知床流氷ウォークと釧路湿原スノーシュー

 久しぶりの冬の北海道!テンション上がります(^^)

夏とは全然違う自然を見ましょう!歩きましょう!

2/23
このツアーの前の週は大荒れの道東。
パタゴニアからニュースを見ながら、今このツアー中じゃなくてよかったと思ったものでした。
伊丹からまずは羽田へ
富士山がキレイでした
そして羽田経由で女満別へ。
天気予報ではわかっていましたが、本当にいい天気(^^)
空港から外に出てもそんなに寒くない。
生駒の朝より暖かい!
雪は多いですが、除雪も終わっていて問題なしです。
網走港に直行して、オーロラ号に乗船。
満席・・・。暖かいから甲板の上はずーっと人がいました。
流氷はバッチリ!
最終便ですが、太陽が沈み始めるので影ができて立体感があります。
オオワシもオジロワシも見られたし、バリバリ流氷割るのも見られたし、満足!
オーロラ号の後は知床のウトロへ。
ホテルへチェックインしたら、すぐご飯!
ものすごい量の食べ放題でした。

食べるのに一生懸命で、写真なし・・・。

オーロラファンタジーショーがあるので、ちょっと急いで食べました。
毎回こんな食事なら太ってしまう(^_^;)
オーロラファンタジーショーは
まぁあんなものでしょうね。

本物のオーロラと同じ感動があったら困ります(^_^;)

わざわざあんな寒い時期にしなくてもと思ったりしますが。
結果的に、このショーの時がこのツアーで一番寒かった!
2/24
いい天気です!
部屋からも流氷がオホーツク海にビッシリ押し寄せているのがわかります。
まずは朝風呂へ(^^)

そして、のんびり朝食(^^)
朝の散歩(^^)

普段の夏の道東ツアーは朝早いのです。
弁当ばかりで、1回もホテルで朝ごはん食べられないツアーだったり。
その分取り返した気分(^^)
いよいよ今回の目玉、知床流氷ウォーク!
お客様に合わせたドライスーツを用意しています。
ドライスーツは水に入っても濡れない服です。
そしてメチャメチャ温かい!
これを着て流氷を歩きます。
服を着るところから、ワイワイと!
童心に戻る時間ですよ(^^)
いよいよ、流氷の上に。
今回は流氷の上に雪が降って、大平原みたいになっています。
天気はよくて、風もない。
割れ目から海が見えます!
最初は恐る恐る、水に入ったり(^^)
アザラシの気持ちになったり

 

青空眺めたり

上手に浮かぶのは意外と難しい(^^)

楽しかった(≧∇≦)

夏の写真です!
今回歩いているのは、定置網のあたりになります。

流氷の次は鶴居のタンチョウサンクチュアリへ
オホーツク海には流氷がビッシリ!
斜里岳が真っ白な姿を見せていました。
鶴居ではタンチョウが目の前で見られます。
本当に美しい鳥です!
でも、コンパクトカメラでタンチョウを撮影するのはなかなか(^_^;)
周りはバズーカのようなレンズ付けたカメラマンばかり。
朝イチからずーっと撮影しているのです。本気度が違います。
暖かいからたっぷりタンチョウを見ることができました!
ズームが足りないので双眼鏡やスコープにカメラをくっつけて撮影。
む、難しい・・・。
2/25
あっという間に最終日。
温根内のスノーシューコースを歩きます。
朝はそれなりに冷え込みますが、太陽が強烈!
持ってきた防寒着の半分もいらないほど。
手袋さえ必要なかったほど。
でもこれが北海道の冬とは思わないようにしてくださいね。
歩くだけじゃつまらないので、自然の話をしながら歩きます。
バードウオッチングや自然観察で何度も道東に来ていてよかった(^^)
話すことはいくらでもあります!

雪が少ない・・・。

ガーナを持って撮影!
ジャケット着てない人もいるでしょ!
それだけ暖かかったのです(^^)

きつい山や高い山も、もちろんガイドできるけど、

自然解説しながら歩く方が自分の特徴が出せるような気がするなぁ。

ご参加いただいた皆さん有難うございました!!!

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
スノーシュー北海道
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一