マチュピチュへ歩くインカトレイルとチチカカ湖

マチュピチュ
行ってみたい世界遺産NO1と言われる日本人の憧れ!
インカトレイルを歩いて、観光とは一味違うマチュピチュへ! 以前は格安ツアーで40名案内したこともありますが、どうしても品質は下がります。ちょっと高く日程も長くなるけど、少人数でチチカカ湖の太陽の島まで行くツアーが絶対におすすめ。

5/27
成田経由でヒューストンへ!さらにペルーのリマへと飛びます。
アメリカは経由するだけなのに入国審査があり、メンドクサイ!
夜、リマに着くと歩いて空港内のホテルへチェックイン(^^)


5/28
国内線で世界遺産の街「クスコ」へ。3500m以上の標高なので、ゆっくり動きましょう。飛行機が遅れて、観光時間が少し短くなってしまいました。

この看板多く見かけます。もうすぐペルーは大統領選挙、フジモリ元大統領の娘さんが立候補しています。


マチュピチュに向かう前に観光します。
ここは外せないコリカンチャ。精巧な石積みを見ることができます。

サクサイワマン

細かい観光の説明はガイドブックに任せましょう(^^)

標高の低いウルバンバに移動して宿泊します。

5/28
 鉄道で移動して、インカトレイルを歩いてマチュピチュへ向かいます。

ガイドはいつものフェリペさん!彼がいると安心です。
パノラマカーでゆったりとコーヒー飲みながら(^^)

インカトレイルの入口で電車を降ります。


厳しい入山チェックの後、トレッキングスタート!
全員パスポートのチェックがあります。 ちなみにインカトレイルは1日500人限定です。

最初にあるのはチャチャバンバ遺跡

ランが美しく咲いていました

線路を見下ろしながらワイニャワイニャ遺跡を目指します。

簡単な休憩所も

ワイニャワイニャ遺跡が見えてきました。

すごく急な階段と猫の額のような段々畑!

そして、もうすぐ太陽の門 頑張れ~~(^^)
憧れのマチュピチュがもう少しで・・・。

太陽の門から憧れのマチュピチュを見下ろします!!!
一般の観光客はくねくね道をバスで登りマチュピチュを目指します。
全然違いますよね(^^) 歩いた人の特権です!

これぞ日本人が行きたい世界遺産No1!!
多くの観光客はクスコからの日帰り。15:00を過ぎると人は少なくひっそりとしています。この雰囲気いいですよ(^^)

マチュピチュの後ろに聳えるワイナピチュは翌日登ります!

そのままマチュピチュの麓のアグアスカリエンテスへ移動し宿泊。

5/29
早朝朝一でマチュピチュを目指すも、この行列!
一体何だと思いますか??

ワイナピチュへ登る人の受付の列です・・・。
早い者順。予約は不可(2013現在このシステムは変更されています)

朝一のマチュピチュも静か!

さて、登りましょう!
めちゃめちゃ急に見えますが、きちんと道はあります。

振り返るとマチュピチュがコンドルの姿に!
ちなみに頭が右上ですよ(^^)
天気も良くて最高です!!

飛んでみたけど、チョット危ない岩場なので控えめ。。。(^_^;)

帰りは気をつけましょう! 

下山後はマチュピチュ歴史散策
暑いです・・・。  しかし見事な石段と整備状況!

お昼を食べて、インカ橋へ

今は立入禁止でこれ以上近づけません。
麓へ下り、お買い物タイム!
ほとんどのセーターがベビーアルパカ100%の表示(>_<)
まず、偽物です。本当にベビーアルパカのセーターが欲しい方は事前に百貨店とかで手触りを確認してきましょう!

そして、鉄道でクスコへ

途中のオリャイタイタンボで降りて車でクスコへ。
その方が速い! クスコの夜景キレイだったけど、写真だとイマイチ・・・。


5/30
二日前、時間の関係で行けなかった12角の石を見て、
チチカカ湖の辺りのプーノへ。

お世話になってます(^^)
ペルーのビール クスケーニャ

ラクチ遺跡を見学

似顔絵屋さん 上手です(^^)

標高3500m 空気が薄い 

ララヤ峠  4338m 今回の最高所 
ここで買ったアルパカのぬいぐるみを、おみやげにしました。

5/31
チチカカ湖に浮かぶウロス島へ。
あのトトラでできた浮島です!

自転車タクシーで港へ向かいます。

そして、船に乗ってウロス島へ! ここも富士山とほぼ同じ高さです。

見えてきました! トトラの浮島

派手な服のぽっちゃりとした住民がお出迎え(^^)

島の材料はこの植物
足元はふわふわ、変な感じ。

少し勉強します。勉強したい方はここをクリック
あんなに土地が余っているのに・・・。我々日本人には不思議。

植物の断面

お買い物タイム 値切る値切る(^^)

トトラの船で別の浮島へ渡ります。

お見送り アイマラ系の人々は必ずこういう体型なる??

そして、プーノへ戻ります。あ~楽しかった!

そして、ペルーとボリビアの国境へ!

国境手間で車は通行止め。
まさかリヤカーでスーツケースをボリビアへ運ぶとは。
標高高いのでしんどい!もちろんお客様は見てるだけで結構です(^^)

最後にフェリペさんと記念撮影。この先はボリビアのガイド典子さん!

白い建物が美しいコパカバーナへ。 

チチカカ湖へ沈む夕日がキレイ!!

6/1
太陽の島へ渡ります。

太陽が強烈!! 空気が澄み切っています!

インカ帝国発祥の地 

もちろん島を歩きます !

青い空!強烈な太陽!澄んだ空気!薄い空気!
この島の景色は大好きです(^^)
お昼ごはんはアンデス伝統のパチャマンカという蒸し料理

ジャガイモもとうもろこしもアンデス原産 美味しいです!

ビールは控えめに(^_^;)

 
そして、ボリビアの首都ラパスを目指します。
夕焼けに染まるイリマニ山

晩御飯は久しぶりの日本食!

6/2
プレ・インカのティワナク遺跡を見学。

地元の子供達も勉強中!

私達はなぜか地元の子供達に大人気! 意味なくサインを求められます(^^)
漢字が珍しい?? 日本人が珍しい??
訳が分からず芸能人気分!!

ラパスへ戻ります。世界一標高の高い首都を一望!


市内を観光します。ペルーよりも民族衣装の女性の姿が目立ちます。

怪しげな物が並ぶ魔女の市場
アイマラ人の儀式用。リャマの胎児のミイラがいっぱい!!
世界は広いぞ!!!

最後は月の谷
不思議な景色を歩きます!

6/3
再びペルーへ!
飛行機でペルーのリマへ戻ります。
空気が濃い!!!!!!!!!!!!!!!
体が一気に楽になり、酸素のありがたさを実感! \(^o^)/

車でナスカの地上絵の飛行場のあるイカへ。
シーフード美味しい!食欲一気に回復です(^^)

ナスカの地上絵は砂漠地帯にあります。
ということで、サンドバギーに分乗して砂漠を目指します!
ちなみに・・・沖本はナスカの地上絵よりもこっちのほうが好きです(^_^;)

はっきり言って 楽し~~(^^)

ここではサンドボードができるのです!
お客さんから「沖本さん~仕事忘れてなぁい??」って・・・(-_-;)
その通りでした(^^)

でも、お客さんもはじめました!

砂漠って楽しい!! そしてキレイ!

夜はアルコール全開!!!!!!!!!!

6/4
ナスカの地上絵

砂漠のオアシスに宿泊していました!

そして、ナスカの地上絵へ!
よく揺れますから弱い方は酔い止め必須!

飛行機は右に左によく傾きます。じゃないと地上絵は見えません・・。
写真を撮るのに必死になると、一体何を見ていたかわからないまま終わってしまいかねません。沖本に写真はお任せ下さい。パイロットは地上絵だけ日本語話せます。ウチュウジンウチュウジンウチュウジンって言ってくれますよ!英語表示だと宇宙飛行士になっていますが・・・・・。

これはキトテキトテキトテ・・・???
木と手です(^^) 正直、地上絵の状態は年々悪くなっています。思ったほどはっきりと見られないかもしれません。

そして、帰国。
この日は大統領選挙の投票日でしたが、大きな混乱なく終わりました。

ヒューストン経由で帰国です。最近、ペルーくらいだとあんまり遠いと思わなくなってきた自分の感覚が怖い(^_^;)

インカトレイル・チチカカ湖・ナスカと楽しんだツアーでした。
次からはナスカの代わりにウユニ塩湖がいいかもしれないなぁ。

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
南米
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一