加藤文太郎の故郷 観音山と猫崎半島

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山旅人さんの16周年記念ツアーにゲストとして呼んで頂きました。

行き先は加藤文太郎の故郷である、兵庫県の新温泉町浜坂の観音山。

正直、全然知らない山です。。。
そんな山を見つけてきて、いいツアーにする「山旅人」さんの企画力には驚きます!

㈱山旅人とは

今年で16周年を迎える、登山ツアー専門の旅行会社です。
とってもホスピタリティーと手作り感にあふれるツアーを企画しています。
私もこの会社に最初から勤めていたら、今みたいに不安定なフリーガイドになっていないと思う。

今回のツアーでは社長をはじめ社員が3名も参加していました。

加藤文太郎とは

今回の旅の目的地、新温泉町浜坂出身の登山家。
新田次郎の小説「孤高の人」のモデルで知られますが、一般の登山者には六甲全山縦走をはじめた人と言ったほうが、馴染みがあるかもしれません。

30歳という若さで、冬の槍ヶ岳北鎌尾根で生涯を閉じました。

観音山登山とカニ料理

恥ずかしながら、全然知らなかった観音山。標高は241m。
登山口から2時間程度の簡単な登山ですが、日本海を見下ろす景色の良い山です。

登山口は桜が満開でした!

登山道の脇にはイカリソウが目立ちました。
最近春の山野草のコースを歩いてない。
パッと花の名前が出てくるように復習しないといけないなぁ(^_^;)

1時間程度で山頂へ到着です。

なんと山頂ではリピート山中さんがお出迎え!!!
JR環状線鶴橋駅のメロディである、焼肉ヨーデルを歌っている方です。
加藤文太郎の歌を歌ってくれました。

下山後は加藤文太郎記念図書へ。
山岳雑誌の充実度が凄い!!!ゆっくり呼んでみたいと思う、山と渓谷がズラリ!

私が生まれる前の物から揃っています。

次は、竹野町へ向かいます。

宿泊の夕食が半端ない!
カニカニカニ(^^)

最高でした! こんなにカニをツアーで食べたのは初めて。

夜も歌ってくれました!

猫崎半島

兵庫県の北端になる半島です。

雨が降りはじめたので、途中で引き返しましたが、途中は桜がきれいでした。

殆どお手伝いできていませんが、山旅人さんの雰囲気がわかる、いいツアーでした!

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする