南極から世界の果てへ

再びドレーク海峡を渡り、世界の果て「ウシュアイア」へ。

スポンサーリンク

南極への日程

このような日程で行ってきました。
濃い文字の日目がこの記事です。

伊丹✈成田アトランタ
✈ブエノスアイレス✈カアラファテ✈ウシュアイア
ウシュアイア散策&南極クルーズ説明会〜クルーズ船乗船〜
〜ドレーク海峡〜
〜ドレーク海峡〜
〜クーバービル島〜アンバース島〜
〜パルマー基地〜ルメール海峡〜
〜南極大陸上陸・ネコハーバー〜ウィルヘルミナ湾〜
〜ウィルヘルミナ湾〜シェルバコーブ〜
〜デセプション島〜ハーフムーン島〜
〜ドレーク海峡〜
〜ドレーク海峡〜
〜ウシュアイア✈ブエノスアイレス✈
✈アトランタ✈
✈成田✈伊丹

前日まではこちらを御覧ください。

デセプション島で南極水泳とハーフムーン島
南極の島で最も興味があったのは火山島のデセプション島。想像と全然違う雰囲気でしたが、南極水泳をやってきました。ハーフムーン島のヒゲペンギンは悶絶級の可愛らしさ!

今回の南極クルーズで、下船して楽しんだ場所はこちらです

ドレーク海峡

帰りは行きほど揺れなかったけど、眠たくて。

帰路もいろんなプレゼンテーションをしてくれて、飽きないように頑張ってくれてる。
参加者は確実に減っているが。

ラスト3日のスケジュール

楽しかったのは、調査費用を捻出するオークション。
みんなお金持ち??

手を挙げる人は決まってるけど。ゾディアックのスクリューに2000ドルとか・・・・。無理。

買えないけど、振る舞われる食事は美味しい!

今回のクルーズを振り返るムービーも楽しかった。

最後の夕食

スタッフに感謝!

そして南極クルーズの終わり

空港へ向かいます。

普段はお客さんをどう楽しませようかばかり考えている。
いや、それはオーバーかもしれないが、自分がどう楽しむか、視点を変える意味でもよかった。

しかし、猛烈に自分の旅がしたくなってきた。

やばいなぁ〜。家庭も仕事もあるのに(^_^;)

長〜い 飛行機に耐えて、帰国。
帰れば、息子は小学校を卒業し、桜は咲き季節は春に。

南極情報まとめました

タイトルとURLをコピーしました