表銀座縦走 燕岳から東鎌尾根を越えて槍ヶ岳登山

この数年、恒例になっている若者グループと登る槍ヶ岳。
今年は燕岳から槍ヶ岳への表銀座縦走です。
なんと募集開始30分もかからずに満席に(^^)

最高の天候に恵まれて、北アルプス屈指の縦走コースを楽しんできました。
山を始めたばかりの頃、とにかく楽しくてたまらなかった頃を思いさせてくれる、
とってもとっても大事なお客様です(*^^*)

槍ヶ岳山頂

FBで写真の共有をしているので、どれを使っていいかわからないくらい、
たくさんの写真がありました。普段は写真が足りなくて困るくらいなのに。
また、みんな写真を撮られ慣れてるというか、カメラを向けると、素晴らしいリアクション(*^^*) 楽しそうで、嬉しくなる!

最近では珍しい、夜行バスでの出発です。

出発は中房温泉。まだ早朝にもかかわらず、登山口は多くの登山者で溢れています。まさに夏山シーズンのピークですね。中房温泉登山口

表銀座縦走コースとは

北アルプスの中房温泉をから、燕岳、大天井岳、東鎌尾根を経て槍ヶ岳へ至るコースを表銀座縦走コースと呼びます。最大の魅力は、槍ヶ岳を目指して歩く、抜群の展望でしょう。燕岳で小さく見えていた槍ヶ岳がどんどん大きくなっていき、難所である東鎌尾根を越えると、目の前に迫ります。そして絶景の槍ヶ岳の山頂へ。稜線歩きが多いのでずっと絶景を楽しむことができます!

表銀座縦走 燕岳から槍ヶ岳への日程

1日目 大阪(夜)==バス 夜行バス
2日目 =中房温泉(1450m)…合戦小屋…燕山荘…燕岳(2762m)…
大天荘…大天井岳(2922m)…大天荘
大天荘
3日目 …大天井ヒュッテ…ヒュッテ西岳…東鎌尾根…ヒュッテ大槍…槍ヶ岳山荘…槍ヶ岳(3180m)…槍ヶ岳山荘 槍ヶ岳山荘
4日目 …大喰岳…槍平…新穂高温泉=大阪  

通常なら、初日は中房温泉から燕岳の燕山荘までなのですが、今回は大天井岳まで。少しハードな行程です。

中房温泉から燕岳

第一、第二、第三、富士見とベンチのある休憩ポイント歩きます。
夜行できたとは思えない、快調な歩行です(^^)
合戦尾根は適度な場所で休憩できるので、歩きやすい!

最初の目的地、合戦小屋へ。

合戦小屋といえば、スイカ!
スイカが最高に美味しい\(^o^)/

下界だと 800円って高いって思うけど、
いざ行ってみるとそんなに高いと思わないから不思議(^ ^)
合戦小屋のスイカ
歩いた体にはメッチャ美味しい!!
糖分と水分の補給もバッチリ

二人で半分にしてもらってもいいかもね

合戦小屋を越えると、槍ヶ岳が見えてきます!
明日はあそこまで。

まだまだ余裕です(^^)

順調に燕山荘へ到着。
遅れていたら燕岳はカットしなきゃいけないと思っていたから、よかった。
遠くに目標の槍ヶ岳が見える。テンション上がります。
燕岳
燕山荘前

Tシャツ お買い上げ!
燕岳Tシャツ

最近は海外の山の方が眺める機会が多かったりする。
派手なヨーロッパアルプスと比べると日本の山は地味に思えるが、
いざ登ってみるとそんな事は感じない。
決して縦走できない向こうの山とは楽しみ方が違うしね。

重たい荷物は小屋前に置いて、身軽に燕岳へ。
軽いって素晴らしい!!

イルカ岩と一緒に!

イルカ岩と槍ヶ岳
燕岳 イルカ岩と槍ヶ岳
今年は花が早く、コマクサのピークは過ぎていたけど、まだまだ美しい個体も。いろいろな山でコマクサを見てきたけど、この燕岳の花崗岩の白い土壌が最もコマクサが美しく見えると思う。

いろんな山のコマクサを比べてみましょう
私の高山植物のサイトへのリンク

高山植物の女王 コマクサ
《コマクサ/駒草》 ケシ科/Papaveraceae ケマンソウ亜科コマクサ属/Dicentra peregrina 千島列島・樺太・カムチャッカ半島・シベリア東部の東北アジアと日本の北海道から中部地方の高山帯の風衝岩屑斜面などの砂礫帯に分布 ◎写真:大雪山/燕岳/草津白根山/岩手山 みんな大好き! 高山植物の女王といえばコマクサ!! 基本的に気候の厳しい高山の風衝地に生えま...

