ツール・ド・モンブランを歩いてきた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーロッパアルプスの最高峰
モンブランをぐるっと一周するツール・ド・モンブランを歩いてきました。

ツール・ド・モンブランとは

ヨーロッパの3大トレイルはこのツール・ド・モンブランとツール・ド・モンテローザそしてハイキングオートルート。もちろんこの全てを歩いたことがありますが、最も簡単なのがこのツールドモンブラン、略してツルモンです。

ツール・ド・モンブラン(Tour du Mont Blanc)は、ヨーロッパアルプスの最高峰モンブランの周りにあるトレッキングコースで、フランス、イタリア、スイスの3カ国を約170kmにわたって歩くコースです。しかし、まともに歩くと2週間ほどかかるので、日本からはいいとこ取りをして、ポイント以外は車で移動することが多いです。

このコースのトレランのレースはUTMB(Ultra-Trail du Mont-Blanc)と呼ばれ、169.4km 累積標高差9,889m になります。

ツールドモンブラン ツアーの日程

今回は岡山から出発です。全員過去にスイスとカナダにご一緒したことがあるお客さんなので、ラクチンです!ツアーの看板など不要!お互い顔を見ればわかる関係。UTMBの関係で出発は8月の下旬でした。
岡山✈ソウル✈チューリッヒ
チューリッヒ=シャモニー観光
=ノートルダムゴルジュ(1210m)…ボンノム峠(2329m)…ボンノム小屋(2433m) 
…シャピュー(1549m)=グラシエ…モテ小屋(1870m) 
…セイニュ峠(2516m)…ヴィサイユ(1770m)=クールマイヨール 
=アルヌーバー(1789m)…フェレ峠(2531m)…フェレ(1700m)=シャンペ 
=ポイティ(1326m)…バルム峠(2191m)…ル・ツール(1479m)=ヴァロシン
=モンテ峠(1461m)…フレジェール(1210m)=シャモニ
シャモニー観光 
 =チューリッヒ✈
✈ソウル✈岡山

岡山からシャモニーへ

大韓航空でソウルを経由してチューリッヒへ。
もっと地方から成田便を増やさないと、こうやって他の国を経由して行くことになってしまいます。悔しいですが乗り継ぎの利便性を考えると羽田と成田のリムジンバスは圧倒的に不便です。
 
最近は成田よりも行く回数が多いチューリッヒ国際空港
 
ここの電車の手すりは挑戦的です。日本人には届かない??
初日は空港近くのホテルに泊まって終了です!
 
翌日は車でシャモニーへ
 
チーズで有名なグリエールで休憩
スイスの牛は派手ですね・・・(^_^;) 
お昼にはシャモニーへ到着!
天気が良くて暑いです。こんなに天気がいいと、じっとしておくのは勿体無い。
 モンブランバーガー??を食べて、ロープウェイで観光へ行くことにしました。

 エギーユ・デュ・ミディ展望台

目指す展望台はエギーユ・デュ・ミディ。舌を噛みそうな名前です。
しかし、富士山より高い3842m!展望は素晴らしいですが、高山病に注意。
正直、着いたばかりなので、あんまりおすすめの行動パターンではありません。
しかし、天気予報を見ての判断。結果的にはベストでした!
素晴らしい天気&展望!呼吸に気をつけながら、ゆっくり行動し景色を楽しみます。
 歩いている人がいます。あ〜あそこへ行きたいと思ってしまう。
天気はいいですが、気温は低い。
奥の白いのがモンブラン
マッターホルンをイメージするのは簡単ですが、モンブランをイメージするとケーキが出てくる方が多いのではないでしょうか?実際のモンブランはこんな感じ。標高は高いのですが、尖っていなくてなだらかな感じがしますね
グランドジョラスも
 
順調なスタートです!

ツールドモンブランを歩く

ノートルダムゴルジュからボンノム小屋

一番しんどいのがこの初日。スタートはノートルダムゴルジュの教会から

しばらく歩くとローマ時代から残る橋を渡り、草原の道へ

 天気も良くて気持ちいい!最高です。
草原の次はボンノム峠への登り。頑張りましょう!
今年は雪が多かったので、この時期にしては高山植物が多く残りラッキー!
峠を超えたら羊がいっぱい(^^)
もう少し!さすがに疲れましたね。
ボンノム小屋に到着です!お疲れ様でした。  
歩いた後のビールは美味い!!!!

ボンノム小屋からモテ小屋

まずはモンブランを眺める展望ポイントへ空身でピストン。
空身でピストン・・・大好きな言葉です (^o^)     いい天気でした!
一番西から眺めるモンブラン! 最高です(^^) 
今回の客さんはキレイに等間隔で歩くので影がキレイです
小屋に戻り、荷物をピックアップしシャピューへ下ります
歩きやすい快適な道です
お腹がすきました!!ということでピクニックランチ!
美味しそうでしょ(^^) 美味しくないわけないですよね。

ワイン飲みたい(*^_^*) 

生ハムメロン 

この日の宿はモテ小屋
この地域で作られるブッフォートチーズは美味しいです!
今日もビールがうまい!

