三本杭登山 森の国ホテルと内子の古民家

久しぶりに三本杭へ登ってきました。
関西の旅行社。山旅人さんでの初めてのガイドです!
登山口の滑床渓谷までは時々キャニオニングに来ますが、
登山は久しぶり。宿泊は森の国ホテルとリッチなツアーでした。

森の国ホテル

山旅人 三本杭登山の日程

1日目 大阪=滑床渓谷・森の国ホテル
2日目 …万年橋…雪輪ノ滝…奥千畳…三本杭…御祝山…万年橋=ポッポ温泉=内子町
3日目 =小田深山渓谷散策=大阪

大阪から滑床渓谷へ

三本杭は四国の端っこの山の中。大阪からのアクセスはよくありません。
初日はどうしても移動日になってしまいます。

途中の松野駅で四国の新幹線を見学!
1日に数回しか通過しない貴重な汽車です(^^)

もちろん、記念写真!
新幹線
宿泊は滑床渓谷の森の国ホテル
森の国ホテル

上高地の帝国ホテルをかなり意識したホテルです。
雰囲気イイですよ!

お楽しみの夕食(^^)
本日のメニュー

宇和島の鯛のグリル

メインのお肉!

デザート

お部屋は上高地の帝国ホテルより広いし、全室WIFI完備!

滑床渓谷から三本杭登山

ホテルで美味しい朝ごはんをゆっくり食べて出発したいですが、
意外と三本杭は時間がかかるので、朝食時間前に出発。

万年橋から滑床渓谷沿いの登山道へ。
渓谷が美しい!

暖かい時期はここでキャニオニングができますよ!滑床渓谷

まずは雪輪の滝を目指します

滑床渓谷のシンボルは雪輪の滝雪輪の滝

千畳敷
千畳敷
奥千畳 紅葉もきれい!奥千畳敷

ここからは三本杭に向けての登りになります!
頑張れ(^^)

そして、三本杭へ
鹿ネットができて、山頂の緑が戻ってきた!
三本杭

下山は御祝山経由で滑床渓谷へ
落ち葉の道は気持ちいい(^^)

シャクナゲの森を歩きます。
花の位置に楓が落ちていて、一瞬花が咲いているかのような錯覚に

御祝山 縁起がいい名前だね!
御祝山

この先はちょっと道がわかりにくいので、個人で行く方は注意してください!
無事下山して、ポッポ温泉へ入浴。
その後は内子の古民家へ。

内子町はかつて木蝋の生産地として栄え、今も当時の面影を残す町並みが有名。
今回はその雰囲気の残る古民家で宿泊します。

中には囲炉裏の残る居間があり、囲炉裏の前で食事をいただけます。

決して派手な料理ではありませんが、美味しいお料理です。
一品一品、地元の食材を丁寧に料理しています(^^)
森の国ホテルとは全く趣向が違いますが、それがイイ!
下の写真はスタートで、この後多くのお料理が運ばれてきました。

翌日は紅葉の小田深山渓谷を歩きました。

小田深山渓谷

自分で企画しといていうのも変ですが、めっちゃいい企画でした。
アルプスの企画と違い、こういう企画はとっても難しい(^_^;)

大人数ではいけない宿やレストランをもっと勉強しまいといけないなぁ。

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
四国
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一