ぱしふぃっくびいなすで小笠原

世界遺産に登録されて観光客殺到中の小笠原!
唯一の定期便「おがさわら丸」は満席が続いているようです。

今回はちょっとリッチにぱしふぃっくびいなすというクルーズ船で小笠原を目指します。

出発は岡山の宇野港です。

私の部屋はここ!おがさわら丸の二等雑魚寝と大きな違い!
快適すぎる!おがさわら丸に乗れなくなっちゃうよ。 
普段は全くスーツを着ることないので、貴重な写真です(^^)
船の中ではこんな感じでシフトが組まれます。添乗員いっぱいですね。
「空いた時間は船の中でのんびりできるよ」と聞いていました(^^)
し・か・し
これだけ添乗員がいて、小笠原に行ったことあるのが沖本のみ
!\(◎o◎)/! 衝撃です!
しかも、な~んにも小笠原のこと勉強していない。知識はお客さん以下。
ということで、
お客さんが 島のことを聞きにデスクに来るたびに私に電話が・・・。
のんびりできねーよ・・・。
添乗しかしない人間とガイドもする人間の知識や意欲には大きな差がある。
船内の写真は、ブログ掲載の了解を取っていないお客さんが入ってしまうのであまりアップできません。
ご飯はこんな感じ。
めちゃめちゃ美味しいわけじゃないけど、フェリーよりはずっといいです!

プールは寒いので閉鎖中

 翌日はず~っと船の中。
船の中ではいろんなイベントがあって退屈しないようになっています。
今回のクルーズは阪急交通社と山陽新聞旅行社のコラボ。
沖本は山陽新聞の山旅のお客様専用ツアーとして上陸したら案内します。
ほかのお客様は、オプショナルツアーを各自選んで観光。
父島到着!!!
スーツを脱ぎ捨てて、やっと普段の自分に戻れます(^^)
真っ先に下船して、父島上陸!
今回は僅か1日しか上陸できないので、急げ!急げ!!

これぞ小笠原!!って看板。
テンション上がってきた(^^)

この船をチャーターしました。2階に登れのでバッチリ見えます!

ホエールウォッチングなのにシュノーケルの説明??

船に乗って10分
もうザトウクジラがバンバン見えます(^^)
この時期の小笠原でクジラ見えないなんて考えられない。
あとはどんないい写真撮れるかですね。
これ以上コンディションがいいホエールウォッチングなんてないでしょ!

動画も撮りました!

同じ船の他のお客さんはすべて漁船で見学
さすが◯急!コスト削り方が半端ない・・・・。
そりゃぁホエールウォッチングには変りないけど、差ありすぎやろ(◎o◎)

順調かと思いきや、南島へは波が高すぎて上陸できず・・・。
この日はおがさわら丸が東京へ戻っているので、貸し切り状態のはずだったのに。
残念や・・・。(T_T)
奥にハートロックが見えます

たしかに南島はうねりがありました。

気を取り直し、海中公園へ

沖本の本領発揮! 泳ぎましょう!

泳がないと言っていた人も次々海へ!!

ロクセンスズメダイが多いなぁ

ほとんどのお客さんはシュノーケル初めて!
ちゃんと使えるようになりました。(^^)

最初のシュノーケリングが小笠原なんて贅沢!!

パイプウニ

波が高くなってきた!
もうやることやったので満足!! 揺れるのも楽しい??

最後は湾の中でマンタ探したけどダメでした。

戦時中に魚雷を受けて挫傷した沈没船

さあ、再び父島へ上陸しましょう

乗ってきた船、ぱしふぃっくびいなす

船では写せなかった記念写真

次は山歩き!  沖本がガイドします。

クジラの見える月見山展望台

すげー岩!!

天気いいです! 船が大きいのがよく分かる。

フィルターかけるとこんな感じに 絵葉書みたい!

月見山でした!

タコノキ

こっちは外来のガジュマル  なんだか登れそう?

天然のジャングルジムに! 童心に帰ります!

ターザンもできますよ!

最後は砂浜を歩いて船に戻りました。

下船は最初、乗船は最後!
全力で、遊んだ遊んだ(^^)

小笠原恒例の見送りです!

往路を戻ります。

夕日キレイでした。
写真撮れなかったけど、クジラがジャンプしたのが感動的でした!

上陸は僅か1日でしたが、めいいっぱい父島を楽しみました。

もっと小笠原を楽しみたい方は、おがさわら丸がお勧めです。
船が苦手な方はクルーズ船のこのようなツアーがおすすめ!
私もいい勉強になりました。

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
日本関東シュノーケリングホエールウォッチング島旅
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一