ツール・ド・モンテローザ

この数年、恒例になっている7月下旬のツール・ド ・モンテローザ。
正直、ヨーロッパアルプスの中で1番好きです!
 
雄大な景色、お花畑、氷河、食事、充実感の全てを満たしてくれるコースだからです。唯一の欠点は途中で荷物の輸送ができないこと。計6日分の荷物を持って歩く必要があります。とわいえ、毎日洗濯できるので、着替えはワンセットでOK!
 

まずはエミレーツでチューリッヒまで。昼過ぎに到着するので、電車とバスでサースフェーへ。いきなりアルプスの麓に行けるので好きです。日本人が少なく、景色がよく、大好きな村。ツェルマットと同じく電気自動車の村です。サッカーの代表がワールドカップの南アフリカ大会に行く前に合宿しましたね。

ツールドモンテローザはツールドモンブランなどに比べ歩く人が少ないです。でも人気があって売れるあるコースが本当に素晴らしいコースとは言えないですよね。ニュージーランドのMなんてその典型だと思っています。

関西からはエミレーツ航空のドバイ経由で

私は、エミレーツが好きです。乗り継ぎに時間はかかりますが、ヨーロッパ内での宿泊に無駄がない。ヨーロッパ直行便だと到着が遅く、出発は早いので、行きも帰りもチューリッヒ空港周辺での宿泊が必要になります。

ツールドモンテローザの日程

①関西✈
②✈ドバイ✈チューリッヒーヴィスプ=サース・フェー
③サース・フェーハイキング
④=マットマルク湖(2197m)…モンテモロ峠(2868m)ーマクニャーガ(1300m)
⑤ベルベレーデ氷河往復=アラーニャ
⑥ーコルドレン(2970m)…プランタヨランダ(2240m)ーグレッソネ
⑦ーセントアンナ(2150m)…ベッタフォルカ峠(2672m)…レジー小屋(2070m)
⑧…チミビアンケ峠(2990m)ーチェルビニア
⑨ープラトーローザ(3450m)…トロケナーシュテーク(2930m)ーツェルマット
⑩自由行動
ーチューリッヒ✈
⑫✈ドバイ✈関西

トラベルギャラリー・旅の本棚より


サース・フェーハイキング

コースに出る前に、サースフェーのハイキングを楽しみましょう。そのまま出発なんて勿体無い!今年はレンクフルーのコースが閉鎖なので、シュピールボーデンのハイキング。ドムが綺麗です。ロープウェイの裏のマーモットは餌もらいすぎでまるまる太ってる(^_^;)

次はミッテルアラリンヘ。ゴンドラと地下ケーブルを乗り継いで。このサースフェーは若者率が高いのでこんな看板も(^^)

 ここからならアラリンホルンも簡単に登れそう。

昼食を食べ、のんびり景色を楽しみます。
 ネズミ返しの倉庫群
夕食は生演奏付きの、いつも行くレストラン。しかし、今回は料理が出るのの遅いこと、遅いこと。待ちすぎて、料理が出てきたら急いで食べてしまい、撮るのを忘れちゃいました。料理の写真だけは先月のものです。

ツールドモンテローザを歩く

ツールドモンテローザ1日目

さて、いよいよツールドモンテローザです。スタートはマットマルク湖から。花の多い湖岸を歩いて、モンテモロ峠を越えてイタリアのマクニャーガへ。いよいよ出発!

毎回のことですが、歩き出しは花の写真に忙しくなかなか進みません(^^)
エーデルワイスにアルペンローゼに・・・忙しい!

モンテモロ峠へは少しだけ岩場はありますが、アルプスの岩場と比べれば少しです。
峠のマリア様が見えたらもう少し。イタリアへ入ります。

初めてモンテローザが見えた!! でかい!

 最後はロープウェイでマクニャーガの村へ下ります。

 イタリアへ入った途端に雰囲気が陽気になるし、料理も美味しくなる。
下山したらすぐに反省会。これもこのコースの楽しみ!

ツールドモンテローザ2日目

マクニャーガの谷の奥を歩いてモンテローザに近づきます。
リフトを乗り継ぐと少し歩いただけで氷河の上へ。この土砂の下は氷なんです。
迫力ありますね。氷河歩きはもう一回ありますが、タイプが違います。

モンテローザが近づいてきた!

土砂の下は氷河です

 そして、アラーニャへ移動。この村も静かでいい村です。観光の日本人なんていません。

反省会のビールについてくるおつまみが豪華です!これ見たら飲まないわけにはいかないですよね(^^) 

 おつまみ取り放題! お腹いっぱいになっちゃうよ(*^^*) イタリア最高!

もちろん夕食はもっと豪華!
イタリア人はスイス人とは食にかける情熱が違います!
でも、食べるのに夢中で写真撮り忘れた・・・。
レストランの写真だけです。

ツールドモンテローザ3日目

この日は天気がいまいち。
ヨーロッパのロープーウェイの手すりは高い(^^)

 
ロープウェイを降りると真っ白・・・。

 こんな上のロープウェイの駅にも立派なBARが。でも、飲みながら待つわけにもいかず。

皆んな雨の中は歩きたくないということで、ゴンドラ使ってエスケープ決定!
こんな笑顔のエスケープ初めてかも(^^)

ゴンドラ降りたら見事に晴れてお花畑!写真撮りまくりでした。
う〜ん イイ判断!

マツムシソウの仲間

なでしこの仲間

チングルマみたいなオキナグサの果穂

イソギンチャクみたいなイワベンケイの仲間

魔女の爪

イブキジャコウソウの仲間 

お昼は山小屋でポレンタとビール!

反省会の時はロンドンオリンピックの真っ最中!

  
夕食の生ハム美味しかった!
 

ツールドモンテローザ4日目

前日の天気と一変、青空です。

モンテローザが見事。ベッタフォルカ峠の道はお花畑!
気持ちいい山歩きです。
 
峠の小屋でコーヒー休憩
素晴らしい天気に山に本場のカプチーノ!しかも安い(^^)
峠から少しモンテローザ側へ登ってお昼
 
幸せな時間です!




 この日はレジーの山小屋まで。
のんびり下って宿泊します。

このコース唯一の山小屋です。シャワーもあるし、食事もいいし、快適。
最近、こういう小屋が普通と思ってしまう。たまには富士山のガイドもやって原点を見つめ直さないと。ちなみに富士山の富士宮コースをツアーで初めて企画したのは私です。

旗はチベット仏教のもの。日本の山小屋にヨーロッパ大好きな人が多いのと同じで、ヨーロッパの人はチベット好きが多いです。
 

今日もビールがうまい!

ツールドモンテローザ5日目

このコースのクライマックス!チミビアンケ峠へ。

カストールとポルックスもイタリアからはこんな感じで見えます

ツールドモンテローザは略してTMR 
ちなみにツールドモンブランはTMB

天気よくて最高です!

なぜクライマックスがチミビアンケ峠??
それはマッターホルンがこの峠に登れば見られるからです。
この旅行は起点がサースフェー、終点がツェルマット。最初の現地のガイドさんからの提案は反時計回り。一度それで歩いて不満がたまりました。憧れの山は電車を降りて街から眺めるより、歩いて頑張っていきなり目の前に聳える方がいい。だから、このコースを時計回りにしました。でも、ほとんどの人はツェルマットを起点にして歩きます。自分のこだわりです。これをご覧の旅行会社の皆さん真似しないでね(^^) 旅行企画には特許がないので各社の倫理観が問われます。
 
ほんの少しだけ、峠の前にマッターホルンが見えます。
でもこれがマッターホルンとは思えないよね
峠を目指してさらに歩きます

初めて見るマッターホルンがこれって最高じゃないですか?

5日間歩いて見る山は格別です。皆んないい顔してます!

歩いたなぁ〜 しみじみと景色を眺めます

イタリア最後の宿泊地はチェルビニア。
下りましょう

村からはマッターホルンが近いです。

毎日、毎日反省してばかり(^^)

ツールドモンテローザ6日目

最後は氷河を歩いてプラトーローザからトロッケナーシュテークへ。
ロープウェイで一気にスイスとの国境へ

 
国境を越えてスイスへ戻ってきました!

今日もよく見える!

ロープウェイのガラスにもはっきり映る

 氷河の上はザイルで繋いで歩きます。

このガイドはたしかアントニオ!やっぱり適当(^_^;) 

こんな結びに命を預ける気にはならないよ・・・。
ここは氷河と言ってもスキー場(^^) 半ば形式的なものなのです。
お客さんはもちろんガチガチに結んでいます。

アイゼンは不要、ハーネスはガイドが持ってくるので特別な装備はいりません。

沖本は写真係として動き回ることに。
さぁ、ツェルマットへ下りましょう!

最高の天気、最高の山

マッターホルンの形がどんどん変わっていく
 
言うことなし

自分の写真も一枚(^^)

モンテローザが見えてきた!

最後の食事はガンテック小屋のオムレツ。
満足です(^^)

そしてツェルマットへ下山。
充実感にひたりたいところですが
みんな人の多さにビックリ!
ホテルからはマッターホルンがバッチリ!
 


ツェルマット自由行動日

ブライトホルン組はガイドを雇って山頂へ。
ハイキング組は私がゴルナーグラードへ案内。

まずはローテンボーデンでマッターホルンを独占!

おまけで来たみたいだけど、普通のスイスハイキングだとメインの場所なんですよねぇ

言葉もない・・・完璧

そしてゴルナーグラードへ

左がモンテローザ!

アタック組は今頃ブライトホルンの山頂かな??

リュッフェルベルグでマッターホルンと今年最後の乾杯!

 
乳搾り? 笑顔です(*^_^*)


最後は行きつけのチーズフォンデュ屋へ。

今年はこれが4回目!

みんないっぱい食べました(^^)

そう、この日は8/1でスイスの建国記念日。
路上はストリートパーティーと化し、花火が上がります。

ラッキーじゃなくて、ちゃんとこの日を計算してツアーを設定していますからね(^_^;) 

最後はホテルの部屋から花火を楽しんで旅は終了

振り返ってもやっぱりこのコース好きだ。

天気にも恵まれて最高のトレッキングでした!

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
ヨーロッパロングトレイル
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一