冬の北海道 女子旅ガイド 後編

登山&アウトドアガイドの沖本です!

2021年の冬は、北海道を中心に案内してきました。本職は登山ガイドなのですが、登山系旅行会社の支店長を務めていた経験を生かして、いろんなアウトドア旅行のプランニングもしています。

2021年、冬の北海道は5組案内しました。その最後は女子旅です。

みんなで笑って、景色に感動して、美味しいもの食べて、楽しい4日間でした。

スポンサーリンク

冬の北海道 女子旅の日程

往復とも関空✈釧路の予定だったのですが、ピーチの運休で千歳線に変更。ちょっと移動が多かったですが、フライト時刻が選べたので影響は最小限にできました。

ここでは太字の3日目〜4日目を記事にします。

関西✈新千歳=阿寒湖ワカサギ釣り=阿寒湖温泉
阿寒湖散策=摩周湖スノーシュー=砂湯温泉=ウトロ温泉
ウトロ温泉=流氷スイム=回転寿司=野付半島=養老牛温泉
=タンチョウ観察=新千歳空港✈関西

知床流氷スイム

前回の新婚旅行に続き、貸し切りで開催してもらいました。やっぱり、何度も行って知り合いを作るのは大事ですね。

やりたい放題で、ぶっちゃけ、普通の混載ツアーよりも何倍も楽しめます(*^^*)

今回の流氷も気合十分! ペンギンのドライスーツが着られる人以外は、被り物持参です(笑)
カニ・うさぎ・キツネ・クマ

ペンギンのドライスーツは、子供用なのでとってもタイト

流氷は少ないけど、実は少なくて不安定な方が面白い! スーパーマリオ的な感じ

これから、思いっきり遊びます!

元気なうちに飛んでおきましょう

海の中に入っても、ドライスーツを着ているので寒くありません。

もしも海水を飲んでも、塩分濃度が低いので塩っぱくない!
沖に浮かぶ大型の流氷まで泳いでみる

無事に到着!

ランチのお寿司をかけて、女の戦い。長く顔をつけた者の勝ち!

結果はカニの圧勝でした(笑)

流氷の上で思いっきり遊んで楽しかった!!!

ホテルへ戻って、朝食&チェックアウト。
天気がいいので、知床の山並みを見に行くことに。

右から羅臼岳・三峰・サシルイ・オッカバケ・硫黄山!
今年の夏はトムラウシ縦走が決まっているので、来年の夏に歩こう。

冬の羅臼岳、登ってみたい。。。

ウトロの海には流氷はわずか

今年は、これで見納め!

根室花まる寿司

リピーターさんには、大切なイベント(笑)  一緒に初めて北海道に来る方は「なんでそこまで拘るの」??みたいな雰囲気。
この日のランチにするために、スケジュール合わせています。

この日のおすすめメニュー ホタテ祭りだなww

2階建てホタテ、やばいクオリティーです! シャリが見えません(笑)

刺身もすごい

贅沢に一口で!!!!

何食べてもおいしい!

真だち〜 

お腹いっぱい!! 強いて言うなら、初日に来てたらもっと感動したかも。

ごちそうさまでした!!

これでも2020年の夏と比べると少食ww

野付半島サファリ

最後の目的地は、野付半島です。この冬4回目の案内となります。
半島に入ってすぐに、オオワシがお出迎え〜!

オジロワシは悠々と

エゾシカはいっぱいいますが

近くにもやってくる

でもお目当ては頭の付いたシカ。。。
この広い半島に1頭だけです。でもしっかりと見つけちゃいました!!!

ちょっと遠かったけど、見つけることができてよかった

この状態でも生き延びることができた、強いオス

そして、もふもふのキタキツネも

最後はお楽しみの氷上トリック写真。野付半島は標津町と別海町に自治体が別れます。野付の氷平線として観光に力を入れているのは別海町です。以前は氷の上に入ってもOKだったのですが、最近はガイド同行を勧め、お金をとっています。ちゃんとレスキュー訓練を受け、エマージェンシー装備を持っているガイドなら納得です。が、長靴の手ぶらさんがガイドって言われても。。。個人的には全く納得していませんが、反発してもしょうがないので、標津町へ。

事前にポースの研究していましたが、最初は難しいです。この日の氷上は、ツルツルでアイススケート状態

だんだん距離感とかわかってくる

最後はすしざんまいポーズで〆 野付半島満喫です!!

養老牛温泉

最後の宿泊は養老牛温泉で。

チェックインしたら、ウェルカムドリンクサービス!

夕食はこれまでと違い、ゆっくりと 

丁寧に作られたお料理はおいしいです。

ゆっくり食べながら、シマフクロウがやってくるのを待ちま〜す

そして、来た!!!

時間は短かったけど、来てくれてよかったです。

翌朝はシマエナガ待ち
でもなかなか来てくれません。。。
今回はシャッタースピードを上げて、撮るつもりでした。

ハシブトガラ

シジュウカラ

ゴジュウカラ

ミヤマカケス

残念ながら、事前に決めた制限時間内に現れず。。。残念ですが、帰る時間です。

雪景色を楽しみながら鶴居へ

タンチョウを観察して

空港へ向かいます。

冬の北海道、休み無しの3本連続ガイドはなかなか疲れました(笑)
でも、お客さんの笑顔を見ていると、疲れは吹っ飛びます。解散したら、体は鉛のようになりますが。。。

このコロナ禍で、絶えずお仕事があるというのは非常に嬉しいことです。また、疲弊している北海道の観光業にも、多少は役に立てたと思っています。

このような感じで今後もガイドができたらと思っています。