横手山頂ヒュッテに泊まりスノーシューで遊んできた

志賀高原の横手山頂ヒュッテに宿泊して、スノーシューで遊んできました。

年に一度は友人たちと個性的な宿に泊まって、簡単なスノーシューを楽しんでみたいと思っています。これを入り口に雪山に興味を持ってくれたらいいな(^^)
昨年は美ヶ原の王ヶ頭ホテルに泊まってスノーシューを楽しみました。今年は志賀高原の横手山頂ヒュッテです。

スポンサーリンク

横手山頂ヒュッテとは

志賀高原の横手山の山頂付近にある宿泊施設です。お風呂などは小さいこと以外は普通の宿泊施設と変わりません。標高2300mの山の上にあることを考えれば、すごい!

日本最高所のパン屋さん

ご飯はむちゃくちゃ美味しいです(*^_^*)

日本一標高の高いところにあるパン屋さんとして有名。

山の上のホテル

施設もきれいですよ!

冬季は雪上車で送迎

この横手山頂ヒュッテの冬季の魅力は、雪上車での送迎。 雪の多い志賀高原、標高2300mまで除雪するのは大変というか、無理。そこで、麓から雪上車で送迎してくれます! 非日常の世界(*^_^*)

ホスピタリティーもあって、素敵な宿です!

横手山スノーシューの日程

そんなに歩くことはできませんが、スノーシューの入門&雪山体験と思えば最適のコース!

ポイントは関西からだと前夜に出発しないと、雪上車の時間に間に合わないということ。陽坂を朝の10:00と15:00発なので。帰りは、温泉に入る猿が有名な、地獄谷野猿公苑へ!

関西(夜)=夜行
=志賀高原・陽坂駐車場=雪上車=横手山頂ヒュッテ…スノーシュー横手山…渋峠…横手山頂ヒュッテ
=雪上車=陽坂駐車場=地獄谷野猿公苑=関西

関西出発

みんなの仕事が終わって集合です。
総勢28名という大人数!雪山に行くという緊張感じゃなく、大人の遠足的な感じ(^^) それでいい!

志賀高原までは、なかなか遠いです。駒ヶ岳でも道半ば感があります。

雪上車の送迎時間に合わせて、時間調整。 道の駅でお買い物!

雪上車で横手山頂ヒュッテへ

志賀高原の陽坂駐車場に到着!

ここで雪上車に乗り換えです

大人数なので、特別に雪上車が3台も!

約40分の乗車で横手山頂ヒュッテへ到着です。

残念ながら、真っ白!!! 雪も結構降っています

横手山頂ヒュッテ

やっと着きました! もうお昼前です。
一旦お部屋に入り、荷物の整理をしてからお昼ご飯。

おすすめのボルシチをみんなで頂きます(^^) ボルシチはもちろん美味しいけど、パンもフワフワで◎

美味しい!

食後はコースの説明

横手山スノーシュー

残念ながら、視界は良くなくて雪空です。
今回のスノーシューは全部自分達で揃えています。レンタルなしっていう、すごい集団。初心者が多いので、装着時もワチャワチャと。

真っ白ですが、スノーシューのスタートです。

いくら横手山といえど、この天候では地図読み必須。

雪山の楽しさと怖さを体験できる、貴重な体験!

ふかふかの雪は超楽しい

まつげが凍り始めた(笑)

黄色グループ

山頂からは何も見えず。。。

でも楽しい(*^_^*)

ちょっと視界が良くなった! 全員並んでみる。

スノーシューは上りより下りが楽しい!

渋峠へ駆け下りてみる。

渋峠は-11℃。寒いような、そうでもないような。。。

ここから草津温泉方面へ歩けば、日本の国道最高地点まで行けるのですが、この天候なので引き返すことに。

帰りは真面目に一直線(これが楽だもんね)

凍り始めた(笑)

往路を歩いて、ヒュッテへ

お疲れ様でした!

横手山頂ヒュッテの夕食

お楽しみの夕食!
でもその前に、男性陣は待ちきれずにビールタイム

夕食タイム 山の上とは思えない夕食が楽しめます。

乾杯はきのこスープをパンで閉じ込めたやつ

この日のメニュー

 

食後は少しのんびり

そして、薪ストーブの部屋に移り、お酒タイム

ヒュッテの子供も遊びに来てくれました(*^_^*)

長〜い 一日でした!

横手山山頂ヒュッテの朝

やっぱり、真っ白。。。

窓ガラスは凍りついています。

雪の結晶

朝ごはん!
パンが美味しい(*^_^*)

帰りも雪上車3台に分乗して

お世話になりました! また来ます(*^_^*)

陽坂の駐車場まで、下ります。

雪上車の中、最初は寒い(^^)

山から下ると、ガスが切れてきた。

駐車場へ到着!

まだ外は寒い!鼻水も凍る(ウソ)

最後にみんなで!

地獄谷野猿公苑

今や日本人よりも外国人観光客が多い、地獄谷野猿公苑。
ここ猿はスノーモンキーと呼ばれ、外国人観光客に大人気!

入り口からお猿さんの入る温泉までは、意外と距離があります。そしてこの日はよく滑った。
横手山よりも危ない(笑)

30分ほど歩くと、やっとお猿さんのエリアに!

猿が寝ているコンクリートはお温泉の熱でほんのり暖かい!

大人気の温泉に入るお猿さん!

地獄谷野猿公苑から関西は遠いので、昼過ぎにはお猿さんと別れて帰路へ。

帰路は、悔しいくらいの青空!
北アルプスがきれいに見えました(^^)

時にはこんな雪山遊びもいいなぁ〜と。

私は真冬の繁忙期なので、翌日から北海道へ向かいました。

 

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
スノーシュー中部カラビナ関西
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一
タイトルとURLをコピーしました