モテ小屋からクールマイユール

国境を超えてイタリアへ! 

ちなみにモテ小屋の周りは牧場
風向きによっては、深呼吸をすると爽やかに牛の匂いが・・・・

国境のセイニュ峠を目指します。天気予報ではこの日は良くなかったのですが 

国境が見えてきた(^^)
初めての徒歩での国境越え!!!!!
でもこれだけです・・・。本当にこれだけです。石にはフランスのFとイタリアのIのみ
パスポートも不要、ほとんど日本の県境越的な感覚

 お昼はエリザベッタ小屋でピクニックランチ

氷河を眺めながら、カプチーノ 

曇ってきたのでフィルターを使って撮影してみました
なんだかロード・オブ・ザ・リングのような雰囲気??
谷には花がいっぱい!この時期でもあるんですねぇ〜!

 ここで終了!

宿泊はクールマイヨールのホテル
おしゃれでした!でも部屋の写真は撮り忘れ・・・。
夕食は美味しいピザとビール!でも写真は撮り忘れ・・・。

乾燥ポルチーニとハムがいっぱい売ってる(^^) 欲しいなぁ・・・。

ツールドモンブラン4日目

滝川クリステルがお・も・て・な・し ってやって、
見事に東京オリンピックをゲットしたとのニュースが入りました!!
でもこの日は・・・ダメでした
天気予報が当たってしまった
 
朝食のグラスに何故かドラえもんが(^^) 癒されます

虹が出ています

 
しかし・・・今回はじめてのレインウェア
エレーナ小屋で休憩
そのうち小降りに(^^)
 
スイスへの国境越え! 寒かった〜!
 お昼のハム、今日も美味しいです!
 宿泊はシャンペ ご飯美味しかった(^^)
ワインに合います! 

シャンペからヴァロシン

また国境を越えてフランスへ戻ります
この日はいい天気になりました!
 
快調です!まだ何日でも歩けそうなくらい!
国境見えました!!!!! 
モンブランも見えましたぁ!!!!
最後の国境越え!
この角度になると戻ってきたって感じがする!
いいですね〜 まさにツールドモンブランって感じ
もう秋の雰囲気が漂っています 静か

もう少しで下山です 

ナナカマドの実が見事に色づいています 
この氷河もずいぶん後退したなぁ・・・


ツールドモンブラン最後の宿泊地 アルジャンティエール
美しい小さな村でした

ヴァロシンからシャモニー

天気予報は悪くなかったのに、まさかのガス・ガス・ガス・・・
ラックブランからのモンブラン見せてあげたかった 悔しい
時々青空になるも
またガスがやってくる

とうとう最後の登り!

ロープーウェイでシャモニーへ下ります
一周しましたねぇ(^^)

最後はガイドさんと一緒に! 今年は黄緑が流行り???

 さて打ち上げの夕食は久々の日本食へ行きましょう!! シャモニーのSATSUKIです。
ほっとしますねぇ(^^) 
モンブランビールは白ビール
久しぶりのお米(^^) 

シャモニー・モンタンベール観光

最後の日は登山電車でモンタンベールへ

尖った山はドリュ

フィルタを使って撮ると、ファンタジー映画の最後の敵がいそうな雰囲気?

 ラスボス感半端ない!

メールドグラスとグランドジョラス 
う〜ん いい写真だ ついでに文字も入れてみた
 次は氷河の中に入ってみよう!
ゴンドラで氷河に近づきます。スイスのユングフラウヨッホやクラインマッターホルン、ミッテルアラリンは山頂部の氷河に入れますが、ここは末端部。後退の影響をモロにうけています。作った時からどんどん氷河が小さくなり、ゴンドラを下りてからも階段が続きます。
 来るたびに長くなる階段
この青い色がたまりません!しかし、この状況を見ると、氷河に入れる喜びより後退していく不安のほうが大きい。入れるのはあと数年じゃないでしょうか?
 
ちなみに10年ほど前は右の看板まで氷河がありました
この写真は9年前に撮ったもの 
今年の写真と比べてみましょう 
下山したら買い物ツアー!!
 
ブッフォートチーズにトーマチーズ
静かなシャモニーをのんびりと過ごしました
チューリッヒへ向い帰国です!
2週間ぶりに帰って最初にすることはおみやげオープン!
今回のおみやげはチーズ5種類とイタリアのバリラのパスタ&ソース
ハイキングよりはしんどいけど、充実感のあるコースでしたね!

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする