静寂の尾瀬を歩いてきた

尾瀬は10月の中旬が小屋じまい。
ミズバショウの時期が嘘みたいに静かになります。

紅葉は終わりに近くなりますが、登山者が少なく広さを感じることができる
私の好きな時期になります(^^)

静寂の尾瀬の日程

今回は上毛高原駅で集合です。
山頂には立たず、静かな尾瀬をのんびりと楽しみます(^^)

もう終わりという人もいますが、ホントにこの時期はいいですよ!
あんまり勧めて、登山者が増えても嫌だけど。。。

ー新幹線ー上毛高原駅=吹割の滝=戸倉
=鳩待峠…山ノ鼻…尾瀬ヶ原をのんびり散策…山ノ鼻小屋
…尾瀬ヶ原を散策…鳩待峠=金精峠=上毛高原ー新幹線ー仙台

吹割の滝

1日目は吹割の滝の軽いハイキング。東洋のナイアガラって呼ばれたりしますが、「〇〇の〇〇〇」という表現は嫌いです。。ぶっちゃけ、ナイアガラの滝と比べるなんて頭おかしいって思うくらい、規模や水量は違います。
比べなきゃいいのに。。地質的には面白い場所なのだから。

そして、過剰なほどの線が引っ張ってあって、近づけない。。。
もう少し日本にも自己責任というものが定着すればいいのだが。

静寂の尾瀬ヶ原

久しぶりにこの時期の尾瀬を歩きましたが、めっちゃ良かった(^^)
登山者が少なく、ゆっくり歩けるということはとっても重要!

鳩待峠から、山ノ鼻へゆっくり下ります。

この日は曇り空でしたが、時々差し込む光が森を照らすと美しく輝きます。

紅葉はほぼ終わりですがダケカンバの白い幹がきれいです。

1時間ほどで山ノ鼻に着き、宿泊に必要な荷物を置いて、尾瀬ヶ原へ。
ほんとに静か(^^)

人が歩いていないと、木道の長さや距離感がよくわかります。
奥の山は燧ヶ岳ですが、まだ雲がかかっています。

広葉樹の紅葉は終わりですが、カラマツの紅葉はこれから

池塘にはヒツジグサの葉が浮かび、こちらも色づいています。

この真っ直ぐじゃない木道が、自然の川の流れみたいでいいですね(^^)

のんびり龍宮まで歩いて、引き返します。燧ヶ岳が全部見えてきました!

葉の散ったダケカンバがいい感じです(^^)

晩秋の尾瀬を満喫できました!

尾瀬ヶ原から鳩待峠へ

あっという間の最終日
朝はかなり冷え込みました。

あと数日で尾瀬は小屋じまい。
至仏山がきれいに見えました!

ここのダケカンバの林が好き!

至仏山に登っても帰れるけど、リクエストがのんびり尾瀬だったので、あえて登らず。
でも登る登山者を見ると、いいなぁ〜と思ってしまう(^_^;)

こっちは、その分のんびりです!
寝っ転がって、逆さ燧ヶ岳(^^)

帰るのが惜しいような、いい天気の鳩待峠へ

最後は金精峠の紅葉を楽しんで上毛高原駅へ

のんびりと晩秋の尾瀬を楽しんでもらうことができました(^^)

私は大宮まで戻り、そこから仙台へ。次の案内へ向かいます。

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
関東
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一