世界

ヨーロッパ

ツール・ド・モンテローザ ヨーロッパアルプス縦走 前編

私がお気に入りのヨーロッパアルプス縦走コースはTMRことツールドモンテローザ。ツールドモンブランよりも静かで美しく、自然も変化に富み、物価も安い! おすすめのコースです!
2018.09.03
アジア

台湾最高峰 玉山(3952m)に登ってきた

名古屋の中日ツアーズのお客様を初めてのご案内してきました。 15年前に山陽新聞のお客さんを案内してから、エアトラベル徳島、愛媛新聞旅行、高知新聞観光に続く、新聞系旅行会社5社目の案内。 今回は無事に登山申請した9名が登山できます。 昨年の秋は外国人枠の申請で半分が落とされています。。。 出発はもちろんセントレア空港。 国内線は利用したことがありますが、国際線は初めてです。 チャイナ...
2019.01.22
登山道具

キリマンジャロ登山に持っていた装備とウェア

何度もキリマンジャロに登っているプロは、どんな装備を持っていくのでしょうか? キリマンジャロは短パンでもOKな山麓から、冬山装備の必要な山頂まで多くの装備が必要となります。これから登る方は参考にしてください。
2020.04.25
登山情報

キリマンジャロ登山 正しいツアーとガイドの見分け方

キリマンジャロツアーのサイトは、多少歩ける人なら、誰でも山頂に立てるかのような書き方をしていたり、いかに安全に配慮しているかがわかりやすく表記されています。でも、その情報鵜呑みにしていいのかな?
2020.04.25
アフリカ

キリマンジャロ登頂への道のり④

無事にキリマンジャロ登山が終わった後のお楽しみといえば、 あれしかありません! サファリです! キリマンジャロ登山の後は、アルーシャなどでサファリをするツアーが多いですが、ちょっとお金がかかっても、せっかくアフリカまで来たのだから、いい所へ案内したい! これまでの記事はこちらから キリマンジャロ登頂への道① キリマンジャロ登頂への道② キリマンジャロ登頂への道③ アン...
2018.12.27
アフリカ

キリマンジャロ登頂への道のり③

いよいよ勝負の時 キリマンジャロ山頂へアタック 果たして山頂ではどんな景色が広がっているのか? そしてその景色を見ることができるのか? 登山5日目 キボハットからキリマンジャロ山頂 山頂へのアタックはまだ夜中 日付が変わる前に出発です。 フル装備で歩きはじめます。 なんと夜には大量の雪が降りました。。。 みんな若干緊張しています。 登山中はまさにポレ...
2018.12.26
アフリカ

キリマンジャロ登頂への道のり②

順調にマンダラハットへ到着したツアーは 次の目的地ホロンボハットへと向います! そろそろ、高所の影響が出てくる人もいます。 これまでの記事はこちらから 登山2日目 マンダラハットからホロンボハットへ 朝の目覚めは爽快でした! モーニングティと顔洗いのお湯がモーニングコールの代わり このサービスはネパールと一緒ですね(^^) マンダラハットのご来光...
2018.12.26
アフリカ

キリマンジャロ登頂への道のり①

ツアー登山の最高峰といってもいい、キリマンジャロ登山! 5895mのアフリカ最高峰の頂きには、ものすごい充実感と感動が待っています。 それをお手伝いするのが私の仕事(^^) 今回も山頂では感動したぁ~!! キリマンジャロ山とは 山をやる人ならみんな知っているキリマンジャロ山。山麓は有名なキリマンジャロコーヒーの産地でもあります。 タンザニアに聳えるアフリカ大陸最高峰にして、...
2020.04.25
アジア

台湾最高峰 玉山に登ってきた

何度も登っていますが、台湾最高峰の玉山に若いお客様を案内していました。安全に楽しく歩くためには専門の知識が不可欠。もちろん全員登頂して、観光も楽しんできました。
2020.05.07
北米

カナディアンロッキーハイキング 黄葉のラーチバレーとサンシャインメドウ

イエローナイフでオーロラと大自然をたっぷりと楽しんだ後は カナディアンロッキーのバンフへ移動! イエローナイフには山はありませんが ここロッキーは山だらけ!!! 5年連続で秋のカナディアンロッキーを歩ける、幸せものです(^^)  実は、私達がイエローナイフでオーロラを見ている頃、 カナディアンロッキーは大雪でした(^_^;) 到着した頃、ちょうどいい感じで解け始めてい...
2018.05.25
北米

イエローナイフで最高のオーロラを楽しんだ!

カナダのイエローナイフツアーに同行してきました。 目的はもちろん、オーロラ! 英語ではノーザンライツ。 よく、秋にオーロラって見られるの?って聞かれますが、 見られます!しっかりと(^ ^) 行き先はイエローナイフの郊外、エノダロッジ オーロラといえばイエローナイフというイメージが定着しつつあります。 確かにイエローナイフはオーロラ観測に最高の場所です オーロラ観測に...
2018.05.25
北米

北極クルーズ しろくま祭り こういう姿が見たかった!

北極クルーズの締めくくりは、愛らしく見えるホッキョクグマが大サービス。まるでクマ牧場にいるかのような錯覚を起こすほど、ゆっくりのんびりその姿を楽しむことが出来ました。メッチャ運が良かったです。ぜひその写真を見て下さい!!!
2020.04.20
北米

北極クルーズ ホッキョクグマがベルーガを食べていた!

北極圏のある場所ではベルーガ(シロイルカ)が浅瀬に集まり、砂利で古い皮を剥がす行為を行います。その浅瀬にやってくるベルーガを狙いホッキョクグマも集まります。
2020.04.20
北米

北極クルーズ 氷上ワインパーティーと甲板バーベキュー

厳しいイメージのある極地クルーズですが、実際はそんなこと全然ありません! 流氷に上陸?上氷?し、ワインで乾杯。船の甲板でBBQを楽しんだり、ビール片手にジャグジーに入ったり。素晴らしいサービスです。
2020.04.20
北米

北極クルーズ 北極の海で巨大クリオネを捕まえた

豊かな北極圏の海は多くの生き物が生息しています。上陸した島の波打ち際には多くのクリオネとその仲間がゆらゆらと揺れていました。その中には3cm以上の巨大クリオネも。。
2020.04.20
タイトルとURLをコピーしました