。
この船は海洋調査も兼ねているので、クジラに調査タグを付けたので、引き続き調査するらしい。

ということで、引き続き朝はホエールウォッチング。

個人的には飛び回るジェントゥーペンギンが好きでした(^^)

 
この日の予定スケジュール
日本人的感覚だと、あちこち行きたいなぁ〜ですが、
このツアーのタイトルが海洋性哺乳類なので、仕方ないかぁ。
何度も書きますが、白人参加者のクジラ愛は半端ない(^_^;)

ペンギンも泳いで飛んで

 
大サービスはゾディアッククルーズ終えてから。船の真横でクジラがプカプカ。
ゾディアックだとクジラに近くても、低い視線からしか見えない。
だから船から見れてよかった!これが沖縄や小笠原並みの透明度の海だったらヤバいだろうな(^_^;)  南極の海は栄養豊富。だから透明度は低い。
 
ここのクジラは日本の海に来る、子育て期と違い太ってます。
日本に来ているクジラも、もうすぐ北極の海に戻り、お腹いっぱい食べる事でしょう!
 
 
午後は移動
素晴らしい天気と眺め
若干、見慣れたきたような気がするけど
スタッフが操舵室に集まってる時は、コンディションのいい時です(^^)
空気が澄み切っているので、遠くの山の遠近感がわからなくなる。
近いと思っても結構遠い。
 
 
そしてゾディアックでクルーズ。
チンストラップペンギンのコロニー近くをクルーズ。
そして、氷山巡り。
この日も運良く氷の専門家のゾディアックに!
大丈夫??って思うくらい
ゾディアックで氷をバリバリやりながら進んでくれました。

氷山の表面

アーチになった氷山に夕日が沈むのは
本当に美しかった。感動した。
 
 
冷えきったのでジャグジーに行ったら、閉鎖・・・。
寒かった(>_<)
南極で遊べるのもあと一日・・・。

 

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
世界ホエールウォッチング南極
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一