霧多布湿原の琵琶瀬川でサップ

登山&アウトドアガイドの沖本です。

2021年の夏は北海道でアウトドアを満喫しています。案内は大事ですが、自分が遊んで引き出しを増やす時間も大切です。
道東にある湿原、霧多布湿原の琵琶瀬川でサップをしてきました!

スポンサーリンク

霧多布湿原と琵琶瀬川

霧多布湿原は東北海道の浜中町にある、大きな湿原です。

釧路湿原と比べられたりしますが、規模は釧路湿原が大きいのですが、霧多布岬からの景色はとってもいいので、甲乙つけがたいです。ほとんどの方は一度だけ行くなら釧路湿原かと思いますが、海と湿原がセットになった霧多布もいいですよ!ラッコも見られますしね!

霧多布という漢字は、アイヌ語からの当て字なのですが、本当に霧たっぷりな事が多いです。この夏はラッコを撮ろうと思って3回も霧多布岬へ行ったのですが、霧が出て3連敗。それも霧多布湿原は霧が出ていなくて、岬の近くだけ。。。

霧多布湿原センターに行けば、親切にいろいろな情報を教えてくれます。

霧多布湿原の琵琶瀬川でサップ

霧多布湿原でカヌーやカヤックをするにはルールがあります。サップについて書いたものはありませんが、同じと考えましょう。

いろんな業者さんがカヌーツアーをしているようなので、彼らが来る前の静かな時間帯に行くことにします。
事前に霧多布湿原のセンターで、報告が必要なので、前日に済ませておきます。

この北海道の滞在中に購入したので、これが購入したサップのデビューになります!

最初は膝をついて出廷。見える景色はカヤックやカヌーと同じ。

そして立ってみます。あ、サップで湿原いいやん!!
周辺の植物よりも目線が高くなります。遠くまで見えるんです(笑) これは発見です。

写真はないけど、エゾジカと目があって、めっちゃ慌てて逃げていきました。

湖や普通の川だと目線を1m上げても景色はそんな変わらないけど、湿原だとその効果絶大でした。

とかしていると、あっという間に引き返すポイントへ。

曇っていたのは残念ですが、こればっかは仕方ないです。

鳥を見たりするのは圧倒的に風蓮湖がおすすめですが、ちょっと湿原を漕いでみたいなら、釧路湿原よりいいですね!

カヌーの業者さんが来る前に、終了です

霧多布から厚岸へ

サップの後、霧多布岬へ行ってみましたが、やっぱり霧(笑)

霧多布湿原のある浜中町は、ルパン三世の原作者「モンキー・パンチ」の出身地だそうです。浜中町のルパン三世の推しが半端ないです。
バスも印象的でしたが

強烈だったのはルパン三世Pay。町の支払いはルパン三世Payがお得とか!
詳しく写真撮りたかったけど、チラシが貼られていたのは自動扉(笑) 読もうとすると逃げていく!

北太平洋シーサイドラインを走って厚岸へ向かいます。途中のあやめヶ原で海を眺める。

厚岸周辺では厄介な外来種のオオハンゴウンソウが満開。知らないで見たら、きれい〜ってなるかもです。

お昼は厚岸の牡蠣づくし!

気温がどんどん下がり、なんと15℃。同じ頃札幌では30℃越え。Tシャツ&短パンスタイルの限界(笑)

温泉で温まり、コインランドリーで洗濯したり。
この夜は車中泊しました!