瀞峡をカヤック(カヌー)で下る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南紀の川をリバーツーリング!

山のガイドなのに最近は水辺にいることが多いような・・・(^_^;)

瀞峡は奈良・和歌山・三重の県境にある巨岩の絶壁に囲まれた渓谷。
絶景が楽しめる、まさに秘境中の秘境!

金曜日の夜に友達と飲んでいて
土曜日からカヤックに行こう!!ってなり、
急遽、5月に座間味へ行ったメンバーに募集(^^)

5人が集まり、夜中に出発。車2台でスタートの瀞峡へ。
遠いなぁ~。

瀞峡で仮眠をして、明るくなると準備開始。
今回は1人1台のカヤックがあります。贅沢!

鄙びた感じが、秘境の雰囲気を盛り上げます!
瀞ホテルには宿泊者はいません。
昼の間だけカフェとして営業しているようです。

カヤックを河原まで降ろして、空気を入れます。
インフレータブルカヤックでよかったと思う。
階段大変です。

カヤックとカヌーの違いはダブルブレードパドルかシングルブレードパドルを使うかに違い。シングルブレードはカヌー。
日本の川を下っているのは、ほとんどカヤックです。

時々、アカショウビンの声が響く。
無人の河原

荷物を持って、河原へ降りるのは結構大変!

5台分も空気を入れると、腰が痛くなってくる(^_^;)

今回はセビラー3台、アクアグライド2台
最近大活躍のカヤックです。

早朝は静かだけど、そのうち熊野川からウォータージェット船がやってくる・・・。
そうなると、この雰囲気は台無しになるので、
瀞峡をのんびり満喫するには、早朝発を強く勧めます。

メンバーのうち2名はこの川が初めての川下り
贅沢〜(^_^)
ここはカッヤカーの憧れの川!

少し、上瀞方面へ
上流へ漕ぎ上がってみる

鳥の鳴き声とパドルが水を掻く音だけが聞こえる

雰囲気あるなぁ(^^)
あの吊橋の上から写真とってもらいたい・・・。

瀞峡の吊橋

Gopro HERO3で撮影 やっぱり黄色っぽくなる・・・。4が欲しい。

そして、いよいよ、瀞峡へ!

少し雨が降ってきた・・・。
川面にほんの少しだけど波が立ち、鏡にならない。
ちょっと残念。

みんなには漕いでもらい、
岩に登って撮影

メッチャ凄い川を下っている印象(^^)
絶景です!

瀞峡をカヤックで下る

絶壁に囲まれた川は素晴らしい景色!
話し声が静寂に反射する。

瀞峡をカヤックで下る

こんな所にウォータージェット船が来たら、爆音がこだまして、雰囲気ぶち壊しです。
朝にかぎる(^^)
この瀞峡を最も楽しめるのは、カヤックであることは間違いないと思います。

瀞峡をカヤックで下る

中国の桂林ぽい感じ??

瀞峡をカヤックで下る

気持いいね(^^)

瀞峡を抜けて、普通の川下り。
この川の瀬は、船が揺れる程度なので、初心者でも安心!
しかもウォータージェット船のために、ある程度の水深があります。

この自然に似合わない爆音を撒き散らしながら、ウォータージェット船がやって来た。
避けろ、避けろ・・・。

透明度とリフレクションが素晴らしい!

北山川をカヤックで下る

自撮り棒を使うと雰囲気がよく分かる!

北山川をカヤックで下る

この日は他のカヤッカーに会うことはありませんでした。

夏なら泳ぎたいねぇ(^^)

上流にダムがあるにしては、なかなかの透明度!

のんびり下っているようで、意外と川の流れは速い!

 今回のゴールは、ウォータージェット船乗り場
よく考えると、車を回送しているので、どこの川でも良かったのに(^^)
これまで家族で車1台で川下りしていた思考回路のままでした。反省。

十津川と合流して熊野川になり水量は倍に!
流れも強くなり、一気にゴールへ!

船乗り場のゴールに到着!
思ったより時間がかかり、お腹が空きました!

この後は温泉に入って帰路へ!
次はどこの川に行こうかなぁ〜(^^)

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする