ニュージーランド 絶景のマウントオリビエ登山と苔の道

クライストチャーチの地震の影響で観光客激減中のニュージーランド。(以下NZ)

こんな時期だからこそ行かなきゃ!
関空から飛ぶNZ航空も、空席が目立ちこのままでは維持できないレベル。
現地の旅行会社やガイドさんも大変です。
応援したい&自分もNZへ行きたい!
でも、誰が行っても同じなミルフォードトラックは好きじゃないので企画しません!
どこを歩いたのでしょう?
2/12
関空からのNZ航空。
今回は特別に協力してもらい、特別なレートで(^^)

機内食、まぁまぁ!
NZ航空の一番は機内安全ビデオ!!

2/13
早朝、オークランド到着!
急いで乗り換えてクィーンズタウンへ。

実は予定は1日遅い出発日でしたが、この日のNZ航空の関空便なら特別なレートに。
それなら1泊ホテル代増えても安くつく&遊べる!!

クィーンズタウンに着いてもガイドはいませんが、そもそもクィーンズタウンだけならガイド不要。 まずはショットオーバージェット(^^)

今回のお客さんは3名様!少人数!

狭い渓谷を猛スピードで駆け抜けます!
超たのしい!!NZはこういうアクティビティの演出が上手い!

乗船中は撮影禁止なので他のお客さんが乗っている写真です

お昼はみんなでファーグバーガー \(^o^)/
美味いです!大きいです!高いです! でも食べます!

お昼過ぎると長蛇の列 その前に買いました。
買うなら11:45までに!

美味そう!

でかい!

その後は、湖を散歩してチェックイン

夕食はまずはビールと前菜盛り合わせ!
これまた美味い!

そうしたら、これだけでお腹いっぱい(^_^;)

2/14
現地ガイドの小川さんの迎えはお昼過ぎなので、それまで植物園などを散策

お昼はフィッシュアンドチップス

やはり、でかい!! 味はファーグバーガーが上だな。

合流して、マナポオリへ。途中、キングストンで機関車見学

低く尖った山がわかりますか??
マナポウリモニュメント、あれに登ります。

夕食は鹿肉。柔らかくて美味しい!

2/15
天気予報で、マナポウリから日程変更。ゲートルートサドルへ!

このコースは以前雨で引き返したことのある、因縁のコース。

今日は快晴!!
登山口はミルフォードサウンドへ向かうホーマートンネルの手前

大きなU字谷の底を歩きます。
ミルフォードトラックより歩く人が圧倒的に少ないので、雰囲気はいい!

奥まで歩くと、岩壁の登りに!

出発して3時間半 もうすぐ峠!

奥に見えるのはミルフォードサウンド
素晴らしい景色!!!

見下ろすと、絶壁!!!
垂直じゃないけど、プレーケストーレンよりも高そう

1枚、記念に(^^)

これ、なんの花だったけ??

いっぱい歩いて、眺めも良くて、満足!!

ちなみに前回はこんな目で撤退しました・・・。

ミルフォードサウンドへ寄って、戻ります

天気良すぎ!

2/16

この日も快晴!!

なんと、ヘリコプターでトレッキング!
贅沢(^^)

ヘリコプターブロッケン

山小屋のヘリポートへ到着

ここからケプラートラックのラックスモア山を目指します

正面がラックスモア山

雲上のトレッキング(^^)

ザック背負うと高さが出ない・・・。

もう少し

展望がどんどんひらけてくる!

サウスアイランドエーデルワイス
こんなに群生しているのを見るのは初めて!

山頂です!
今日も最高(^^)

往路を戻ります

これなんだ??

答えはモスシープ。直訳すると羊苔??
手触りは・・・? この嬉しそうな顔を見てご想像ください(^^)

スタートの山小屋

お昼ご飯食べて、さらに湖まで

苔むす森を抜けて

キューイゾーン

テアナウ湖へ。ここからは水上タクシーで(^^)

雲がきれい

ヘリに水上タクシーチャーターに贅沢な山旅でした!

夕食はレッドクリフ
大勢では絶対に行けないレストラン

おいしかったぁ(^^)
大満足の一日でした!