燕岳のコマクサ

山頂は狭いので、少し北側に下りて集合写真!
燕岳山頂

燕山荘に戻ります。
燕岳Tシャツ全色
ここではさらっとしか燕岳について書いていませんが、
風化花崗岩で形の美しい、とってもいい山ですよ。
そこら辺の百名山よりずっといい山です(^^)

燕岳から大天井岳

たっぷりと楽しんで、いよいよ槍ヶ岳への縦走路、表銀座を歩きます。
遠目で見るとそんなにアップダウンはなさそうですが、いざ歩くとなかなか。
燕岳から大天井岳

蛙岩が近づいてきた
表銀座 蛙岩

蛙岩
蛙岩

しかし
睡眠時間もたっぷりとれていないので、しんどくなる。時差ボケも少し残ってる。
天気も良すぎるくらいよくて、大量の汗がでる。
スイス帰りで、まだ日本の蒸し暑さに順応できていない自分にはきつかった(^^;;

明らかに疲労が見えてきたけど、
約半数はアルプス初めてだから、仕方ないね!

目指す大天井岳と大天荘まだ先!

疲れてくると集中力が低下する。
お腹が減っても、集中力は低下する。
水と行動食はとっても重要。こんな暑い日は塩分もしっかり補給を。


振り返ってみる

大天井ヒュッテの分岐では疲労困憊・・・

でも、カメラを向けると一気に元気に(^ ^)

やっとこさ大天荘到着
大天荘

この時間帯で展望があるとは思っていなかったので、とってもラッキー!
大天井岳、久しぶりだなぁ(*^^*)
燕山荘から縦走すると、喜作新道を歩いて、ここはカットする事が多いから。
大天井岳

槍もまだ見えてます!
大天井岳から槍穂高

山頂ではコンパスを出して、山座同定の練習というおまけつき。
山座同定
山で地図読み

若者に人気のダバダストック・・・
こういうブランドがあるとは知らなかった。
ダバダストック

2本セット、Amazonで3,000円以下らしい(^^)
ダバダトレッキングポール

大天荘は混雑とは無縁の快適さ。
ご飯も美味しいし、洗面の水もある。
大天荘食堂

大天荘 夕食

槍ヶ岳の夕陽

大天井岳から槍ヶ岳

日の出は大天荘の前から。
この日のうちに槍ヶ岳へ登っちゃう予定なので、山頂で鑑賞する時間的余裕なし。

大天荘 ご来光

アルプスの朝

ご来光を見たら、体操して出発!
登山の準備体操

大天井ヒュッテを目指して、大天井岳を下ります。
大天井岳下り

色づく槍穂高連峰
朝の槍穂高連峰

大天井ヒュッテからは、比較的アップダウンの少ない快適な道

眺めのいいビックリ平
ビックリ平

お揃いのTシャツで歩きます。
この日のために準備していました!

どんどん槍ヶ岳が近づいてくるのがわかる。

影を入れての撮影
素晴らしい景色。この縦走が日本の山の魅力(*^^*)
表銀座縦走コース

疲れは1日でとれたのか、元気いっぱい(*^^*)

空が青い!

赤岩岳山頂赤岩岳山頂

ヒュッテ西岳到着
時間に余裕があれば、
①中房温泉ー燕山荘
②燕山荘ーヒュッテ西岳
③ヒュッテ西岳ー槍ヶ岳山荘
④ー槍ヶ岳山荘ー上高地or新穂高温泉
これがベスト
しかし、アプローチを考えると、忙しい若手社会人にはちょっと時間がかかり過ぎる。
ヒュッテ西岳

ここで配布したアミノバイタルをチャージ!!! 回復力が違います(*^^*)
やっぱ、ゴールドですね

味の素さん、来年もよろしくお願いします!
アミノバイタルについてはこちらから
https://yama-guide.com/2018/07/02/aminovital/

アミノバイタル補給

ここでヘルメットを装着。
この数年、確実にヘルメットの着用率が上がっている。
東鎌尾根ヘルメット

いよいよ、東鎌尾根へ。個人的には槍ヶ岳よりも難所と思っています。
理由は重たい荷物を背負っての行動という事。緊張する所と、リラックスできる所が交互にあり、気持ちの切り替えが難しく、所要時間も長い。体力的にもきついし。
頑張って歩きました。

慎重に行きましょう!

