南極旅行の装備と持ち物

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、アルゼンチンのフエゴ島、ウシュアイアに来ています。
世界で最も南の街と言われるウシュアイアは、南極へ行く船の起点です。
まさに、最果て!

遠いには遠いのですが、昨年も一昨年もチリのプンタアレーナスへ来ているので、特別な感じはしないです。むしろ、フライトの関係で、プンタアレーナスより早く着いたので楽かも(^^)

なぜ楽かは、昨年と一昨年のパタゴニアツアーのブログを読んで頂ければわかります。

この後、船に乗るので、10日間程はブログの更新できません。

南極に持っていく荷物について書きます。
南極のツアーでは基本的に上着(ジャケット類)と長靴はレンタルしてくれます。

しかし、レンタルの服より自分の服の方がいいので、持ってきました。

南極の装備・持ち物

まずは、いつも冬山で着ているモンチュラのジャケット

防寒はミレーのダウンジャケットとマーモットのドライクライムジャケット
その下はメリノウール中心に冬山で着ていた服と靴下
念のため、ノースのレインウェア
小物も冬山で使っていたもの。
ただし、ミトンはやめて、フリースの手袋を追加
ウェットスーツは水着の代わりに
その他小物
魔法瓶、船室用ティッシュ、洗濯板にもなる洗面器、日焼け止め、常備薬、船酔い対策のアネトン
ガイドブック、カイロ。
唯一不要と思ったのが、ガイドブック。忙しくて事前にほとんど読んでなくて、読んでみたら買う価値のある本ではなかった。Amazonに返品したい(^_^;) 南極考えてる方、勿体無いので買わないように・・・。
光学関係
双眼鏡、ニコンの一眼とズームレンズ、いつもの防水カメラ
充電コード類
嗜好品(^^)

他にもサンダルや洗面用品などでなかなかの荷物に(^_^;)

リミットいっぱいの23kgになりました!

どんな景色と動物が待っているのか楽しみです。

行ってきます!

追記
南極から戻ってきましたが、不要だったものは
ホッカイロ
テルモス
ゴーグル
コーヒー類
南極のガイドブック
ウェットスーツの上
野菜ジュース
などでした。

レインウェアはあってもなくてもどちらでも。

あればよかったなと思うもの
GOPRO
セルカ棒
18m〜300mの望遠レンズ

やはり凄いシーンが続くので
残したいなぁと思ってしまいます。

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする