カナディアンロッキー 秋のハイキングの服装

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でも秋山に登る時の服装は、なかなか難しい。夏に近い気候の時もあれば、冬に近い気候の時もあります。幅広い気候に対応できる服装が必要です。

今、カナディアンロッキーの拠点となるバンフに来ています。今回、黄葉で有名なラーチバレーを歩いた時の服装を紹介します。

カナディアンロッキーを歩く時の服装
ドライレイヤー
マムート GO DRY

ドライレイヤーとしては平均的。
ファイントラックと比べれば性能は落ちますが、カナディアンロッキーは非常に乾燥しているので、強烈な速乾性は必要ないです。このレイヤーで必要十分。また、デザインと着心地がいいので、普通のシャツのように着られます。

ベースレイヤー
マムート アイガーエクストリームTシャツ

カナディアンロッキーの美しい湖と同じ色だから選びました。ただそれだけです(^^;;

ミッドレイヤー
着用せず

ミッドシェル
ファイントラック ニュウモラップ

素晴らしいソフトシェルです。

まず軽い!しなやか!そして蒸れない。適応温度範囲の広さに驚きます。
保温性は劣るので、冬になればミッドレイヤーが必要ですが、使い勝手がすごくいい!今回は食事タイム以外はアウターシェルを着ていません。歩行中も背中もが全く蒸れなかった。

アウターシェル
モンチュラ ガイドジャケット

食事時以外は出番なしのアウターシェルでした。

パンツ
マムート ポルドイ3/4

足はこれで全く冷えません。少し長めの靴下を履きましょう!

帽子、手袋

バフを帽子に、手袋はマムートとイスカのレイングローブ
登山口の気温は5度程度

モレーンレイク

途中からは雪の残る道
天気予報が悪ければ、ミッドレイヤーも必要ですが、今回は不要と判断しました。レインウェアは当然持参いています。

秋の山は温度差が激しいので、しっかりと揃えましょう。
アウターシェルがレインウェアの場合は、必ずミッドレイヤー(厚手のシャツなど)を。インナーシェルがない場合はフリースやインナーダウンをそれぞれ代わりに持って行きましょう。

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする