岡山発エーデルワイス航空で行く スイスハイキング

岡山空港発のエーデルワイス航空チャーター便で行くスイスハイキング
前回のツアーからそのままチューリッヒに残り、お客様を案内します。

9/7
チューリッヒの空港でお客様を待ちます。
エーデルワイス航空が1時間以上遅れて到着。理由が帰路で1名お客さんが少なくて混乱したとか・・・。それって自分のこと? 基本チャーター便は往路と復路の乗客の数は同じですからね。多少遅れても私達は空港近くのホテルなので問題ない!

9/8
行程は前回のハイキングとほぼ同じ
電車でツェルマットへ移動です。

2階建て車両の2階へ乗車

今や日本には殆ど無いレストランカーへ

さっそく始まりました(*^^*)

トゥーン湖

お昼前にツェルマットへ。
そしてお昼ごはんは贅沢にスネガへ登ってレストランで!

この後はツェルマットの街を散策。

9/9
ロートホルンからハイキング
天気いいぞ(^^)

写真を撮るのにお気に入りの場所

岩登り風写真(^^)

飛んでます!

最高です!

フィンデル氷河

お昼はフリューアルプ小屋
今回はバジルソースと松の実パスタ  美味しい~!!

全員マッターホルンビュー!!!
至福の時間

名残惜しいが、小屋を後にして下ります

下山後はお気に入りのワイン&ハム屋さんで格安反省会(^^)

9/10
朝一でこのひとだかり!何でしょう?

この写真を撮る人たちです。
この時期でこの混み方。ピーク期はすごいですよ。

この日はまずクラインマッターホルンへ。
完璧な青空とマッターホルン&モンブラン

遠くに見えるのがモンブランです!
いつかここを一周しましょうね(^^)

ブライトホルン

氷河の奥にツェルマットを見下ろします。

なんと、今年はずっと工事で閉鎖されていた展望台がオープン!!
今回のお客様はラッキー!

もっと早くオープンしてくれてたら・・・。

ロープウェイで下り、マッターホルングレイシャートレイルへ!

日本人は皆無です

マッターホルンへ向かって歩きます! 最高の天気(^^)

ここが氷河の末端。

お昼もここで! 生ハムメロン(^^)

昼寝ポイント  こんな時間を大切にしたい(^^)

直下まで来ました!

だんだん、見慣れた角度になります

目の前にはモンテローザとゴルナーグラード
実はこの後、ゴルナーグラードまで行きます。

ハイキングのゴール、シュバルツゼー。
今日は最高に良かった(^^)

そして、ツェルマット下り、登山電車でゴルナーグラードへ。
今夜のお泊りは、クルムホテル(^^) いいでしょ!
昼間は観光客でごった返しますが、静かです。

夕日がマッターホルンへ! まさにダイヤモンドマッターホルン
まぶしすぎるのでサングラス越しに撮影!

夕食レストラン

窓からはモンテローザが

途中から写真取るの忘れた・・・。

暮れゆくマッターホルン

ブライトホルンとさそり座

ホテル裏の展望台から コンパクトデジカメの限界です。

月に照らされる

いい1日でした(*^_^*)

9/11
朝から忙しい!

この窓からの景色です

一眼レフを持って行きたかった・・・。

早めにハイキングに

それは逆さマッターホルンのため!!

電車が登ってきた シャッターチャンス(^^)

お気に入りの場所で撮影!

間に合った!!!

この後、すぐに風が出てきた。間に合ってよかった。

100点満点のツェルマットでした!

そして、グリンデルワルトへ移動。
天気がいいので、ウェンゲンへ行き更にロープウェイでメンリッヘンへ。

ベルナー・オーバーラント三山がくっきり
左からアイガー・メンヒ・ユングフラウ

グリンデルワルト

9/12
今回も始発の電車でユングフラウヨッホへ

真っ先にスフィンクス展望台へ登り、景色を楽しみます。
あれ?アレッチ氷河の写真撮り忘れ・・・。
慣れ過ぎもよくない。

天気いいのでメンヒヨッホ小屋まで歩きましょう!!

簡単そうに見えて、簡単です。ただ空気が薄いだけ。

見えてきた!

小屋からの景色!

クライネシャイデックからアイガー北壁

グリンデルワルトからアイガー北壁

9/13
電車でチューリッヒへ。

今年最後、5本目のスイスのツアーは無事終了。おつかれ様でした!

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
ヨーロッパ
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一