ノルウェー プレーケストーレン・恐怖の断崖絶壁

岡山空港から千歳経由というJALのチャーター便でノルウェーのベルゲンへ。滅多にない企画です!ノルウェーのフィヨルドと美しい町歩きを楽しんできました。

ベ ルゲンまでひとっ飛び、さすがJAL!日本人の喜びそうなサービス??岡山と北海道の出身のCAを集めてのフライト。当然だけど日本語が誰にでも通じま す。こんな国際線のフライトはないもんね。英語苦手な人には安心です。ただ、海外いくぞ、異文化感じるぞ!って雰囲気は無い(^^;;
今回はまさに個人で旅するような旅!別名行き当たりばったり。
帰りの飛行機がスウェーデンのストックホルムなのでかなり変則的。 さてどんな旅になるかな?
この時は史上最多??のトラブル続出ツアーになるとは思ってもいなかったです・・・・。
ベルゲン到着!両替して水を買いにいくと(;゜0゜)
水が400円!これは水道水飲むしかない??ってくらい物価は高い。
世界で最も物価の高い街のひとつです。
他のツアーはしっかりミートボードを持ったお迎えがいますが、私達にはいません。だって、個人で旅するような旅だから。
タクシーで市内のホテルへ。港の夕日が綺麗でした。
翌日はベルゲンの世界遺産などを歩いて、北欧の港町の雰囲気を楽しみます。まずはフィッシャーマンズマーケット。
日本人には嬉しいお魚がいっぱい。サーモンはもちろん、アンコウやらカニやらいっぱい。楽しいです。
世界遺産のブリッゲンも。
かなり柱が曲がっていて、ちょっと錯覚を起こしそう。
マーケットでシーフード食べて、
フローエン山へ登ります。
クルーズ船が何隻も入港。日本と違い、クルーズ旅行が身近。
こっちの船は飛鳥2より豪華で1/3くらいの値段ですからね。
帰りはケーブルカーで。
ノルウェーといえばフィヨルド。
ベ ルゲンの次は電車、バス、船を乗り継いでフィヨルドの奥にあるフロムへ向かいます。スーツケースはホテルに預けて、2泊分の荷物を持って行きます。

きれいです!

クルーズ船も停泊中

フロム山岳鉄道

ホテルはフレトハイム!ここを連泊で取るには苦労しました。

フィヨ ルドは美しかった!お昼過ぎにはフロムへ到着!
チェックインした後は、自由行動ですが、希望者は自転車を借りてサイクリング。こっちの自転車にはグリップ 式のブレーキがないのでコツが入りますが、慣れると快適です。登山鉄道の脇を滝まで頑張って登ります!下りは超気持ちよかった!
フロムにはいろんなハイキングコースがありますが、今回はそこには行かず、タクシーでステーガースタイン展望台まで行き、そこから歩いてフロムへ戻ります。 朝は雨が降っていましたが、私たちが着くと、ちょうど上がりました。
 北欧らしいオシャレな展望台。フィヨルドが一望できます。高所恐怖症は厳しい?ま、こ こが厳しいとメインのプレーケストーレンは楽しめないかも(^_^;)

気をつけてよ~

でも、手すりから撮ると迫力が違うなぁ
景色を楽しみながらのんびりとフロムまで歩きました!
次はプレーケストーレンのあるスタヴァンゲルまで、電車と高速船を乗り継いで移動。この旅行は山岳ガイドとしてのスキルよりも、添乗員としてのスキルが問われますぇ。
有名なフロムの山岳鉄道へ乗車。右へ左へといい景色を求めて忙しい!!!

観光駅 ショースの滝

そして、通常の電車に乗り換えベルゲンへ。
預けていたスーツケースをピックアップしたら、次は高速船
海岸の入り組んだノルウェーでは海岸沿いの街から街へ移動するには高速船が一番。
景色いいです!
そして、いよいよプレーケストーレンへ
天気もいいし、みなさんご機嫌!!
朝、バスがホテルをまわってお客さんを乗せ、港へ。そして船でタウへ渡り、バスで登山口へという流れ。
し・か・し ・・・・ バスが来ない(泣)
???
ホテルへ聞いてもわからない。電話はつながらない。
斜め向かいのホテルにも私達と同じように準備して待っていて、何回も目が合うが・・・・。
1日何便もあるので焦らなくてもいいけど、歩いて港へいけばよかった。
ということで2時間後くらいの船に乗りに歩いて港へ。
めっちゃ混んでる!!!
昨日まで天気が良くなかったので、この日に殺到してる??
まぁ無事、船に乗りタウへ到着。
「降りますよ~」ってお客さん全員に声をかけ、下船。
目の前のバスに乗りたいが・・・1名、お客さんがいない。
待ってる間にどんどんバスの席は埋まっていく・・・・。
来ない・・・
来ない・・(●`ε´●)
やっと来た時にはバスは満車で出発・・・。
そして この人謝らない・・・・。(今回その方の写真はアップしていません)
本当にこの人、放おって行こうかと思いました。
次のバスはなんと4時間後・・・。
急いでタクシー探すも見つからない。
近くには、乗れなかった人たちいっぱい。
ま、それなりに経験を積んだ添乗員なので、待っている人たちには申し訳ないが
真っ先にタクシーを捕まえて、登山口へ!
なんか、気分的には山頂まで登った感じ(^_^;)
いよいよプレーケストーレンへ!
気分入れ替えて行きましょう・・・しかし、ガスが・・・。
とりあえず、歩きましょう!!!
1ヶ所以外はガラガラしたところもなく、歩きやすい!
人は多いですが、日本人は皆無。
いよいよフィヨルドが見えてきて、プレーケストーレンは近い!
すると、ガスが飛び全貌が見えました。
いやぁ~~遅れて良かったんじゃない!なんて、みなさんの気持ちも盛り上がる。
絶壁です!!!!!!!!!(^^)
高所恐怖症の方は要注意 手すり??もちろんありません!
満喫して帰路に
最後のダメ押しはバスがパンク!バコォォ~ンって音がしました(^_^;)
さて、このバスは運休でドライバーは船でスタヴァンゲルへ帰っていった。
次のお客さんが無事帰れたかは???
スタヴァンゲルもきれいな街でした。
次は鉄道でノルウェーの首都オスロへ
さすがに問題はないだろうと・・・
車内レストランは美味しいし順調!
でか!!
と思いきや、線路のトラブルで途中でバスに乗り換えてオスロへ(^_^;)
ま、時間は遅れなかったからいいかぁ。正直慣れちゃいました!
オスロではきれいな街を散歩して、
ムンク発見!
ムンクの叫びを鑑賞しに美術館へ行ったりしました。
絵画は撮影禁止なので、絵葉書を撮影
食事の後はバーでのんびりと
いよいよ最終日!
更に鉄道でストックホルムの空港を目指します!
今度は・・・何が起きたでしょう??
牽引車が故障・・・・
二度あることは三度ある・・・。
最初は威勢よく車窓がアナウンスしてたのに
しゃべるごとにだんだん声が小さくなり
弱気になっていく・・・
もう慣れっこ??新人添乗員なら泣いてるんじゃないかな?
おなか空いたなぁ、でももうすぐ着くしなぁと悩みつつ食堂車へ
結局、1時間半ほどで代わりの牽引車が来て無事ストックホルムへ。
市内を散策して、
空港へ。
この時はみんな何があるかわからんから、早く行こう!!!ってなりました。
さすがにもう何もないやろと思いつつ、早めに
空港でお寿司を食べて、岡山へ。
あれ??okayamaじゃなくてokajmaに。
しっかりしているイメージなのに意外と適当な北欧の国々でした!!

でも楽しかったですね。いろいろあった時ほど旅の思い出は残ります。

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
ヨーロッパサイクリング
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一