古座川支流 小川をカヤック(カヌー)で下る

古座川の支流である、小川をカヤックでツーリング!

初めての古座川ですが、選んだのは支流の小川です。
本流と支流では支流の方が綺麗なことが多い。

有名なところでは、
四万十川の黒尊川、長良川の亀尾島川かな

というわけで、今回は古座川の支流の小川を楽しんできました!

古座川はかつては関西からは遠い川でしたが、
高速道路が延伸したので、かなり近くなりました(^ ^)
それでも、串本の向こうですから、遠いちゃあ遠い。

金曜日の仕事が終わってからの出発
子供達はデリカの後ろで優雅に寝て移動

夜のうちに橋杭岩まで移動して、仮眠。
川の様子を見たいので、暗いうちに出発ポイントまでは行きません。
橋杭岩は有名な写真スポットなのですが、ここにはマナーの悪いカメラマンがいっぱい。入っちゃいけない所に入ったり、車を止めたり、まぁムチャクチャ。

 

古座川の支流小川へ

明るくなったので、古座川の支流の小川へ。
この川の上流にはダムがない!清流の中の清流です。

小川の上流には滝の拝という滝があります。
ここより上流はカヤックはできないので、この滝下がスタートポイントになります。

この滝の近くには、小さな小さな道の駅があり
そこに車を止めて、カヤックの準備

カヤックとカヌーの違いはダブルブレードパドルかシングルブレードパドルを使うかに違い。シングルブレードはカヌー。
いま日本の川を下っているのはほとんどカヤックです。
子供が大きくなったので、2隻で4人は荷物が入らなくなってきた。
もう1隻欲しい・・・・。

この日は平常の-40cm、ファルトボートでは不可能な水流です。
インフレータブルカヤックでギリギリです。

さぁ、出発しましょう!

少し漕ぎ上がり、滝の拝まで

奇岩に囲まれた無人の川はいい感じ(^^)

水質は最高!
四万十川、仁淀川とは比較にならず、黒尊川と競う感じ。
ただ、これでも黒尊川より水量がある!

浅い所はまさに水面を滑るように進みます(^^)

水中と水上を両方写せるカメラで!

透き通り、きれいな川底がわかると思います!
カヤックでくだれる川としては、最上級間違いなし!

のんびり、ゆったり、リバーツーリング

カヤック、もう1隻欲しいなぁ

夏ならここに寝転がりたい!

 

鯉が泳いでいた、鮎も泳いでいた!

娘も結構上手になった(^^)
1人で瀬にも行けるようになったし!

河鹿蛙の鳴き声が響く
夢の様な川(^^)

この日は5月の末
まだ鮎釣り師のいない川は静か

きっと、6月になると気持ちよく下れない・・・。

鏡のような水面を滑るように

こんな川ばかりで遊んでいると
子供を木津川とかに誘っても来てくれなくなる(・∀・)
ドブ川は嫌だって。
美しい森があって、美しい川がある

 

 

 

時々、メンバー交代

息子のモンベルのライフジャケットは12年目! サイズ的に今年で終わり。
登山用品はあんまりモンベル使いませんが、ライフジャケットはいいですね!

どっちが年上か、わからない(^_^;)

 

川幅が広くなり、浅くなった所はライニングダウン

 

 

素晴らしい川でした!
次はキャンプ道具を積んで行きたいね(^^)
それには、もう1隻買わなきゃいけないなぁ。

子供達が疲れたので、古座川本流の手前で終了!
タクシーを呼んで、車をピックアップ。

古座川はカヌータクシーという、カヌーを運べるタクシーがあります。
自分たちは普通に乗車しただけですが、とっても便利なサービスです。

次は本流を下ってみたい(^^)

動画をまとめました


宿泊は
本州最南端、潮岬の無料キャンプ場
とっても安上がりな沖本家の旅行です(^^)

一応、本州最南端で記念写真

 

太地町くじらの博物館

翌日は前から行きたいと聞いていた
太地町立くじらの博物館!

 

200円でイルカにタッチ!

イルカのショーやクジラのショー

 

 

エサやりも200円

 

 

 

 

 

 

 

ショーの後は捕鯨の文化をお勉強

そして、最後はクジラ専門店へ

ここまで来たら、クジラを食べなきゃね(^O^)
いつまで続くか、日本の伝統文化

お刺身!!

くじらカツ!

 

今回のカヤックのコースです。
鮎釣りシーズンと水量を確認して漕ぎに行って下さい!


10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
カヤック関西家族
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一