冬の北海道でアウトドアを楽しむ! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の北海道のイメージってどうですか?

寒い? 怖い? なんて声が聞こえてきますが、私自身は超おすすめのエリアです。
特に道東は、野生動物と流氷、凍てついた自然が最高に美しい!

思い切って、遊びに行ってみませんか? 依頼いただければご案内しますよ(^^)

流氷ウォーク

冬の道東がアウトドア好きに最高な5つの理由

厳しい寒さを楽しめる 素晴らしい北海道のインフラ

冬の道東は寒いです。でも、寒い時の自然が最も美しいと思っています。
私は幸いにも、過去に北極、南極という極地を旅する機会に恵まれました。
そこで思ったことは、冬の道東は世界に誇れる凄い自然を安価に安全に楽しめるインフラがあるということでした。これは行った事のある人間でないとわからないと思います。

北海道が日本にあってくれてありがとう!って思えます(^^)

厳しい自然環境を安全に楽しめるのは素晴らしいことです。もちろん冬になれば通行止めの道もありますが、殆どがしっかりと除雪されています。温泉があり美味しい食事の食べられる、快適な宿泊施設も至る所にあります。そしていくつも空港があり、移動時間も長くありません。

日本にいれば当たり前に思ってしまいますが、厳しい環境にありながら、安価に安全に快適に自然を楽しめるのは凄いことなのです。

オホーツク海を覆う流氷

流氷ってとっても珍しい現象です。アムール川と千島列島のおかげ。
この緯度で、安全に流氷を楽しめるのは、世界を探しても他にありません。

運に左右されることもありますが、氷がオホーツク海を覆う景色は圧巻です。
そして、その流氷を楽しむオーロラ号や流氷ウォーク等のアクティビティーも充実しています。

豊かな野生動物

冬場はヒグマこそ冬眠していますが、多くの野生動物を観察することができます。

特にオオワシやオジロワシ、シマフクロウ等の鳥類は迫力があり、多くの西洋人がバードウォッチングに訪れています。私もバードウォッチングのツアーを案内していたこともあり、多くの鳥類を観察してきました。ワクワクします。
オジロワシと国後島

厳しい寒さと変化に富んだ美しい自然

海外では寒いだけの場所はいっぱいあります。
しかし、どこも緯度が高く冬季は太陽が昇っている時間はとても短くなります。
あっという間に昼間が終わるので、アクティビティを楽しむ時間が短くなります。

海、湖、森、山がコンパクトにまとまり、変化に富んだ自然環境が楽しめます。
冷え込んだときにしか見られない自然現象も多くあります。

凍結した摩周湖

雪が多すぎず少なすぎず

道東の中でも多い少ないはありますが、平均して積雪は多くありません。

それは日本海側ではなくて、太平洋とオホーツク海に面しているからです。
雪が多すぎると、アウトドアでは遊びにくくなってしまします。かといって少なくても雰囲気がないし、面白くないですよね。
多すぎず、少なすぎずという絶妙の積雪なのが道東です。

冬の北海道の自然は厳しいですが、知識、経験のある人と一緒にフィールドに出てみましょう。絶対に楽しいと思います。

最近気になるのは、アクティビティを楽しんでいる大半が、外国人だということです。
怖がらずに外に出て思いっきり楽しんでみませんか?

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする