知床流氷スイムと野生動物の野付半島

登山&アウトドアガイドの沖本です!

2021年の冬は、北海道を中心に案内してきました。本職は登山ガイドなのですが、登山系旅行会社の支店長を務めていた経験を生かして、いろんなアウトドア旅行のプランニングもしています。

2021年、冬の北海道は5組案内しました。その3組目。

コロナや緊急事態宣言が原因なのですが、計画後の飛行機の運休に悩まされる形になりました。でも、どこも観光客は少なく、今年の北海道はこれまでで一番良かったと思っています。

冬の知床の流氷を歩き、ドライスーツで泳いできました。お気に入りのアクティビティです。さらに野生動物の宝庫野付半島でたっぷりと動物を観察。夜はシマフクロウ、朝はシマエナガとたっぷり動物観察できました!

スポンサーリンク

冬の北海道アウトドア旅の日程

5日間の充実した日程です!
もともとは釧路空港と関西空港の直行便予定でしたが、運休になったので変更を余儀なくされました。

ここでは4〜5日目について記事にします。

前日までの記事はこちら

然別湖コタンと糠平湖畔スノーシュー
北海道の凍結した湖めぐり。然別湖では凍結した氷上に作られる冬季限定の然別湖コタン、糠平湖ではスノーシューを使ってタウシュベツ川橋梁の見学やアイスバブル、キノコ氷を楽しんできました!
摩周湖スノーシュー 奇跡の模様を見た
早朝の阿寒湖散策と摩周湖の外輪山をスノーシューで歩いてきました。摩周湖の結氷した湖面の模様は、非常に美しく不思議な模様になったいて、かなりの回数を案内したことのある自分でも初めてのものでした。
関西✈千歳空港=然別湖・泊
=糠平湖畔スノーシューハイキング=阿寒湖温泉・泊
=阿寒湖早朝散策=摩周湖スノーシューハイキング=知床ウトロ温泉・泊
=流氷ウォーク=野付半島動物ウォッチング=養老牛温泉・泊
=シマエナガ観察=回転寿司=釧路空港✈千歳空港✈関西

冬の知床の海で泳いできた

4日目の朝です。目が覚めると、流氷はちょっと遠くへ下がっていました。

せっかくなので、ドローンを飛ばしてどんな感じか撮影!

さて、流氷ウォークの開始です。ドライスーツへ着替えて準備OK 。ドライスーツなので、体は濡れることはありません!

車で少し移動して、氷上に!

こんなところを歩くのも楽しいけど、もっと楽しいことしたいですよね!

実は流氷の上を歩くよりも、流氷の海で泳ぐほうが絶対に楽しいんです(笑)

最初は恐る恐る。だんだんと慣れてきて!

マイ流氷を確保して、遊びます(^^)

ドライスーツなので沈まないし、寒くないし

メッチャ楽しかったですよ!

流氷の海は泳ぐに限ります!!!
あ、でもあんまり遊ばせてくれない業者やガイドもいるので、どこで遊ぶかはかなり重要です。
また、そのことは記事にしてみたいと思います。

流氷の上は1時間程度です。終われば、野付半島へ移動します。
お昼は、標津町でたっぷりイクラ丼!!!

野付半島サファリ

よほどの北海道マニアじゃないと知らない野付半島は、多くの動物が見られるお気に入りの場所。

「沖本さん、シカみたいんだけど大丈夫かな?」

「10000%見られます! 安心しててください!!」

なんて言い切れる場所です。

立派な角がトナカイのようにも見えます。また、背景の凍りついた野付湾が素敵だと思いませんか?

お尻の白いハート模様もかわいい!

そして、衝撃的なシカを見つけてしましました。。。

あ・あ・頭が2つ!! 他のシカの頭がくっついていますよ!!

目の前までやってきたので、かなり写真撮ったのですが。グロイ写真になってしまうので、詳しく別の記事を書いて見ようと思います。

オジロワシはとっても近くに

オオワシは悠々と羽ばたいて

ウユニ塩湖っぽいトリック写真も(笑)

あっという間に夕方になっちゃいました。

シマフクロウとシマエナガ

この旅最後の目的は、シマフクロウとシマエナガ。どちらも北海道にしかいない、バードウォッチャー憧れの鳥。

今回も比較的簡単に現れてくれました!!

時間はそれほど長くなかったですが、大満足!!

翌朝は、野鳥界のアイドル「シマエナガ」

動きが早いです!!

これだけ近くで見られたら満足間違いなし!

最後はお寿司屋さんでたっぷり食べて、釧路空港へ。

5日間のツアーも無事に終了しました!

私は釧路空港でレンタカーを乗り換えて、帯広に向かいました。
翌日は帯広発で別ツアーの案内スタートなのです。

冬の北海道 新婚旅行ガイド 前編
新婚旅行の案内をしてきました。これまで何組かのプランニングなんかはしてきましたが、実際に同行して案内するのは初めてです。人生の節目の大切な旅行に選んでいただいて、とっても嬉しかったです!