2/17
この日はマリーンレイク

渓谷と湖と森のコース

苔むす渓谷は美しい

これは雪崩の跡

ミズゴケもイキイキ(^^)

やっと湖が(^^)

小鳥が囀りだけ聞こえる、静かなマリーンレイク
歩く人も少なく、気に入りました。

飛んでみた!

2/18
大好きな苔の森を歩くコース!
10年ぶりに歩きます。
それは、通常の募集ツアーでは歩けないから。
お客様限定5名!それくらい入山制限が厳しい。

入山は湖をボートで渡ります。
やって来たのは超高速ジェット!

痺れる加速!
これから山に行くとは思えない(^^)

天気は下り坂
それが分かっていたので、他のコースと日を入れ替えたのです。

モニュメントへ登ります

トレッキングでは難易度高め

槍くらいの難易度かな??

山頂から!

このコースのお楽しみはこれからですよ!

苔も森歩き(^^)

ふかふかの森を歩きます

これが歩くコース(^^)

スポンジの上みたい

ほら!!

振り返るとさっき登ったモニュメントが

素晴らしい、夢のようなコース!
制限がきついのも納得(^^)

次はシダの森

以前はワイヤーロープだったのに、立派な橋が・・・。
ちょっと残念。

10年前はこんな橋、ワイヤー
楽しかったのになぁ・・・。

さらに歩きます

お気に入りの1枚(^^)

最後は湖畔に出て

船で対岸にわたりゴール!
本当にいいコース!
苔を満喫(^^) 日本じゃできませんね。
この日は誰とも山中で出会いませんでした。

日本人はミルフォードトラックは1日40名限定で混雑のないコースと思っているかもしれませんが、人口の少ないNZの南島ではとても混雑したコース。他にも旅行社のコースに組まれるルートバーントラック、マウントクックハイキング、キーサミットなどは規制がゆるく、混雑したコース。ここでは私の理想のNZツアーが出来ません。

2/19
テアナウからマウントクックビレッジへ

途中アクティビティとしてのバンジージャンプ発祥の地へ。
しかし、高い!!$120!!
スポンサーいれば喜んで飛びますが、自腹ではちょっと・・・(-_-;)

マウントクックの麓へ
プカキ湖は美しい

車のCMとかにも使われる美しい道

山頂が顔出してくれた!

国立公園へ

2/20
このツアーのメイン! マウントオリビエ!
マウントクックを望む山。
ここも普段なら山麓のトレッキングです。少人数ツアーのみ可能なコース

朝早くから出発!

マウントクック

セフトン氷河

晴天!

セアリーターンズで逆さマウントクック(^^)
普通のハイキングならここまでしか来れません!

急な登りを頑張ります!

とりあえず、ジャンプ(^^)

氷河湖も見えてきました

お昼はパスタ

ミューラーハット

見下ろすとハーミテージホテルとビレッジが

さらに登ります!!!

マウントオリビエ 山頂です!!!
ここはエベレスト初登頂のエドモントヒラリーが初めて登山した山

お疲れ様!!
頑張りました!!!

刻一刻と変化するマウントクック

往路を戻ります

この小屋はヒラリーさんが建てたもの

気をつけて下りましょう!

ほんと、いい山で最高の眺めでした!

夕食
みんな好きなモノを選びます。
これで1人前 でかい!

ビールもワインも美味しかった!!

ごちそうさま(^^)

2/21
最終日

観光定番ではテカポ湖

湖畔で久しぶりの日本食!

景色を楽しみながらクライストチャーチへ

クッキータイムの工場で割れた格安クッキー買いました!

空港で発見

ベスト・オブ・サウスアイランドは昨日歩いたコースでした!
うれしいね(^^)

普段ならお客さん3人ではツアーになりませんが、今回はNZ関係者に協力を頂きこのようなツアーを作ることができました。感謝します。早くNZに観光客が戻りましすように!!

ちなみに、帰りの飛行機で関空で降りたお客さんは20名程度でした。

今回のおみやげ
いっぱい買いましたよ!NZの経済に貢献(^^)
クッキー3kg、羊のぬいぐるみ、ハチミツ、ラノリンクリーム
メリノウールのシャツ2つ

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
オセアニア
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一