古座川&小川 カヤック&キャンプ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大好きな古座川のカヤックを案内してきました!

日本の美しい川をカヤックやカヌーで楽しみたいなら、この5月が絶対のおすすめです。
理由は6月になると鮎釣りが始まるから。カヤックで川を下って楽しい川ほど、いい川なので鮎も多い。

ということは、釣り客も多いということになります。

古座川は和歌山県の南部、串本近くの川です。きれいな水と広い河原があり、キャンプも楽しめます。

古座川 小川カヤック

古座川&小川カヤック日程

本来は2日目に小川の予定でしたが、天気が悪かったので3日目と入れ替えました。
これが旅行会社のツアーではできない、ガイドツアーのいい所(^_^)

1日目 古座駅集合=古座川カヤック 一枚岩〜カヤック〜明神橋=温泉=キャンプ地
2日目 キャンプ地=太地町立くじらの博物館=滝の拝=ぼたん荘
3日目 小川カヤック 瑞庄〜柿太郎の廻り〜山手=解散

古座川カヤック 一枚岩から明神橋

お客様とキャンプをするということで、私は前日から古座川へ入り準備や買い出しです。
事前にテントを設営したり、薪を用意したり。

とっても大きいテントを準備したので、前夜は1人で広く使い、贅沢なキャンプを楽しみました(^^)

お客様と合流して、出発は有名な一枚岩から。

ヘルメットも装備して、完璧な装備で川下り。

古座川は下流に行って、支流の小川に合流してからのほうが透明度が上がります。
この日は水量はそこそこありましたが、風がとっても強くて大変でした。

カヤックがはじめての方もいます(^^)

レンタルされる一人乗りのカヤックが昨年までの赤いのから新しいのに変わっていて、安定感が無くなりました。。。沈しやすく、水も抜きにくい。気をつけて漕ぎましょう!

向かい風では、頑張らないと押し戻されます!

川は貸し切り状態で、気持ちいいです!

明神橋でゴールして、お客様が温泉へ行っている間に、夕食の準備です。

1人で準備するキャンプの限界にチャレンジ!

炭を使って、鉄板を楽しみます。いいお肉も準備しました(^^)

焚き火を囲んで、楽しい時間は過ぎていきました。 

翌日は雨なので、小川の予定を変更して観光へ。

古座川から近くの太地町にある、くじらの博物館へ。
クジラ漁のことや、オキゴンドウなどのショーを楽しみ、

翌日漕ぐ予定の小川の滝の拝を見学。

宿泊は古座川沿いのぼたん荘を貸し切りで!

鹿肉のジビエも楽しみました

古座川支流 小川カヤック

古座川の次はの支流である、小川へ。

滝の拝からスタートしたいのですが、ここからはレンタルの船では不可なので、柿太郎の廻しの手前の瑞庄から。

この川の透明感は、カヤックできる川とすれば圧倒的!

四万十川の支流、黒尊川と並ぶ美しさ。

難点は、水量が少ないこと。

最高です!

まるで宙に浮いているよう!

人工物のない柿太郎の廻りは大好き!
そのかわり、携帯は圏外でレスキューは困難なので、初心者は自粛したほうがいいです。

前日と日を入れ替えてよかった!
素晴らしい天気に恵まれて、古座川支流の小川カヤック終了です!

またどこかでキャンプ&カヤックしたいですね(*^_^*)

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする