ハワイ マウナケア・キラウェア・ダイヤモンドヘッド

歩くハワイツアーの定番。ハワイ島のマウナケア、キラウェア火山、そしてホノルルのダイヤモンドヘッドを歩いてきました! 晴れ男復活??ってくらい天候に恵まれました!ツアーの山旅日記です。

11/23 関空〜ホノルル〜ヒロ

 

関空からの出発は21:00。 フライト時間は7時間40分。
時差ボケがきついですから、しっかり寝ましょうね(^^)

夜の機内食はハワイの名物ロコモコです!

機内のディスプレイは高精細でタッチ感度も良く、快適(^^)
もちろんUSBで充電可能。画面に手を近づけるとイヤホンジャックとUSBが青く光ります。

朝食はバナナ一本付き!!
ちなみにバナナは絶対に機内で食べてください。アメリカへの持ち込み禁止ですよ〜

機内で一晩過ごしても、日付変更線通過で11/23の朝にホノルル到着です。

ホノルルで国内線に乗り換え、ハワイ島のヒロへ
離陸してすぐ、ダイヤモンドヘッドが見えました!

ヒロに到着したら、軽く観光
昼過ぎてるので虹が見えないレインボーフォール

オレンジ色はアフリカンチューリップ

種はこのようにして飛んで行く

お約束のカメハメハ象、小さい子供はカメハメハとはドラゴンボールの技「カメハメ波」
と思っていっらしい・・・・。

ホテルはヒロ定番のヒロ・ハワイアン・ホテル
夕食はシーフード食べ放題!!!(*^_^*)

満足な初日でした(^^)

11/24 アカカの滝とマウナケア

朝から最高の天気!! ヒロは貿易風の影響で雨が多く、スッキリ山が見える日は限られます。

今回はホテルからマウナケアがはっきりと見えます(^^)
google+に写真をアップしたらこんなのが自動補正で、できてきました・・・。
さすがにここまでキレイじゃなかったけど

とてもなだらかな山なので、4000m超えてるとは思えないです。

よ~く見ると、山頂付近に白い天文台があるの分かりますか??
今夜はあそこで夕陽を見ます!

ホテル眼の前のココナッツアイランドには過去の津波の高さを示すラインがあります。
津波は英語でTSUNAMIです。

さらに遠くにもっとなだらかな4000m峰のマウナロアが見えます。
まるで丘みたいですね!

さて、アカカの滝へ
旧道を走り、眺めの良い所で休憩

アカカの滝を歩きます。約45分。
駐車場からギリギリ見えます。

このコースで一番目を引くのはトーチジンジャー
でも、これは外来種。ハワイでがジンジャー、ショウガの仲間が大繁殖。
既存の種を追いやっています。敵がいなかった島のものは弱いです。

約130mのアカカの滝

この大きなのもショウガの仲間

トカゲが二匹 種類は???

帰路はジャム屋さんへ立ち寄り
現地の旅行会社が立ち寄りたいクッキー工場より、こっちのほうがずっといいですよ!
両方行く時間があればもっといいけど。

海岸でウミガメ発見!

15:00からマウナケアへ
まずは、オニヅカセンターへ

センターは宇宙関係の売店やモニター、望遠鏡を設置

少し早い夕食は、日本食のお弁当

山頂へ行く前に固有種の銀剣草を見学

そして一気に車で山頂部へ
日本が誇るスバル望遠鏡!
しかし、従業員が乗っている車はスバルじゃなくてトヨタ・・・。

ついに山頂目指して、軽く歩きます。標高4205m
風が強くて寒い!!!!!

空気薄いし、一歩一歩踏みしめて

これだけ見ると、ご来光を見て記念写真って感じですね。

近いけど、風が強く厳しいコンディションでした。
おめでとうございます!!!

影マウナケア
そして地球の影 アルペングロー現象が始まります

そして夕陽
ここで見る夕陽が一番好き!
というか通常、山頂で夕日を見ることはない(^^)

ここに来たら飛ばなきゃね!!!

スバル望遠鏡は左

シルエットいい感じ

その後は星空観察!
さすがです。自分も時々やりますが、プロは違いますね!

