南極の生き物・動物 アザラシ

昨年の南極紹介は航路の順に説明しましたが
今年は南極で見られる動物や景色に分けて紹介します。

紹介するのは、アザラシとオットセイ類です!

アザラシとオットセイの見分け方

知らない人が多いので解説します。

一番簡単なのは耳があるかないかです。

アザラシには耳がありません

オットセイの耳
わかりますか??

さらに
アザラシは前足のヒレを使って歩けません
体をくねらせて、這いながら前へ進みます。ちょっとピンボケですいません・・。
この日はみぞれで、甘くなってしまいました。

一方、オットセイは
前足のヒレで歩けます。陸上でのスピードはオットセイの方がずっと早い。
その代わり、水中ではアザラシの方が早く泳げます。

ミナミゾウアザラシ

インパクトのある巨大な体と、強烈な匂いと熱気による湯気。
最も大きなアザラシでオスの成獣は6mほどになるものもいます。
見た目は「かわいい」とは言えないのですが、「ぶさかわいい」

オスはハーレムを作ります

この必死な感じが「かわいい」(^ ^)

だらしない感じも◎

陸上では思うように動けないようですが、
潜ると、なんと2000mもいけるそうです!

ヒョウアザラシ

かわいい顔とはうらはらに、ペンギンや他のアザラシを襲います。
肉食な分、顎が発達しているのか、他のアザラシよりも頭が大きいようです。

鋭い歯を持っていますね。

ジェンツーペンギンを捕まえた瞬間!決定的な写真です(^_^)

カニクイアザラシ

名前はカニクイですが、実際はオキアミが主食です。
一番多く見かけたのがこのアザラシ!

寝顔がかわいい!

水中の様子をGoProで撮影しました!

 ナンキョクオットセイ

ほとんどの上陸ポイントにいます。アザラシはべたっと寝ていますが
ナンキョクオットセイは体を起こしていることが多いです。

オットセイやアシカあって、アザラシにない耳介

ナンキョクオットセイが動くと、ペンギンは一目散に逃げていきます。
人間よりずっと脅かしているよ・・。

この後ろ姿、好きです(^_^)
ゾウアザラシと違ってセクシー!

そんなにいいカメラを持ってなくても、たいした実力がなくても
ここまでの写真が撮れる南極はすごいです!

裏返せば、いい機材と実力があれば、すごい写真が撮れると思います!

 

南極ブログシリーズ

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
南極
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一