お腹すいたね!

大天荘のお弁当

大天荘のお弁当

最大の難所はこのハシゴ
ゆっくり行けば危なくないけど、高度感があります。
東鎌尾根のハシゴ

その後も気の抜けないポイントが

でも写真撮りたいし(^^)
気持ちの引き締め方が難しい、東鎌尾根

ヒュッテ大槍で再びブレイク。
ヒュッテ大槍

ここからの槍ヶ岳は圧倒的な存在感。ジュースがめちゃ美味しかった(^ ^)

そして
ジャンプ! ジャンプ! ジャンプ!

ノリノリ!

全員で撮って

 

槍へ!
ここからの1時間は槍へ向う1時間

これ、今回の写真で一番好き(*^^*)
目指せ槍ヶ岳

近づいてきた!

でもまだ岩場は続きます

そして、槍ヶ岳山荘へ!

着いたぁ!!

槍ヶ岳山荘に荷物を置いて、山頂アッタク。
目指せ全員登頂(^^)
槍ヶ岳山荘

この日は日曜日という事もあって、意外に混んでいない(^ ^)

荷物がない分、東鎌尾根より簡単??

慎重に!

クサリ、岩場、ハシゴ、一つ一つ丁寧にゆっくりと登ります。
慎重にいけば、決して危なくないです。

GoProの写真は色が黄色がかるなぁ・・・。
でも前穂高まで映る広角は魅力。

長めのハシゴを登りきるとそこは山頂!
槍ヶ岳ハシゴ

ハシゴを登ると突然山頂へ!

広くはないけど20人くらいなら大丈夫。
最後のハシゴを楽しんでます!余裕ですね(*^^*)
もちろん全員登頂です!
  

  

  

  

  

  

  

2年前は雨だったのでリベンジのKさん。 2度目の参加ありがとうございます(^^)
そして、ヘルメットに装着したGoProが、5秒に1枚撮影にもかかわらず、ハイタッチの瞬間を完璧に撮影してくれていました!!槍ヶ岳

両手に槍

急いで、上着を脱いで、お揃いのTシャツに

360°のカメラ、THETAで記念撮影!
槍ヶ岳の山頂でこの写真は素晴らしい(^^)
槍ヶ岳 360°

 

槍ヶ岳全員登頂!!
今年も最高の笑顔です(^ ^)

達成感いっぱいで下山

下りは慎重にね

 

無事下山!

おめでとうのカンパイ!

最高の乾杯!
槍ヶ岳と乾杯

この日もガスが出る事なく、最高の天気でした。


夕食
まさかの2日続けてのハンバーグ(^_^;)
でしたが、美味しかったです!
槍ヶ岳山荘夕食

槍ヶ岳山荘のワイン

槍盛り

夜は満天の星空

恒例の星空教室
夏の大三角形も、天の川もはっきり見えました。
槍ヶ岳と星空

明け方には東の空からオリオン座が、常念岳の上に。
槍ヶ岳の上にはスバルことプレアデス星団が輝いていました。

槍ヶ岳から新穂高温泉

最終日は少し早起きして、大喰岳へ。

朝の槍ヶ岳

槍の山頂でご来光は無理があります。
早朝の大喰岳

大喰岳の山頂は広いから、来光を待つのに最適

シルエットの槍ヶ岳も美しい。
真夏といえど、北アルプスの山頂は冷えますね。
この空気を家に持って帰りたい(^ ^)

日が昇れば、下山開始!

頑張って下らなきゃ

影槍
影槍

下山は新穂高温泉へ。
道自体は上高地の方が歩きやすいですが、シャトルバスや温泉入浴を考えると、関西方面からなら新穂高温泉がオススメ。

全員 無事下山!!

温泉に入り

最後に登頂証明書をお渡しして

終了!!

ガイドは
おっきーとNZからのあっきー&みっしーでした!

素晴らしい登山となりましたね!
皆様、ありがとうございました。また歩きましょうね(^_^)

参加メンバーの写真をいっぱい使わせてもらいました。
ありがとうございます。

頑張って歩いた今回のルート!
右上が燕岳で左下が新穂高温泉になります。

 

 

ホームページに

ガイドの教える表銀座縦走コースの歩き方を掲載しています。

 

 

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
中部カラビナ関西日本百名山
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一