奄美大島&加計呂麻島 離島の旅

登山&アウトドアガイドの沖本です!!

2021年のGW明けは、奄美大島と加計呂麻島へ行ってきました。天気が良くなかったGWの天気の影響で、例年よりかなり早く梅雨入りしちゃって、天気が悪い日もありました。それでも、変化に富んだ楽しい企画を考えて遊んできました!

スポンサーリンク

奄美&加計呂麻島の日程

伊丹空港✈奄美空港=田中一村美術館=ハートロック=奄美自然観察の森=名瀬
=宮古崎=お気に入りの森=マングローブカヤック=名瀬
=古仁屋港〜加計呂麻島=西阿室=於斉=徳浜=諸屯
=加計呂麻島〜古仁屋港=笠利
=あやまる岬=奄美空港✈伊丹空港

前半はアクティブに、後半はのんびりした企画です。奄美の北から南の離島である加計呂麻島まで、充実の内容。
宿泊は、前半はビジネスホテル、後半は古民家を貸し切りました。

いわゆる、旅行会社のツアーでは真似できないと思います。
最近、このブログの旅の内容が、某旅行社によくパクられるのですが、これは真似できんでしょう(笑)

奄美&加計呂麻 離島の旅

奄美大島巡り

奄美大島にはいろんな行き方がありますが、直行便はJALとピーチのみ。ピーチが欠航しちゃったので、JALで奄美大島へ。
最近は関空ばかり使っていたので、きれいになった伊丹空港にびっくりしました(笑)

お客様のリクエストで、田中一村の美術館へ。どこか悲しそうな画に見えるのですが、日本のゴーギャンと呼ばれています。この方の画が奄美大島の印象に大きな影響を与えていると思います。
素晴らしい美術館ですよ! 写真は撮影しちゃいけないので掲載できませんが。田中一村美術館

鶏飯などのランチの後、ハートロックへ。
ハートロックはハートの岩よりも海岸へ出る森の道のほうが個人的には好きです。
アダン

奄美自然観察の森へ行きますが、一部が事前の案内もなくコロナで閉鎖に。。。ホントにセンスのない行政の仕事には苦笑いです。
こんな所で密になる訳なんてないやん。 みんなが納得のできるコロナ対策をしてくれれば、我慢していろいろ守れるんだろうけど。つじつま合わせみたいなことばかりすると、こんなの守れるかってなっちゃうよ。

夕食はいつも行く、郷土料理店で!
味噌で食べる刺し身

安定の美味しさですが、お店は20:00まで。ま、アルコールが飲めるのでよしとしますか。
奄美 郷土料理

翌日は、大河ドラマの西郷どんのオープニングロケ地になったらしい(見ていないので。。。)、宮古崎へ。
とにかく、海が綺麗です。そして、高い所から見下ろせるので、なおさらキレイ。

しばらく歩くと、森から笹原へ

梅雨入りしちゃったけど、いい天気で良かったです。

ドローンを飛ばしてみると、感動の景色が
宮古崎

宮古崎 奄美 空撮

次はお気に入りの森へ。

この森は、ホントにお気に入りです。場所は秘密ということで。
オオタニワタリの森

最後は、マングローブカヤック!
このメンバーはカヤックに慣れているので、楽勝です(笑)
奄美 マングローブ

干潮から、満ちてくる時を狙ったので、上陸してドローンが使えました!

お気に入りの水路に海水が侵入したら、カヤックで侵入。

他のカヤッカーはいなくて、静かなマングローブカヤックを楽しむことができました。
奄美 マングローブカヤック

最後は、某林道をゆっくりドライブヒカゲヘゴ

まだ夕方ですが、アマミノクロウサギが歩いていました!
アマミノクロウサギ

加計呂麻島巡り

朝のフェリーで、加計呂麻島へ渡ります。残念ながら、途中から雨に。

於斉のガジュマル
於斉のガジュマル

徳浜の海岸では、ウミガメが産卵していました
ウミガメの産卵後

宿泊はデイゴの花が美しい、諸屯の古民家
諸屯のデイゴ

宿泊は寅さんファン感涙の古民家「リリーの家」
リリーの家 男はつらいよ ロケ地

古民家なので、見た目はもちろん古いです

しかし、水回りはキレイにリフォームされ、古民家の雰囲気は残してあります。

夕食は、加計呂麻島の居酒屋さんからデリバリー

天気はいまいちでしたが、離島の静寂さを楽しむことができました!

翌朝は、のんびり。
諸屯の集落を散策して、再び奄美大島へ。
雨上がりの諸屯

奄美大島 後半

奄美大島の古仁屋では、魚屋さんのイートインで新鮮な海鮮丼
奄美大島の海鮮丼

加計呂麻島の黒糖を使った絶品「かりんとう」はお昼の出来たてを購入
奄美 田原製菓のかりんとう

油井岳の展望台では、やっと雨が上がり展望が楽しめました。
油井岳展望台

ヒカゲヘゴの森が見事です!
ヒカゲヘゴの森

この日の宿泊は、奄美大島北部、笠利の古民家。海が目の前にある、素晴らしいロケーションです!

のんびりしたり

他には誰もいない海で、シュノーケリングを楽しんだり
笠利

海から振り返ると、古民家はこの距離

宿から歩いてこんな珊瑚の海で泳げるのは、素晴らしい!!!

いつまでも、このままであって欲しい

夕食は、古民家とのギャップを楽しむフルコースディナー!

ギャップすごい(笑)

奄美とは思えないって言うと失礼かもですが、洗練されたお料理でした。

①青松(アオチビキ)の蒸し上げとクスクス

②島豚のハム

③バジルジェノベーゼ

④赤松(ハマダイ)のポワレと焦がしバターソース

⑤宮崎牛のステーキ

⑥黒糖チョコテリーヌ

満足です!!

最終日の朝は再びシュノーケリング

ウミガメを探しましたが

見つからず。。。残念

最後はあやまる岬で島豚バーガーを食べて、帰路へ。奄美 塩豚バーガー

後半は雨が降ったりして、天候に恵まれないところはありましたが、奄美の自然や文化を楽しんでいただけたと思います!

次はカヤックとか、もっとアクティブな遊びをしましょうね!