デセプション島で南極水泳とハーフムーン島

南極最終日は

デセプション島に上陸とヒゲペンギンの観察

もっとも興味があったのがこの島。
海底火山の噴火で山頂だけが海から飛び出し、火口がCの形に。
だから波の影響の少ない、最高の港だったとか。
 

この日の予定スケジュール

 

マップで見ると
 
 
しかし、噴火が続いたので、各国の施設は放棄されている。
 
そんな予備知識でしたが、確かに物寂しい雰囲気。
地形的には面白いけど・・・といったイメージ。
 
デセプション島の入り口はとても狭く、操舵室は神経質になります。

この日は太陽が出ず、風が強くて寒かった

ホエーラーズ湾へ停泊して、ゾディアックで上陸

南極オットセイがいっぱい!

これはかつて鯨油を貯めていたタンク。
これいっぱいにするために、どれだけのクジラが白人によって殺されたことか・・・。

寒々しい雰囲気と天気なので、モノクロ写真のほうが似合うような気がします。

 
もちろん歩けるので、少し登って景色を楽しんだり
 
この島のメインイベントはポーラーフランジという南極飛び込み大会(≧∇≦)
絶対に参加しますよ!
 
その為に薄いウェットスーツも持ってきてるし。
 
みんな一斉に飛び込めばいいのに、
あまりの寒さに服を脱いだ人からすぐに飛び込んでしまい。
 
グダグダな感じで始まってしまった。
 
海ではしゃいでいるように見える
おっさん2人
 
ある程度の深さまで来てる、ダイブしようとしたら・・・・
 
目の前でアザラシが・・・跳ねた
 
陸の上は大ウケ(T_T)   大笑い!!
 
15m以下は危険と言われてるのに、2m切ってるし、何匹もいるし
慌てて引き返す。動画撮ってたこと忘れてしまうくらい焦った。
 
そして、寒くて痛い(>_<)
 
実はこのツアーで一番やばかったんちゃう?
って感じ。
 

 
急いで着替えて、ゾディアックで船へ戻り、サウナのシャワーで砂とか落として
ジャグジーへ。
 
みんな入るので、多分37℃とかそれくらいに水温低下。
一回入ると出られなくなりそう・・・。
 
 
楽しかった。やってよかった(≧∇≦) 
 
翌日の船内新聞は私たちが飾りました。
 
午後はハーフムーンベイにチンストラップペンギン観察へ。
最後の上陸です。
やっぱり、チンストラップは可愛い!
でも目がちょっと怖い。目が赤っぽいからかな。

逃げろ逃げろ!!

この島にはヒゲペンギン(ディンストラップペンギン)・ジェントゥーペンギン
そしてマカロニペンギンが生息しています。

 

可愛く撮るには目が黒く、正面を向いた構図。
書くのは簡単ですが、ルールを守りながら撮るのは大変。

真ん中に上を向いたマカロニペンギン。わかるかなぁ??

200mレンズでは厳しい。

ペンギンの首はよく曲が

もうすぐ大人

夕暮れまで観察して、船へ。
終わっちゃいました。
あっという間の5日間。
社長の被り物で、ホットワインで乾杯。
 
 
楽しかったなぁ〜。
でも、もう少し自分の意思でいろいろしたかった気もするが。
でも、万一の時にレスキューなんて呼べないから、慎重に慎重を重ねないといけない理由は完全に理解できる。
 
これも社長の持ち物で
忘れた頃に出てきたふなごろー
ふなっしーは別の船で南極に行ったので・・・
ふなごろーを連れてきたとか(^^)

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
南極
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一