ウユニ塩湖は世界で最も平らな場所 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅は順調に進んで、いよいよウユニ塩湖です。

クスコからプーノ、コパカバーナ、ラパスと標高が高く
まるでチベットを旅行しているのと同じくらいの負担が体にはかかっています。

最後の目的地、ウユニ塩湖も3500mと意外に標高は高い。

どんな絶景が待っているのかな〜!

前回はこちらから

① インカトレイルを歩いてマチュピチュへ
② チチカカ湖と太陽の島ハイキング

絶景のウユニ塩湖

ラパスからは飛行機でウユニまで1時間程度!

これまでの陸路と比べると、とっても楽チン(^ ^)
2年前は9時間かけて車で移動したなぁ。

いつもは地球の凸凹を求めて旅をしていますが
ウユニ塩湖は世界で一番平らな場所です。

飛行機からウユニ塩湖が見えてきた!

運行はアマゾネス航空

この2年で、ウユニと塩のホテルのあるコルチャニは舗装道路で結ばれました!

早速、ビクーニャがお出迎え。もちろん野生です!

ダチョウに似た、ニャンドゥーが。
パタゴニアではよく見るけど、ウユニでは珍しい!

塩湖に行く前ですが、塩工場に立ち寄り

お買い物!

いよいよウユニ塩湖へ
乾燥した白い大地が延々と続きます!

日焼けに注意!

着いたのは、インカワシと呼ばれる
サボテンの島

小一時間ほどハイキング
ここも標高あるから、ゆっくりと歩きましょう。

見事なサボテン
FFのサボテンダーを思い出します(^ ^)

お客さん、記念のジャンプ!!

奥に見えるのはトゥヌパ火山

少し塩湖を歩いて

ピクニックランチ

メインはリャマの串焼き
美味しいよ!!

ドライブの映像
どこを見ても真っ白でしょ(^^)
Chromeで御覧ください!

午後はトリック写真タイム(^ ^)
これをやるのは、なかなか大変。

できるだけ、服は目立つ色で!

進撃の巨人バージョン
捕食中(^^)

これが一番簡単!!

とにかく、模様が美しい

ウユニ塩湖の模様が美しい – Spherical Image – RICOH THETA

日が傾くほど、美しくなる!

まるでドローンで撮ったような1枚
白いアンデスメロン(^ ^)

そして夕日

夕刻のウユニ塩湖 – Spherical Image – RICOH THETA

一旦ホテルへ

ホテルはもちろん、塩のホテル!
クリスマスな飾り付けが雪を想像させますが、白いのは全部塩ですよ!

私の泊まった部屋

広〜い部屋でした!

ベンチもテーブルも塩!

まさにホテルの様子がわかりますね!
THETA Sで撮影しているのでChromeで御覧ください。

そして、
夜は星空を観に!
360°のカメラで撮影しました

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

さらに深夜の3時頃には南十字星が昇ってきました。

一眼レフで撮影
わかるかなぁ??
南十字星は左下になります。

ウユニ塩湖の星空 – Spherical Image – RICOH THETA

満喫しました!素晴らしかった!

翌日

まずは、塩のホテルの材料となる、塩の切り出し場へ

次は塩の採取場へ

日本の国旗がありません!!!
次に行く方、よろしくお願いします!

そして、ツヌゥパ火山へ
塩湖の北の端!

とっても美しい

山麓ではリャマが飼われています。

フラミンゴも

塩湖を見下ろす展望台へ

絶景です。

いつも水が張っているポイントですが
この日は風が強かった

綺麗に映らず、残念。。。

しかし、雨季に入ったとは思えない青空だぁ!

最後は空港へ向かいます。

ウユニ塩湖を疾走 – Spherical Image – RICOH THETA

いろんな自然を見ることができた12日間でした。
やっぱり南米好きだ(^ ^)

お客さんにも満足してもらえたかな?

厳しい山はないので、今回はカメラをいっぱい持って行って、撮影しました。

しかし、もう少しスペイン語を覚えねば・・・。

帰国して、東京の上空を飛んだ時
日本の明るさにびっくりでした(^ ^)

今回の日程は
①伊丹✈ロサンゼルス✈リマ
②✈クスコ(観光)=ウルバンバ
③=オリャイタイタンボ-鉄道-104km…インカトレイル…マチュピチュ遺跡=マチュピチュ村
④=ワイナピチュ登山=マチュピチュ村-鉄道-オリャイタイタンボ=クスコ
⑤=プーノ
⑥~チチカカ湖・ウロス島=ボリビア国境=コパカバーナ
⑦~太陽の島ハイキング~コパカバーナ=ラ・パス
⑧✈ウユニ=ウユニ塩湖
⑨=ウユニ塩湖✈ラ・パス
⑩✈サンタクルス✈マイアミ✈ダラス
⑪✈成田(日付変更線)
⑫✈成田✈伊丹

自分で企画していますが、なかなかハードでした(^_^;)
でもこれ以上長いツアーは別の意味でも大変。

本当はラ・パス-ウユニも車で移動し、
さらに、標高を上げてチリへ抜けるコースをやってみたい。
最高に面白そう!でも日数がいるし、旅行代金も100万円近くなるだろうから実際は難しいかな??希望の方はご連絡下さい(^^)

ゆとりをもたせるなら、コパカバーナで連泊かな?
ウユニの塩のホテルは1泊で充分!
中には3連泊ってツアーもあるようですが、いったい何をするのだろう??写真メインなら別でしょうがね。

この旅行のポイントは
1にも2にも高所順応。これにつきます。
マチュピチ終わって、クスコからボリビア出るまでずっと3500m以上ですから。使っていませんがダイアモックスやSPO2(血中の酸素飽和度)を測る機械も持参していました。

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする