コッツウォルズのフットパスを歩く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イギリスのコッツウォルズにある、美しい村々を結んでいる、フットパスを80km歩いてきました。
フットパスとは「フットパス」とは、イギリスを発祥とする『森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くことができる、公共の道のことです。
コッツウォルズ フットパスのキンポウゲ
コッツウォルズ フットパスのキンポウゲ

コッツウォルズのフットパスを歩く日程

1日目 日本発 エミレーツ航空でドバイへ
2日目 ドバイーヒースロー=ロンドンパディントン駅=モートンインマーシュ
3日目 …ストーオンザウォルド…ローアースローター…ボートンオンザウォーター
4日目 …ギティングパワー…スードリー城…ウィンクチーム
5日目 …スタントン…ブロードウェイ
6日目 …ブロードウェイタワー…チッピングカムデン…モートンインマーシュ
7日目 ーロンドンパディントン駅=ロンドン観光
8日目 ーヒースロー空港ードバイ
9日目  ー日本着

コッツウォルズのフットパス 旅日記

コッツウォルズのモートン・イン・マーシュへ

久しぶりのエミレーツ航空。相変わらず、機体は新しく、快適な空の旅。エミレーツ航空
 ネットにも接続できます。容量制限はあるけど、無料です!
但し、中国上空ではネット接続できません。空でも自由に接続できないとは面倒な国だ。
中国上空ではこのような画面に・・・。
相変わらず、ドバイは混雑。活気あるなぁ。
エミレーツ航空の機内食は欧米系とは比較にならない!
ラムの機内食、うまい!
ロンドンへはエミレーツ航空の1便で世界最大のA380が運航。
エアバスのA380は2階建の飛行機で、日本の航空会社はまだ所有していません。
ロンドンのヒースロー空港に到着すると、ヒースローエクスプレスでロンドンのパディントン駅へ。高いけど、速いです!
パディントン駅で乗り換えてパディントン駅
コッツウォルズのモートン・イン・マーシュ駅へ。

途中、あの大学で有名なオックスフォードを通過します。

間もなく、のどかな風景が広がります。

今回は移動も食事も自分で現地手配。
悪く言うと決まっていないし、よく言うと臨機応変に対応できる。
鉄道の移動は、ちょっと大変ですが、バス移動に比べてその国の様子がわかるので、楽しい!
写真を見ればわかりますが、この鉄道は電化していません。
これから日立がイギリスでいっぱい車両を作るそうです。

コッツウォルズ

イギリス人の心のふるさとともいわれる、ロンドン北西部にある丘陵地帯
特別自然美観地域に指定されています。元々は羊毛業で栄えますが、産業革命とともに衰退し、貧しい地域となります。そのため、建物などを更新できず、かつての雰囲気の残る地域となりました。

モートン・イン・マーシュの宿はマナーハウスホテル。

マナーハウスとは、中世ヨーロッパにおける荘園(マナー)において、地主たる荘園領主が建設した邸宅で、現在は宿泊施設になっているものが多くあります。
部屋のベットにはテディベアが
男が一人で泊まるには、可愛すぎる(^^;;
 女性はこういうの大好きだろうなぁ(^ ^)
ホテルのインテリアも庭も美しい。
 ホテルの外観
 少し町を散歩。
夕食はパブを予約。
イギリスにはいろんな地ビールがあるので、それも楽しめます!
この日はラムシャンク
美味しいけど量が多い!

 モートン・イン・マーシュからボートン・オン・ザ・ウォーターへ

朝食はエッグベネディクトを選択。
イギリスの朝ごはんは豪華ですよ!
 4日間かけて、このコッツウォルズのフットパスを約80km歩き、
このモートンインマーシュへ戻ってきます。
コッツウォルズには山はなく、なだらかな丘があるだけです。
まるで北海道の美瑛や富良野のような景色が広がります。
スタートです!

このような目印があちこちにあります。

菜の花が満開でとってもきれい

更に、キンポウゲも満開。
同じ黄色でも、色は若干違います。
至る所に、動物が移動できないようにするゲートがあります。
進む目印は「これ」
道は畑や牧草地、住宅地など様々

どの家も同じような作りで、景観に統一感があります。

気になった看板(^ ^)

 ロングボローの街
森を抜ける道も美しい
翌日は雨予報だったので、初日に記念撮影!

お昼のストウ・オン・ザ・ウォルド

イギリスといえばフィッシュ・アンド・チップス
お酢をかけるとさっぱり味になります。黒ビールとともに(^ ^)
 しっかり食べて、午後も歩きますよ!

牧場の中にもフットパスは設けられています

360°カメラのthetaで撮影

あまり踏まれていないフィットパス

いろんな道があるのがわかります

水路の美しい、ローアー・スローター

オールド・ミル・ミュージアムは水車があります

 ここのカフェでのんびり(^ ^)

アイスクリームも美味しいですよ! ちなみにこれは、ラムレーズン

そして、ボートン・オン・ザ・ウォーターへ
この日の歩行距離19kmでした!!

水路の美しい村、ここは観光客が多くいました。
でも、夕方にはほとんどが帰ってしまい、静かに(^ ^)

夕食はシュリンプカクテルと

ミートパイ&マッシュポテト

ボートンオンザウォーターからウィンクチームへ

ボリューム満点、トラディショナル・イングリッシュ・ブレークファースト!

天気予報通りの雨で始まりました。

でもすぐに雨は上がり(^ ^)
青空が広がってきました

菜の花の畑が、眼前に広がります

こういう時はthetaカメラの出番
真上から

花畑の中に自撮り棒を突き出してみた

家の写真を伸ばすとこんな感じ

お昼のギティング・パワーはすぐそこ

 パブでサンドイッチを

ローストビーフサンドをチョイス!

 午後は、スードリー城を目指します
可愛らしい、卵の良心市

雨が降ってきた・・・

すぐに晴れた・・・

サクラソウ

キジ

また雨に・・・

そして、シュドリー城へ
有名なヘンリー8世のゆかりのあるお城です。

また晴れた(^ ^)

お城の教会

ステンドグラス

立派なお城に立ち寄り、ウィンクチームへ

 この日は21km歩きました。
この日のビールと

メインのお肉(^ ^)

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする