護摩壇山と龍神岳登山 子供とスノーシュー

久しぶりに家族で山歩き(^^)
スノーシューで山へ連れて行ってあげたいけど、子供と一緒となるとイロイロとハードルが高くなります。
その中で選んだのが和歌山県最高峰の龍神岳と護摩壇山。
ワイワイ、ギャーギャーと歩いてきました(^^)
子供と雪山へ遊びに行く時の問題は装備です。
本格的な事をするわけじゃないけど、それなりに必要です。
ほぼスキーのスタイルになっちゃいますが
装備
・スキーウェア
・靴はスノーブーツと長靴
・ストック・帽子・ゴーグル・手袋 スキー用
・スノーシュー
・ロングスパッツ
アイゼンを装着すると長靴は厳しいですが、スノーシューなら問題なし。
さらに
安全に連れていけるコースを選ばないと行けません。
護摩壇山&龍神岳を選んだ理由
・登山口からスノーシューで歩くことができる
・歩行時間が短く、達成感のある目標が設定できる
・リスクの低い山である
2時間程度の山歩きを予定していました。
まずは高野山を越えて、龍神スカイラインへ。
この日(2/8)は天気予報が悪かった・・・。
高野山では大雪で、トイレ休憩の間にも積もっていきます。
龍神スカイラインのコンディションは悪かったですが、予定通り護摩壇山スカイタワーの駐車場へ。この時期はノーマルタイヤでは通行禁止ですが、この日のコンディションなら4WDじゃないと厳しいと思います。
雪もほぼやんで、天候回復の兆し(^^)
スノーシュー装着すると息子はテンションアップ!
娘はスノーシューが重たいと不機嫌に・・・・。
歩くよりも雪遊びがしたいって・・・。
その気持ち分かるなぁ(^_^;)
それでもなんとか、歩かせていると、だんだん楽しくなってきた(^^)
ふかふかの雪は楽しいね!
途中からスピード競争へ!
やがて絶好調に。子供と歩くのは難しい。
ひっくり返ったり、雪遊びしながら護摩壇山の山頂へ。
一番に山頂へ行った娘はご満悦(^^)
でもその先の龍神岳へは行きたくない・・・。
ここで雪遊びしたい・・・。

ヒップソリしたい!

再び説得タイムです。
護摩壇から先の道はトレースもほとんどなく、ふわふわの雪の道。
秘密のお菓子を時どきあげて、時々おんぶして、龍神岳へ!
山頂では絶好調!
写真を撮り、看板をキレイにしたり。
息子はスコップで穴掘り。さすがに、ここでかまくらは作れません。
そこから林道へ下りて駐車場まで戻ります。
林道といっても、雪で凸凹で意外と歩きにくかった。
背負ったりして遊びながら駐車場へ!
合成で~す!
駐車場の近くでかまくら作ったりして遊びます。
いきいきしてます!
そして龍神温泉へ温まりに!
日本3大美人の湯だとか。
いのしし丼食べて、温泉で温まって帰路へ
さすがに龍神まで行くと遠いですね。
疲れましたが、久しぶりの家族登山を楽しんできました!

いっぱい頑張ったのですが
次はスノーシューよりスキーがいいそうです・・・。

子供と一緒に雪山へ行くときの注意点

・天気が良くない日は、現地でも中止する決断
・体が小さく冷えやすいので、低体温症に気をつける
・すぐに手袋の中や靴の中に雪が入ってしまうので、常に観察
・暖かい飲み物を持っていく
・雪遊びをする時間も予め予定に入れておく

って感じですかね。くれぐれも無理をしないように!

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
スノーシュー関西家族
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一