11/25 キラウェアイキトレイルとチェーンオブクレーターロード

まずはキラウェア火山を歩いてたっぷり楽しみます。
ラバチューブの駐車場からボルケーノハウスまで

キラウェアも雨が多いのでシダ類が多いです。

歩くのはキラウェアイキ火口

火口まで下りて、真っ直ぐキラウェア火口を目指します

美味しいハチミツの採れるオヒアの木の花、レフア

まるでアスファルトを敷き詰めたかのように、溶岩が固まっています

数カ所では水蒸気が出いています

溶岩を持ち上げて記念撮影 みんなパワフルです!!!

キラウェアイキ火口からキラウェア火口へ登って下ります。
たいした標高差はありません

この広いのがキラウェア火口
大きいです!!広いです!!

でも今はクレーターの縁以外は立入禁止!
奥で噴煙を上げているのは現役のハレマウマウ火口

ボルケーノハウス到着!!
キラウェア火口を見下ろします。

今回歩いたコース
デジカメTG-3のログをGoogle Earthにインポートしてみました。

この景色を楽しみながら、昼食(^^)

昼食後は溶岩トンネル、ラバチューブ。ラバとは溶岩のこと

さらにチェーンオブクレーターロードへ
ハワイのシンボル虹が見えた!!

まずは溶岩樹の観察
この穴の場所に樹木があったのです!

気にまとわりついた溶岩

溶岩の表面はガラス質が多く、光ってキレイです。
この溶岩、私と同じ40歳 (^^)

草がなかったら今でも流れているように見える、リアルな溶岩

キラウェアの大きさを実感

以前の噴火で道路まで達した溶岩

海岸沿いまでやって来ました!
波が荒いです

この海に溶岩が流れているところを見てみたいなぁ・・・。

地面を見るとペリドットと呼ばれるかんらん岩が落ちています
ハワイアンダイヤモンドというとイメージが随分代わります(^^)
キラウェアのものを持ち帰るとペレが怒るので、地面に戻しました。

この日の最後はハレマウマウ火口見学
夕刻にジャガーミュージアムへ向かいます

みんなこの噴火口の様子を見に来ます

こういうところでは一眼欲しいなぁ・・・。

11/26 ダイヤモンドヘッドとホノルル散策

ヒロからホノルルへ戻ります。
ヒロは天気が悪く、今回は天候に恵まれていた事を実感!
ホノルルのウルフギャングで昼食
アンガス牛のハンバーガー

お腹いっぱいでダイヤモンドヘッドの登山口へ
青空がいい!!

多くのハイカーが訪れています。
山頂までは45分

始めはなだらかな道

終盤は階段が増えます

トンネルを超えると

更に階段! 頑張りどころ!

ダイヤモンドヘッドは元々軍事施設
ここは見張り台

そして、ダイヤモンドヘッド

ハワイらしい景色! 空気も澄んで気持ちいい(^^)

ホノルルのホテルにチェックインして散策

夕陽の頃にはみんな自然にワイキキビーチへ

夕食はTanaka of TOKYO
楽しい演出で鉄板焼きを楽しみました!!

満足です!!

11/27 帰国

一部のお客さんが行きたいと言っていたパンケーキの店
「エッグスンシングス」
日本の店だと行列です
朝、どんな感じか見に行くと、殆ど人が待っていません!!
どんなもんかなと、食べてきました(^^)

あんまり甘党じゃないので、この量はしんどい(^_^;)
好きな人にはたまらんでしょうが・・・・。

こんな景色を見ながら、カウンターでゆっくりと

食べ終われば、人が増えていた。殆ど日本人です(^_^;)

順調に旅を終えて帰国の途に
ハワイの飛行機は窓側の2列から埋まることが多い。
そして中の4列が空いていても、カップルは動かない(^^)

ということで、空いている4列に横になりのんびり帰国!
相当楽でした(^^)

いろんな現地ガイドさんがいましたが、私の経験がカバーしてくれました。
この仕事、やっぱり経験がモノを言うなぁと実感しました!

6名のお客様、ありがとうございました。
機会があればまたご一緒しましょうね!

今回のお土産!

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
北米
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一