日本最南の島 波照間島でサイクリング

石垣島から船で1時間半、日本最南の有人島「波照間島」へ行ってきました。
この島には海以外は特筆すべき自然はないのですが、その海の色が素晴らしいです。

車で回るとあっという間なので、暑いですが自転車で頑張ってみました!

スポンサーリンク

八重山諸島の日程

山もシュノーケリングもカヤックもサイクリングも案内できる、沖本ならではのツアーです(笑)

石垣島に行った回数は30回くらいまでは数えていたのですが、もうよくわかりません。もうすぐ40回位になるのではないかと思います。

関西空港✈石垣空港=平久保崎=川平湾=バンナ岳=石垣市街
〜西表島・上原〜バラス島&鳩間島シュノーケリング〜西表島
〜サガリバナカヤック=ホテル休憩=ジャングルハイキング=干潟探検=上原港〜石垣島
〜波照間島サイクリング〜石垣島
=石垣空港✈関西空港

この記事は4日目の波照間島サイクリングについて書いています。
以前の記事はこちら

西表島沖 バラス島と鳩間島シュノーケリング
大好きな鳩間島周辺でシュノーケル。バラス島や鳩間島にも上陸します。美しいサンゴはもちろん、アオウミガメやタイマイとも泳ぐことができました。ドローンで撮った珊瑚の海も美しい!
甘く儚い 西表島のサガリバナ
サガリバナは甘い香りを残しつつ、一夜にして散ってしまう儚い花。初めてサガリバナを見た時の衝撃は今でもはっきりと覚えています!あの感動を伝えたいと思い、毎年のように西表島に通っています。
西表島のジャングルとマングローブの干潟
西表島のイメージと言えば、一般にはイリオモテヤマネコと亜熱帯のジャングルではないでしょうか? 今回選んだのは簡単なジャングルハイキング。そして、干潮の時間帯だったので、マングローブの生える干潟にも行ってみました。

波照間ブルー見学

旅行雑誌やインスタなんかでよく見る言葉です。なんとかブルーの元祖的なやつだと思っています。波照間の港の防波堤の上に登るのですが、そこからの景色が素晴らしいんですね。

ただし、防波堤への道は整備されていない非公式な観光地です。ビーチサンダルの方とかは気をつけましょう。

ちょうど訪れていたのは満月の大潮。干満差が大きいので、それを考えた行動が必要になります。通常だとサイクリングの後、船のを待っている時に行くのですが、今回はまっさきに。みんなこの色に驚きます。

ドローンで撮ってみました 風があったので水面が波立っていますが、それがなかったらもっときれいなはず。

素晴らしい!!

波照間島サイクリング

波照間ブルーを楽しんだ後は、自転車で島を回ります。暑い夏は、電動アシスト自転車がいいですね!
最初に行ったのは、波照間島最大の観光地「ニシ浜」

先程、防波堤から見た波照間ブルーのエリアです。ここではウミガメやカクレクマノミも見られますが、サンゴは荒れてしまいました。残念です。。。もう鳩間島でシュノーケルは堪能したしウミガメも見たので、海には入りません。

これ以上、自然をリスペクトしないで、インスタで映える写真だけを撮りたい観光客は来ないで欲しいなぁ〜と思ったりします。

ニシ浜の次は、さとうきび畑の中を走ります。
モバイルのスピーカーで沖縄の音楽を流しながら(笑)

海に向かって進むのは最高に気持ちいい

次の目的地は日本最南のポイント

ココです!

その先は、荒れる太平洋の海と侵食された岩

最果てっぽい感じです!

この時の波照間〜石垣島は10:00・13:30・17:20の3本。暑いから17:20まで遊ぶのはきついし、石垣島に帰ると19:00近くになるので、13:30で石垣へ。

港で購入した波照間黒糖プリンは美味

石垣港に戻ると、行きつけの刺し身屋さんで「反省会」 オリオンが染み渡る(*^_^*)

最後はマンゴーフラッペで〆

夜はライブ居酒屋で盛り上がり、翌朝関空へ。

今回も全力で遊びました!!

私はもう少し石垣島に残って、遊んでから帰ることにします。