ツール・ド・モンテローザ ヨーロッパアルプス縦走 後編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の大好きなコース!

ツールドモンテローザの後編です。

イタリアのチェルビニアからスイスのツェルマットまでのコースを紹介します。
初めての方、最初から読みたい方はこちらから!

ツール・ド・モンテローザの日程

1日目 関空からドバイへ
2日目 ドバイ経由でチューリッヒへ。鉄道とバスでサースフェー
3日目 サースフェーでハイキング
4日目 マットマーク湖(2197m)へ。着後、スイス・イタリア国境のモンテモロ峠(2868m)へ。着後、ロープウェイにてマクニャーガ(1300m)へ
5日目 リフトを乗り継ぎ、ベルベデール氷河モンテローザ南壁を見上げるサボンニ小屋へ。下山後、アラーニャへ
6日目 ゴンドラとロープウェイを乗り継ぎコルドレン(2970m)へ。後、プンタヨランダ(2240m)までハイキング。後、リフトにてグレッソネへ
7日目 ロープウェイにてセントアンナ(2150m)へ。
ベタフォルカ峠(2672m)を越えレジー(2070m)までハイキング。
8日目 チミビアンケ峠(2990m)越えのハイキング。後、ロープウェイなどを乗り継ぎチェルビニア(2050m)へ。
9日目 ロープウェイを乗り継ぎプラトーローザ(3450m)へ。イタリア・スイス国境を越えます。テオドール氷河を越えトロケナーシュテーク(2930m)へ。後、ゴンドラにてツェルマットへ。
10日目 自由行動
11日目 鉄道でチューリッヒへ。ドバイ経由で帰国
12日目 帰国

チェルビニアからツェルマットへ

この日は、いよいよスイスへ戻ります。イタリアともお別れ。。。
マッターホルンが隠れちゃっています。ちょっと残念。

ゴンドラとロープウェイを乗り継ぐと、3450m! そこはもうイタリアとスイスの国境。
エグザイル風に国境で撮影(^^) 黄色の薄い線が国境ですよ〜

この日のポイントは、何といっても氷河歩き。
大した氷河じゃないから、心配ないんだけれど、規則で山岳ガイドを雇います。

若手のイケメンが来てくれました(^^)

普段、ハーネスを着けることなんてないだろうから、ドキドキ??

氷河歩きスタート! でもスキー場の一部なので、そんなに心配はいりません!
でも写真だけ見ると、凄い所に行っていたような気持ちになれます(^^)
テオドール氷河
私も繋がれているので、自由に動けないので、上手く写真が撮れません。
そんな時は、自撮り棒が大活躍(^^)

クレパス

氷河の上を流れる小川

もうすぐゴール!

スイスの国際ガイドは手際が良いねぇ!

トロッケナーシュテーグ駅がゴール!
この日はマッターホルンが見えなかったけど、無事にツールドモンテローザ歩ききりました!

昼食はスイスの定番(^^)

お疲れ様の乾杯(^^) この日でガイドの菜都さんとは終わり!
また来年歩きましょう(^^)

マッターホルングレイシャートレイル

自由行動日なのですが、マッターホルングレイシャートレイルを皆さんと歩くことにしました。 前日のトロッケナーシュテーグからシュバルツゼーまでのコース。
日本人は殆ど見かけることはありません。


とにかくマッターホルンが近くて、迫力のあるコース。
そして、氷河の末端を歩けます。 出そうで出ないマッターホルン。

標高が高いので、高山植物は少なく、荒涼とした雰囲気

氷河の末端部に立ってみる。前回来た時より、更に後退。
トレイルからドンドン氷河が遠ざかっています。

雪と氷河の違いはもうバッチリですね(^^)
このペースで後退すると、あと何年こんなことができるのだろうと思ってしまう。

トレイルに戻ります
マッターホルングレイシャートレイル
さらにマッターホルンに向い歩きます

新しくなったヘルンリ小屋がよく見えてきました
尾根の上にはマッターホルンに登る人のトレイルがあります


歩いたコースは、ピンクの看板。後から追加されたようですね。
ゴールのシュバルツゼー
シュバルツゼー
自由行動なので、このあとはツェルマットでお買い物をしたり、クラインマッターホルンへ行ったりと自由に過ごしましょう!

夕食はいつものレストランで楽しく食事!


皆さん!お疲れ様でした。また一緒に歩きましょうね。

ツールドモンテローザ、日本人が少なくてとっても面白いコース。
普通のハイキングでは物足りない方、お待ちしています!

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする