スイスアルプス ハイキング

ツアーが終了してから時間がたってしまいましたが、
7月の下旬からスイスアルプスのハイキングを案内してきました。

気軽に美しい景色を楽しめて、安心して歩くける、
山好きの人にはたまらない国ですね。

今回はグリンデルワルドとツェルマットを案内してきました。

飛行機は羽田空港、フランクフルト空港経由のチューリッヒ行きで、ルフトハンザ航

機内食は平均的~(^^)

スイスのチューリッヒに到着後、エアポートホテルへ。
翌朝からいよいよスイスの旅が始まります!

移動は電車です

2階建ての車両
スーツケースはライゼゲペックという荷物の託送サービスで、グリンデルワルドへ送ります。

ベルン・インターラーケンオスト・ウィルダースウィルで乗り換えて
高山植物が美しいシーニゲプラッテへ。

ユングフラウが一望!

グリンデルワルドの谷も見下ろせます。

かわいい登山電車で到着しました。

アルペンホルンでお出迎え! ここは六甲の高山植物園と姉妹提携しています。

まずは、お昼のレストランで乾杯!

定番のロシティとソーセージ!

食後にハイキングを開始しますが、進みません・・・・。
が、想定内(^^)

お花いっぱい!!
シナノキンバイの仲間

フウロの仲間

魔女の爪

ブリエンツ湖を見下ろします!

半日の足慣らしハイキングでした!
夕方にはグリンデルワルドへ!
残念ながらアイガーは雲の中・・・。

ユングフラウヨッホへ

朝はアイガーに雲がかかっていましたが

だんだん取れてきた!

ユングフラウ鉄道でユングフラウヨッホを目指します。
混雑・混雑・大混雑!

アイガーヴァンド駅でグリンデルワルドを見下ろす!

アイスメール駅

氷河を見下ろす!

何回、ユングフラウ鉄道に乗ったか思い出せませんが
毎回すごい!と思う景色があります。

約1時間でユングフラウヨッホ駅に到着。
まずは、スフィンクス展望台へ。

天気が回復して、絶景です!

アレッチ氷河

メンヒ

そして、雪上ハイキング

さっきまでいたスフィンクス展望台が山の上に聳えています。

氷河は目の前

あれほど賑やかだった駅がウソのように静かです。
天気がいいので、紫外線が強烈

記念写真でジャンプ!!
でも、なにか違う。。。
何が違う??

そう、地味なんです(^_^;)
服の色が・・・。
というわけで、私の服を貸したりして、色合い調整(^^)

全くイメージが変わってします。
次はもう少し、派手な色を準備しましょう!

雪上ハイキング、満喫しました!

流れる雲がキレイ!

駅の中も楽しみました!
絵葉書も出しましたよ!
何故か、日本のポストがあります。

ユングフラウヨッホですが
最近マナーの低下が著しい。

レストランに食べ物を持ち込み居座る中国系
どこでも座ってカップラーメンをすする韓国系
わがまま放題のインド系
白人も座り込み・・・。

景色はいいんだけど、
ここでは気持ちいい旅行はできなくなってきてる感じ。

クライネシャイデックへ下り、解散!

アイガー北壁は雲の中でした。

夕食は生ハムメロン

ルッコラと水牛のモッツァレラのピザなどイタリアン

夜は星空がキレイでした!

フィルストへ

朝日に染まるアイガー

ゴンドラでフィルスト展望台へ
シュレックホルン

アイガー

フィルストには新しい施設が!

展望抜群!
でも高所恐怖症の方はご用心(^^)

牛さんがいっぱい!

ヤギもいます

お花もキレイ!

今日も良すぎるくらいの天気!

さて、帰りはお楽しみのフィルストフライヤー!!!

一気に空中を滑り降ります。

ドキドキ!!

爽快です!!!

なんと360°の動画にしちゃいました!

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

次のグループも満喫!

次は自転車

絶景の中を下ります。
坂なので、ペダルは必要なし!

気持ちイイですよ~

グリンデルワルトの次はツェルマットへ
憧れのマッターホルン!

ロートホルン方面へハイキング
野生のエーデルワイスを探します!

しかし、雲が湧いてきて
なかなか景色が見えません。。。

スネガ展望台でのんびり回復を待ちます

夜はチーズフォンデュとエスカルゴ!
エスカルゴを上手に食べられる日本人は多くないでしょう(^^)

白ワインとの相性最高!

チーズフォンデュも美味しい!!

最終日は

ゴルナーグラートへ
始発で行き、のんびりと景色を眺めます。
混雑しない展望台は最高!

氷河

モンテローザもリスカムも見えてきた!

最高の眺め!

でも、マッターホルンは雲の中

逆さマッターホルンの湖もダメでしたが
この景色は素晴らしい!

最後にやっと出てきました!

少人数で、個人旅行のようにお客様の希望を叶えるスイスハイキングでした!

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
ヨーロッパ
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一
タイトルとURLをコピーしました