古座川カヤック(カヌー) 一枚岩から河口まで川下り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古座川を一枚岩から河口まで漕いできました!

カヤックで川下りといえば、プライベートの遊びのようですが、今回はツアーです。
仕事ですよ〜!

古座川カヤック(カヌー)の日程

大阪から1泊2日のコンパクトな日程です。

1日目 大阪=古座観光協会=一枚岩~カヤック~小川合流点=ぼたん荘 ぼたん荘
2日目 ぼたん荘=小川合流点~カヤック~河口=温泉=大阪

古座川カヤック(カヌー)

大阪から古座川町までは、高速の延伸で近くなりました。
昨年までなら、このツアー作ろうとは思わない。

JR古座駅に併設する、古座観光協会で、ヘルメットとライフジャケットを合わせます。
ライフジャケットはモンベルのフリーダムなので、私の私物と同じ!
一枚岩道の駅で昼食をとり、食後から漕ぎ始めます。

観光協会のカヤックレクチャーは非常に簡単なもの。。。
これで事故がないのが不思議だなぁと思うほど。

お昼のメニューは郷土料理のうずみ膳
おいしいけど、お腹いっぱいにはならないね。。。
うずみ膳

一枚岩から明神橋

一枚岩からスタート!
楽しみですね〜(^^)
一枚岩

最初は上手にできなくて、当たり前!
コントロールに苦労します。

一枚岩の前の古座川は、透明度が高くありません。
川を下るにつれ、透明度が高くなる珍しい川です。

みんな、どれくらい漕ぐの??
目的地まで何時間??

って質問してきますが、カヤックではきちんと答えるのが難しい。。。
水量が少ないと、流れも遅い。
上手に漕げないと、蛇行ばかりしてかなりの距離を漕ぐことに。
向かい風と追い風も。。。

山のように時間を読むのは難しいです。

清流を下る

恐る恐る流れに乗りましたが、なれてくると楽しくなります(^^)

少し流れの早い瀬も楽しい!

最大の難所??
立合の瀬もクリア(^^)
8割が沈するなんて、観光協会の方、脅しすぎでしょ!古座川 立合の瀬

瀬が怖い方の為に、ちゃんと迂回の水路がありました。

透明度が上がってきたようなきがするね〜
慣れて、上手になってきた!
古座川 カヌー

山は登山口が易しくて、山頂に近づくにつれ難しくなる事が多いが、
川はスタートが最も難しく、下るにつれ流れが穏やかで易しくなる事が多い。

私の田舎、高知の西部では沈下橋と呼びますが、古座川では潜水橋と呼びます。古座川 潜水橋

支流の小川との合流ポイントで、1日目は終了!
翌日はここから再スタート。

ぼたん荘

宿泊は南紀月の瀬温泉ぼたん荘
古座川が目の前です。

この日は私達の貸し切りでした(^^)
食事がとっても美味しい!
なんと施設の写真は1枚も無いのですが、食事の写真はあります(^_^;)
もちろん施設はとってもきれいで、雰囲気いいです。

シマアジの刺し身

タチウオのくるくる巻

鹿肉のジビエ料理
鹿肉のジビエ

朝は鮎の一夜干しなど

満足のお宿でした!

明神橋から河口

前日のゴール地点から漕ぎ始めます。

支流の小川は圧倒的な透明度だけど、水量がない。
この水量ではカヤックは無理。。。

本流に合流し、漕ぎ始めます。

上手になりました! 全員同じ方向を向いています(^^)

小川と合流した古座川はさらに透明度が上がります。

泳ぐにはまだちょっと早いけど、飛び込み岩に登る

男性陣は飛び込みました! もちろん私も!

川幅が広くなり、やや向かい風

ちょっと頑張って漕ぎました。
これまでと違い、のんびりしてると、全く進みません。

古座川の河口には3つの橋がかかっていますが、1つ目を越えたポイントがゴール!
お疲れ様でした(^^) 頑張りましたね!

河原でお弁当を食べて、温泉にゆっくり入り

小川上流の滝の拝を見学し、大阪へ。滝の拝

鮎がいっぱい泳いでいました。

古座川は6/1が鮎釣りの解禁。
以後はカヤックをレンタルして川下りできる範囲がかなり狭くなります。
鮎釣り解禁前の5/30〜31のツアーでした。

古座川の過去のブログ

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする