仁淀川でセミグランピングキャンプ

登山&アウトドアガイドの沖本です!

5月の気候のいい時期に、高知県の仁淀川で豪華キャンプを案内してきました。
もう何回目になるかちゃんと数えてみないとわからないけど、コロナになってから始めたこのキャンプ案内もかなり本格的になり、手際よくいろいろできるようになりました。

スポンサーリンク

仁淀川セミグランピングキャンプの日程

初めてのキャンプがこれなら、次からのハードルが高くなりすぎるようなキャンプです!
キャンプサイトの環境、川の透明度、テント等の装備、料理、アクティビティすべて最高クラスじゃないかと勝手に思っています(笑)

大阪夜発==
==仁淀川到着 テント設営・サップ&カヤック・買い出し・料理
サップ遊び==安居渓谷==大阪

仁淀川セミグランピングキャンプ&サップ

セミグランピングキャンプ

夜大阪を出て、深夜に仁淀川へ到着。朝ごはんはコンビニで買って簡単に済ませてから、テントの設営に入ります。

今回はかわいい玉ねぎ型のテント(メンズ)、大型シェルター(タープの代わり&キッチン)、ワンポールテント(女子)という振り分けになります。7人でこれだけのテントを張っています。コロナ期間中に、よくこれだけ揃えたな。。。

テントの中にはハイコット(ベッドみたいなやつ)を入れて、快適に寝ることができるようにしています。河原キャンプの必需品!

膨らませるのが大変なサップは、任意のPSIまで空気の入る電動ポンプで。車の電源で動くポンプもいいですが、キャンプではバッテリーで動くポンプを強く勧めます。

電動ポンプがないと、複数のサップに空気を入れるのはマジで大変ですよ〜!夏だと汗だくになります。

大勢でやると、準備はとってもスムーズ。キャンプサイトと遊ぶ準備ができました。

しばし、のんびりと寛ぎます。

この後、スーパーへ予約しているカツオなどを仕入れに買い出しへ!

インスタ映えするキャンプランチ

買い出しの後は、ランチです。今回のオーダーは、とにかく美味しいものをお腹いっぱい。美味しいお酒もたっぷりとというもの(笑) 女子の喜んでくれそうなものも作らないと!

ピタパンにサラダを入れて、簡単に作れるのに見た目も良くて美味しいやつ。

そして、川の中にテーブルと椅子を入れます。撮影タイムになっちゃいました!!

ピタパンサンドに合わせるドリンクはモヒート!! いっぱい飲みたいけど、後でサップもするので、影響ないようにメッチャ薄めたやつで乾杯。

ロケーションも川の中で最高ですね!

贅沢なお昼ごはんでした!

仁淀川サップ&カヤック

お楽しみのサップとカヤックの時間! 最初は恐る恐る(笑)

慣れると楽しくなります!

澄んだ水で遊ぶのは気持ちがいいです。これでも前日までの雨で増水していつもより濁っているんです。。

童心に戻り、水鉄砲で遊び

たっぷりと遊びました〜!

フルコースキャンプディナー

遊んだ後は、メインのキャンプ飯。キャンプ飯というより、フルコースディナーって感じかな。

メニュー
・チーズとナッツの燻製
・カツオの塩たたき
・薬味たっぷりカツオのたたき
・ダッチオーブンで作る スペアリブの香草蒸し
・チョレギサラダ
・アヒージョに炭焼きパン添え
・ラムチョップの炭焼き
・焚火でスモア

ドリンク(芳地酒店協賛)
・TOSACO(地ビール)
・ハイネケン瓶ビール
・土佐しらぎく 純米大吟醸あらしぼり
・MOET シャンパン
・美丈夫しゅわ
・美丈夫しゅわ ゆず&ぽんかん
・モヒート
・白ワイン
・赤ワイン

まずは燻製を仕込みます。ダッチオーブンで2段燻製。チップはサクラです。

燻製をしている間に、スペアリブの解体。何故か川の中で(笑)

解体が済んだら、燻製の完成です!おしゃれっぽく盛り付けます。マジで雑誌っぽい。

燻製を冷まして水分を飛ばしている間に、ダッチオーブンにスペアリブの香草蒸しをセット。

そして、燻製の完成!! ハイネケンより、青島ビールの方が似合うような(笑)

スペアリブをダッチオーブンで蒸している間に、メインのカツオのたたきです!

最初は、塩たたきで! 合わせるお酒は、土佐しらぎく。

あっと言う間に消えていきます(笑)

次は薬味たっぷりの、ゆずぽんたたき

うまい!!!

かつおを食べ終わる頃には、スペアリブの香草蒸し完成!
赤ワインが合います。

続いて、ラムの炭火焼きです!

個人的には、これが一番美味しいと思っています(笑)

暗くなってきたので、ランタン点灯です。

メニューも終盤。
メスティンで作ったアヒージョと炭火で焼いたパン。パリピ仕様のシャンパンと一緒に!

光るシャンパン、面白すぎ(笑)

デザートは定番の焚火でスモア

最後は、力尽きるまで水上焚火

キャンプの朝

よく飲んで食べたので、遅めの始動。

大切なのは、ハンドドリップで丁寧に淹れたコーヒー。

朝ごはんは、イチボのステーキにホットサンドメーカーで焼いたパン。わさびは安曇野の本わさびに砂糖を少しだけ加えて辛さを増したやつ。

食事の後は、再び水遊び(笑)

水鉄砲で遊びまくり

完全に童心に戻っています!

しかも40代おじさんが、20代女子に向けて発砲しまくるという。。。知らない人が見たら、やばい構図www

私はその頃、お昼ごはんのお米をメスティンで炊いていました。

楽しく、サップ&カヤックは終了〜

お昼ごはんは、牛タンの鉄板焼き!!
これも1本のタンを解体しています。だからこそできる、厚切り!

美味しくないわけがないですね!

牛タンは1本買うと安いですが、タンシタなど硬い部分が出ます。
それを使った鉄板焼ビビンバ。豪華なお昼でした〜!

安居渓谷スイム

最後は、キャンプを撤収して安居渓谷へ。仁淀を代表する水のきれいなポイント。

まだ5月の半ば、水温はとても低いです。ウエットスーツは必須。

私達以外、誰も遊んでいません! 着ててもかなり寒い!!

雨の後なのに、この透明度!

最後まで全力で遊びました〜

着替える場所がないので、こういった装備は必須です!!

5月は水遊びキャンプをするには、少し寒いです。でも装備を整えておくと、混んでいないので思いっきり遊ぶことができます!